System Center Configuration Manager クライアントがインストールされた PC でマスター イメージを取得する手順 (ワークグループ対応版)

皆様、こんにちは。System Center Configuration Manager サポート チームです。 今回は System Center Configuration Manager クライアントがインストールされた PC でマスター イメージを取得する手順をご紹介します。同様の手順については、こちらの技術情報でもご紹介しておりますが、本記事では展開後にドメインに参加せず、ワークグループ端末として利用する場合も考慮した手順であり、当サポート部門でもご案内した実績が多い手順でもありますので、お役立ていただけますと幸いです。なお、再イメージングする手順につきましては、次のブログ記事がお役立ていただけますので、こちらも合わせてご確認ください。   System Center Configuration Manager クライアントがインストールされた PC でマスター イメージを再取得する手順   (留意事項) System Center 2012 Configuration Manager SP2 / System Center 2012 R2 Configuration Manager SP1 エージェントの場合、ワークグループ環境にて自動割り当てができないという不具合が報告されています。この不具合に合致する場合、本手順を実施しても正常に自動割り当てができませんが、この不具合は CU2 以降で修正されておりますので、当該バージョンをご利用の場合は、CU2 以降のエージェントをご利用ください。(2018/1/23 時点で最新版は CU4 です。)   対象製品 System Center 2012 Configuration Manager System…


SC DPM ロールアップ適用時の注意点について

こんにちは。日本マイクロソフト System Center Support Team の横山です。 今回は、SC DPM にロールアップを適用した際の注意点についてお伝えいたします。 DPM サーバーにロールアップを適用すると、DPM CPWrapper Service サービスの “スタートアップの種類” が “無効” に設定され、ロールアップの適用後は自動で起動されません。また、保護対象サーバーで DPM エージェントのアップデートを行った際にも同様に、DPM CPWrapper Service サービスの “スタートアップの種類” が “無効” に設定されます。 そのため、ロールアップの適用後ならびに DPM エージェントのアップデート後は、以下の手動で DPM CPWrapper Service サービスの “スタートアップの種類” を “自動” に変更し、サービスを開始していただく必要がございます。 1. サービスの管理コンソール (services.msc) を起動します。 2. DPM CPWrapper Service サービスを右クリックし、[プロパティ] を開きます。 3. “スタートアップの種類” を “無効” から “自動” に変更し、[適用]…