MonitoringHost.exeが仮想メモリを異常に消費する


みなさん、こんにちは。

System Center Support チームです。

今日は System Center Operations Manager(以下、SCOM) が監視のために利用するプロセスである MonitoringHost.exe が消費する仮想メモリ量が増大する話についてお伝えしようと思います。

ここ数ヶ月のうちに何度かお問い合わせをいただきましたため、改めて Blog でも案内し少しでも多くのお客様に知っていただければと思っています。

 

事象

突然、SCOM の管理サーバーやエージェントが導入されているマシンにてプロセスが異常にメモリを消費し、マシンがダウンするといった事象が発生することがあります。

その場合、イベント ログ [System] 以下が記録されることを確認しています。

 

  • イベントの例

ログの名前:System

日時:yyyy/mm/dd hh:mm:ss 

ソース:Resource-Exhaustion-Detector

レベル:警告

タスクのカテゴリ:リソース消費診断イベント

イベント ID2004

ユーザー:NT AUTHORITY\SYSTEM

コンピュータ:hyperv01.contoso.com

説明:Windows は仮想メモリの不足状態を診断しました。仮想メモリを多く消費したのは次のプログラムです:

MonitoringHost.exe (4904) 3003106107520 バイトを消費し、WmiPrvSE.exe (2122) 2003314000 バイトを消費し、svchost.exe (1134) 192024218 バイトを消費しました。

 

 

上記のイベントではプロセス MonitoringHost.exe 約280GB の仮想メモリを使用していることを示しています。

このイベントが記録されるタイミングでまた、SCOM に関するイベント ログ [Operations Manager] には同時にイベント ID26008 がかなりの頻度で記録されていることも確認しています。

過去お問い合わせを頂いたお客様では、具体的な頻度の度合いは数秒で20003000件というかなりの頻度です。

 

  • イベントの例

ソース:Health Service Modules

日時:yyyy/mm/dd hh:mm:ss

イベントID26008

Level:エラー

コンピュータ名:hyperv01.contoso.com

説明:コンピューター 'hyperv01.contoso.com' Operations Manager イベント ログは壊れた状態のままです。イベント ログ プロバイダーが、問題があると思われるレコードをスキップすることによって回復を試みます。

最大 2 つのレコードがスキップされる可能性があります。

1 つ以上のワークフローがこの影響を受けました。

 

ワークフロー名: Microsoft.SystemCenter.Apm.Infrastructure.Monitoring.ApmAgent.APMConfigurationConflict.Monitor

      インスタンス名: hyperv01.contoso.com

      インスタンス ID: {8E315A0A-DFFD-8341-6461-A4A561E0F2D}

      管理グループ: SCOM

 

 

上記のイベントが記録されている状態はプロセス MonitoringHost.exe が仮想メモリを異常に消費してしまう状況が発生しており、OS 上の仮想メモリを枯渇させてしまい再起動するしか対処方法がありません。

併せて、この問題が発生致しますと Application のイベント ログにイベント ID1530 が記録されます。

 

 - イベントの例

ソース:User Profile Service

日時:yyyy/mm/dd hh:mm:ss

イベントID1530

ユーザー:NT AUTHORITY\SYSTEM

Level:警告

コンピュータ名:hyperv01.contoso.com

説明:レジストリ ファイルは他のアプリケーションまたはサービスで使用されています。ファイルはすぐにアンロードされます。レジストリ ファイルを保持しているアプリケーションまたはサービスはこれ以降正しく機能しない可能性があります

 

詳細 -

32 user registry handles leaked from \Registry\User\S-1-5-21-1614895754-1085031214-725345543-289007:

Process 4904 (\Device\HarddiskVolume1\Program Files\Microsoft System Center 2016\Operations Manager\Server\MonitoringHost.exe) has opened key \REGISTRY\USER\S-1-5-21-1614895754-1085031214-725345543-289007

<・・・以下、同様の内容が記録されるため割愛しています・・・>

 

こちらのイベント ID の説明の中で MonitoringHost.exe  のプロセスの記載があれば本事象に該当いたします。

そのため、こちらのイベント ログが記録されているかをまずご確認いただく方法も有効です。

この事象の問題や要因を説明します。

 

要因

こちらの問題は SCOM の管理サーバーやエージェントが利用するアクション アカウントが関連します。

 

SCOM は管理サーバーやエージェント上で監視を行う際に実行される処理はこのアクション アカウントによって実行される仕組みを取っているのですが、このアクション アカウントと同じアカウントを利用して OS 上で操作を行いログオフを実施すると今回の事象が発生することを確認しています。

これは OS 上でアクション アカウントと同じアカウントの操作によってログオフが実施されると User Profile がアンロードされるために発生します。

 

アクション アカウントでの監視はユーザーによるログオフ操作が実施されたあとも継続するため、User Profile をロードしようとします。

しかし、すでにログオフ操作のためアンロードされてしまっているためアクション アカウントは User Profile のロードを正常に行うことができず、エラーとなります。

このエラーが繰り返し発生し、エラー時に増加するヒープ領域が仮想メモリの領域を圧迫します。

仮想メモリの領域が圧迫されますと、上記のイベント ID2004 が記録されます。

 

発生までの流れは以下です。

 

~~発生のプロセス~~

1. SCOM 管理サーバーやエージェントで利用するアカウントがアンロードされた User Profile に含まれていたレジストリ キーにアクセスしようとする。

2. アクセスが失敗し、エラーに関連する情報がヒープ領域に格納される。

3. SCOM 管理サーバーやエージェントで利用するアカウントが繰り返しレジストリ キーへのアクセスを実行し、エラーの情報がヒープに格納され続ける。

4. ヒープ領域が肥大化する。

5. 仮想メモリが枯渇する。

 

 

この挙動は SCOM 含めた COM+ アプリケーションの実装では想定されている動作でもありますため、お客様環境にてこういった状況とならないよう事前にご利用いただくアカウントについてご確認いただく必要がございます。

 

対処策

この事象を回避いただくための対処方法は至って単純です。

 

それは SCOM の管理サーバーやアクション アカウントに使用しているアカウントと OS 上へとログオン/ログオフするアカウントを異なるものに変更するだけです。

 

SCOM の場合ですとアクション アカウントに ローカル システム アカウントを利用することが可能ですので、アカウントを基本的にローカル システム アカウントへと変更していただく、という運用が一番シンプルです。

 

しかし、ローカル システム アカウントの場合ですと権限が Administrator と同等ですので、SCOM のプロセスが悪用されるリスクがあります。

それを考慮した場合、ドメインのアカウントを指定するほうがリスクは小さくなります。

しかし、どのアカウントを利用するかはお客様の運用ポリシーに依存する部分でもありますので検討の上、アカウントを決定してください。

 

SCOM のアクション アカウントにご利用いただくための権限については以下に公開情報があるのでご覧ください。

 

  • 公開情報

サービス、ユーザー、およびセキュリティ アカウント

https://docs.microsoft.com/ja-jp/system-center/scom/plan-security-accounts?view=sc-om-2016

SCOM 2016 の情報ですが、SCOM 2012/2012 SP1/2012 R2SCOM 2007/2007 R2 でも同様です。

 

 

今の環境でこの Blog で案内している事象が発生する可能性があるか、というのは以下の手順で SCOM のアクション アカウントを確認してください。

以下の手順ではアクション アカウントに指定されているアカウントを確認していただき、そのアカウントがログオン/ログオフを実施するアカウントであるか確認できます。

 

<<確認手順>>

以下の手順にてエージェントのアクション アカウントをご確認が可能です。

 

1. SCOM 管理コンソールを起動し、[管理] ペインを開きます。

2. 左ペインの [プロファイル] をクリックします。

3. 一覧から [既定のアクション アカウント] をダブルクリックします。

4. ウィザード画面上で、[次へ] をクリックします。

5. 全般プロパティ画面にて [次へ] をクリックします。

6. 実行アカウント画面に一覧から、問題が発生している SCOM 管理サーバー や SCOM エージェントに設定されているアカウント名を確認します。

 

 

手順は以上です。

アクション アカウントとログオン/ログオフに使用しているアカウントが同じ場合はどちらかのアカウントを変更してください。

 

<<注意>>

もし、問題が発生しているサーバー上のアプリケーションの監視 (Exchange サーバーや SharePoint サーバー等の監視等) において、別途アプリケーション監視用の実行プロファイルに実行アカウントを設定している場合には、そちらも併せてご確認下さい。

Comments (0)

Skip to main content