SCVMM 2012 R2/2016 でアクセス関連の設定を変更するとコンソールがクラッシュする

こんにちは、日本マイクロソフト System Center Support Team の三輪です。   本日は、System Center Virtual Machine Manager に関して、2012 R2 および 2016 いずれでも発生する可能性がある不具合についてご案内致します。   [不具合について] SCVMM 2012R2 または 2016 にて、仮想マシンに対し、プロパティ画面の [アクセス] タブからユーザー、ユーザーロールを追加するとコンソールが異常終了する事象が発生します。 コンソール操作時に、ポップアップウインドウが表示され、「VmmAdminUI は動作を停止しました」 とメッセージが表示されます。 また、問題の詳細には、”VmmAdminUI.exe”、”Microsoft.VirtualManager.UI.CommonControls” といった記載が見られます。   この際、アプリケーションログに以下の記載があるかどうかを確認します。 以下例の様に、例外が発生した場所として IDsObjectPicker が含まれている場合、.Net Framework コンポーネントに起因した既知の不具合である可能性が高いと判断できます。   OS 側の更新プログラム等による .Net コンポーネントに関連した変更に伴い、API へ渡す値の配列サイズが変更となりました。 しかしながら、API 側がこの配列のサイズに対応しておらず、結果異常終了が発生する不具合となっております。 このため、OS の更新プログラムを SCVMM サーバーに適用されている環境の場合、本不具合が発生する場合がございます。   [ログ例] 本不具合によってコンソールの異常終了が発生した場合、アプリケーションログに以下の様なエラーが記録されます。 ********ログ例******** ログの名前:            …

0

System Center 2012 R2 更新プログラム最新版がリリースされました!!

こんにちは、日本マイクロソフト System Center Support Team の益戸です。 公開が遅くなってしまいましたが、System Center の更新プログラムが先週公開されました。 既に、System Center 2012 R2 については、メインストリームを終了しておりますが、Transport Layer Security (TLS) protocol version 1.2 への対応としてリリースされております。   システム センター 2012 R2 の TLS 1.2 プロトコル サポートの展開ガイド https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/4055768   修正プログラムによっては、適用時にデータベースに対して自動的に更新が発生いたします。 その為、修正プログラムの適用に失敗した場合や、修正プログラムに致命的なエラーが発生した場合に備え、可能な限り、適用前にシステムおよび、データベースのバックアップの取得を実施ください。 System Center 製品については、明確にアンインストールを指示する場合を除き、適用した修正プログラムのアンインストール実施後に動作に問題が発生する場合がございます。 本修正プログラムは、Microsoft Update 経由で更新プログラムをダウンロードしてインストールすることができます。また、オフラインの環境では、Microsoft Update Catalog を通じてダウンロードしたパッケージを手動で適用することもできます。詳細な適用手順や、修正内容については、それぞれのリンクをご参照ください。   Description of Update Rollup 14 for Microsoft System Center 2012…

0