SQL Server 2014管理パックおよび言語パックのインポートについて


こんにちは。日本マイクロソフトの黒田です。

 

System Center Operations Manager (以下、SCOM)では、監視対象として Active Directory や SQL Server などを監視することが可能です。

そういった監視対象を設定するためには事前に対象となる機能や製品の「管理パック」をインポートする必要があります。

 

この「管理パック」は SCOM 2012 R2 の場合、先に英語版の管理パックをインポートした後に日本語の言語パックをインポートする手順が必要です。

 

今回は、SQL Server 2014 用の管理パックと共に提供されている言語パックのインポート手順について注意点があるので、案内したいと思います。

 

 

SQL Server 2014 の場合、最新版の英語版の管理パック (Version 6.6.0.0) をインポートした後に日本語の言語パック (Version 6.5.4.0) をインポートしようとするとエラーとなり失敗します。

 

原因はインポート済みの管理パックの中に日本語の言語パックが参照しようとしている要素がないためです。

日本語の言語パック (Version 6.5.4.0) をインポートする際に、インポート済の英語版の内容を確認するのですが、英語版管理パック内に、日本語の言語パックの内容に対応する要素が存在しないためにエラーを出力しています。

 

回避するためには、インポート済みの管理パックをいったん削除し、1つ前のバージョンの英語版の管理パック (Version 6.5.4.0) を先にインポートする必要があります。

その後、日本語の言語パック(Version 6.5.4.0)および最新の英語版の管理パック (Version 6.6.0.0) のインポートを行います。

 

※お手元に 1つ前のバージョンの英語版の管理パック (Version 6.5.4.0) がない場合は、大変恐縮ですが、最新の日本語言語パックがリリースされるまで、最新の英語版の管理パック (Version 6.6.0.0) のみをご使用ください。

 

以下に例として SQL Server 2014 日本語の言語パックをインポートする手順を記載します。

なお、SQL Server 2014 の管理パックを一度もインポートしていない場合、手順1は不要です。

 

【手順概要】

1. SQL Server 2014 日本語の言語パック (Version 6.5.4.0) および英語版管理パック (Version 6.6.0.0) を削除

2. SQL Server 2014 英語版管理パック (Version 6.5.4.0) をインポート

3. SQL Server 2014 日本語の言語パック (Version 6.5.4.0) をインポート

4. SQL Server 2014 英語版管理パック (Version 6.6.0.0) をインポート

※SQL Server 2014 英語版管理パック (Version 6.5.4.0) は事前にお手元にご用意ください。

 

【手順】

1. SQL Server 2014 日本語の言語パック (Version 6.5.4.0) および英語版管理パック (Version 6.6.0.0) を削除

=============================================

1-1. SCOM管理サーバーで Operations Console を起動します

1-2. 左ペインで [管理] を選択し、左上ペインより [管理パック] を選択します

1-3. 中央のペインの検索を利用してインポート済の管理パックを表示します

  ※検索対象で [SQL] などと入力いただくと絞込みしやすいです。

1-4. 手順3で表示された管理パックで日本語 (Version 6.5.4.0) のものを選択し、右ペインから [削除] を行います

  ※バージョンが [6.5.4.0] であるものを削除します。

  ※削除時にユーザーロールのスコープに影響を与える可能性がある旨のメッセージが表示されますが、そのまま [はい] をクリックしてください。

1-5. 英語版の管理パック (Version 6.6.0.0) を選択し、右ペインから [削除] を行います

  ※”依存管理パック”内に表示される管理パックがある場合はそちらから削除を行います。

 

2.SQL Server 2014 英語版管理パック (Version 6.5.4.0) をインポート

=============================================

2-1. SCOM管理サーバー内に英語版の管理パック (Version 6.5.4.0) を展開および配置します

2-2. 左ペインで [管理] を選択し、左上ペインより [管理パック] を選択します

2-4. 右クリックで [管理パックのインポート] を選択します

2-5. “管理パックのインポート”ウィザードが開始されるので [追加] -> [ディスクからの追加] を選択します

        ※”オンライン カタログ接続”は [はい] および [いいえ] のどちらでも問題はありません。

2-6. 手順2-1で展開したフォルダーにある管理パックを選択し [開く] をクリックします

2-7. [インポート リスト] に選択した管理パック一覧が表示されるので [インストール] を実行します

 

3. SQL Server 2014 日本語の言語パック (Version 6.5.4.0) をインポート

=============================================

3-1. 左ペインで [管理] を選択し、左上ペインより [管理パック] を選択します

3-2. 右クリックで [管理パックのインポート] を選択します

3-3. “管理パックのインポート”ウィザードが開始されるので [追加] -> [ディスクからの追加] を選択します

        ※”オンライン カタログ接続”は [はい] および [いいえ] のどちらでも問題はありません。

3-4. 管理パックをインストールしたフォルダー内の [6.5.4.0] を選択し [開く] をクリックします

3-5. [インポート リスト] に選択した管理パック一覧が表示されるので [インストール] を実行します

 

4.SQL Server 2014 英語版管理パック (Version 6.6.0.0) をインポート

=============================================

4-1. 左ペインで [管理] を選択し、左上ペインより [管理パック] を選択します

4-2. 右クリックで [管理パックのインポート] を選択します

4-3. “管理パックのインポート”ウィザードが開始されるので [追加] -> [ディスクからの追加] を選択します

        ※”オンライン カタログ接続”に [はい] としても [いいえ] としていただいてもどちらでも問題はありません。

4-4. 管理パックをインストールしたフォルダー内の [6.6.0.0] を選択し [開く] をクリックします

4-5. [インポート リスト] に選択した管理パック一覧が表示されるので [インストール] を実行します

 

 

手順は以上です。

 

 

(参考)

SQL Server 2014 用 System Center 管理パック (日本語の言語パック Version 6.5.4.0)

https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=42573

 

Microsoft System Center Management Pack for SQL Server 2014 (英語版 Version 6.6.0.0)

https://www.microsoft.com/en-US/download/details.aspx?id=42573

Comments (0)

Skip to main content