System Center Configuration Manager で使用可能日時を変更した際にパッケージが実行されなくなる現象について


こんにちは、日本マイクロソフト System Center Support Team です。

 

System Center Configuration Manager でパッケージ配布を行い、使用可能日時を変更した際にパッケージが実行されなくなる現象についてご紹介します。

 

本現象につきましては、以下の条件で発生する事が確認できています。

なお、以下でご紹介しておりますスクリーン ショットについては System Center 2012 R2 Configuration Manager 環境のものを

利用しておりますが、2007 / 2012 / 2012 R2 全てのバージョンで起こりうる現象となります。

 

[発生条件]

1. パッケージの展開を "必須" の設定で作成している

 

2. パッケージの展開スケジュールに以下の 2 つの設定を指定している

"この展開の使用可能になる日時を指定する" : 任意の日時

割り当てスケジュール : 直ちに

 

3. パッケージの展開が行われる前に "この展開の使用可能になる日時を指定する" の日時を変更している

(本例では、2015/11/5 10:00 から 2015/11/5 10:30 に変更しています。)

 

4. パッケージの実行前 (ダウンロード中など) に "この展開の使用可能になる日時を指定する" を

変更したポリシーを受け取る

 

5. 再度 "この展開の使用可能になる日時を指定する" を変更する

(本例では、2015/11/5 10:30 から 2015/11/5 11:30 に変更しています。)

 

[発生経緯]

 Configuration Manager クライアントは既定では 1 時間おきにポリシーの受信を行います。

そのため、前述の発生条件内の使用可能日時の変更およびポリシーの受信タイミングによっては

以下のような状況が発生いたします。

 

1. 11/5 9:10 に Test パッケージに関するポリシー (11/5 10:00 に使用可能) を受信

2. 11/5 10:00 にパッケージのダウンロードが開始

3. 11/15 10:10 (パッケージのダウンロード中) にポリシー (11/5 10:30 に使用可能) を受信

 

上記 3 の状況ではパッケージのダウンロード中に使用可能日時が変更されたポリシーを受け取るため

パッケージのダウンロードが一旦キャンセルされます。

ここで新たに該当のパッケージに関する使用可能日時を変更します。

 

4. 該当のパッケージに関する使用可能日時を 11/15 11:30  に変更

5. 11/5 11:10 にポリシー (11/5 11:30 に使用可能) を受信

6. 11/5 11:30 にパッケージの再ダウンロードが開始

7. パッケージのダウンロード完了後、パッケージの実行が行われない

 

上記のようにパッケージの実行中において使用可能日時が変更となったポリシーを受け取るような状況では

パッケージのダウンロードが一旦取り消され、その後、再度使用可能日時を変更してもパッケージの実行が行われなくなります。

[回避方法]

作成済みの "展開" における使用可能日時を変更いただく際には、設定済みの時間から十分に余裕をもって変更してください。

(設定済みの時間からポリシーの受信間隔 (既定では 1 時間) 以上前に設定変更を行います。)

また、事象発生後の場合には作成済みの "展開" を一旦削除し、新しい "展開" 設定を再作成する事により現象回避が可能です。

Comments (0)

Skip to main content