DPM のイベント ログについて


こんにちは。日本マイクロソフト System Center Support Team の久保です。
今回はData Protection Manager (DPM) サーバー上で確認できるイベント ログについて、ご紹介します。

 

皆さんがご存知の通り、DPM サーバー上にはDPM に関連するイベント ログが 2 つ存在します。

 

DPM Alert

DPM Backup Events

# DPM 2010 の環境では、"DPM Backup Events" は、KB2615782 (バージョンは3.0.8180.0) 以降のHotfix を適用している場合に作成されます。

 

これらのイベント ログは、Operations Manager (SCOM) による DPM の監視のために設計されており、出力されるエラーは、ほぼ、DPM 管理者コンソール上の [監視] 画面の [アラート] の出力内容と同様です。

しかし、SCOM との連携を目的として用意されているログであるため、イベントやイベント内部の項目が SCOM の処理に特化して出力されることがあります。

つまり、DPM サーバー上でこれらのイベント ログを使用してイベント監視を実施することに考慮されていないため、これらのイベント ログを目視での確認作業では DPM の監視は非常に困難です。

 

これらのイベント ログに何らかのエラーまたは警告が出力された場合には、イベント ログのみから問題の有無を判断するのではなく、以下の 2 つの方法のいずれかにより、DPM のバックアップ ジョブの状況を確認してください。

 

A. オペレーション コンソール(SCOM) による確認

B. DPM 管理者コンソールによる確認

 

確認方法といたしましては、以下の通りです。

 

====================

A. オペレーション コンソール(SCOM)

====================

A-1. オペレーション コンソールを起動します。

A-2. "監視" ウィンドウを開きます。

A-3. [監視] - [System Center 2012 R2 Data Protection Manager] - [状態の表示] - [データ ソース] を展開します。

A-4. [すべて] をクリックしすると、保護しているデータの一覧の状態を確認することができます。

 

 

====================

B. DPM 管理者コンソール

====================

B-1. DPM 管理者コンソールを起動します。

B-2. "監視" ウィンドウを開きます。

 

"監視" ウィンドウでは、[アラート] [ジョブ] と、大きく2 つの監視方法があります。

エラーの詳細な内容を確認する為には、主に [ジョブ] 画面を利用して下さい。

 

また、前述の通り、[アラート] 画面は DPM alerts のイベントログと連動しており、当該のログから必要な情報が抽出されて出力されますが、加えてアラートの解決方法などの情報が表示されていることがあります。

対処方法の確認の際などには、こちらの画面も併せてご利用下さい。

 

[ジョブ] 画面

--------------------

[ジョブ] タブには、ジョブの状態が表示されます。

ジョブは、保護グループ、保護対象のコンピューター、重要度、または状態ごとにグループ化することができます。

また、以下のようにフィルターを作成して、ジョブの表示をジョブ パラメーターの組み合わせに従ってカスタマイズすることもできます。

 


- 補足:
"カスタム フィルター" の作成方法

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

表示させたいジョブのみを抽出するようフィルターの作成を行うことができます。

下記は DPM 2012 SP1DPM 2012 R2 での作成手順です。

< 作成手順 >

1. 左上ペイン [作成] をクリックします。

2. "フィルター名" を記入します。

3. "開始時刻" "終了時刻" を設定して、いつからいつまでのジョブの状態を表示させるかを指定します。

4. "フィルター オプション" では、表示させたいジョブの種類や状態、保護対象等を選択します。

 

 

[アラート] 画面

--------------------

[アラート] タブには、エラー、警告、および情報の各メッセージが表示されます。

アラートは、保護グループ、コンピューター、または重要度ごとにグループ化することができます。

また、アクティブなアラートのみが表示されるようにすることも、アクティブなアラートと非アクティブなアラート (解決されたアラート) の両方が表示されるようにすることもできます。

 

参考情報

> DPM 管理者コンソールによる監視

https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/Hh757861.aspx

 

 

イベント ログの出力に関わらず、上記の方法で確認していただいたDPM のバックアップ ジョブの状況に異常がなければ、特に対処は不要です。

また、DPM の状況について確認する際には、DPM 管理者コンソールから最終確認をするようにしてください。

 

以下、DPM 2010 に関する資料ですが、DPM Alerts ログが SCOM 用に用意されたイベント ログであることが記載されています。

> アラートについて

https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/ff399296.aspx

--- 抜粋 ---

イベント ログには、DPM アラートと呼ばれる独立したノードが作成されます。
これは暗号化済みフォームにテキストを含んでおり、管理者用ではありません。
代わりに、DPM Operations Manager パックがこれを使用してユーザー インターフェイスで DPM アラートを表示します。

---------------

Comments (0)

Skip to main content