SharePoint 2013 サイトコレクションのリストアの際、復元されないアイテムについて


こんにちは、日本マイクロソフト System Center Support Team の益戸です。
DPM では、SharePoint をファームとして保護することが可能となり、アイテムレベルリカバリーなど、サイトとしてもバックアップ・リストアすることが可能な製品となっております。

DPM からリストアする際は、ファームレベルや、コンテンツデータベースレベル、サイト コレクションやドキュメントライブラリなどのアイテムレベルで回復など、様々な要件に対応いたしております。
今回は、サイトコレクションのリストア時にご留意いただきたい点について紹介させてください。

※ DPM の回復ウィザードにて、以下よりサイトコレクションのリストアを実施いただく事が可能です。

pct

 

DPM からサイトコレクションとしてリストアする際には、内部の動作として Export-SPWeb と Import-SPWeb が使用されております。
Export-SPWeb / Import-SPWeb では、以下の情報について移行ができない制限があります。

・サイト コレクションの管理者の設定
・ソリューションの状態
・通知設定
・ワークフロー設定(リストとワークフロー、ワークフローステータス)、タスクリストの中身、履歴リストの中身)
・ごみ箱(アイテム、状態)
・検索(検索先、検索結果の種類、クエリ ルール、スキーマ の設定)
・サイト コレクションの監査設定
・ポータル サイト接続の設定
・チェック イン / アウトの状態

そのため、回復した後も、元の設定と異なるといった状況が発生する可能性があります。
完全に戻すという意味では、コンテンツデータベースのリストアを検討ください。


Comments (0)

Skip to main content