System Center 2012 R2 Operations Managerにおける、SQL Server 2014のサポートが開始されました。


こんにちは、日本マイクロソフト System Center Support Team の久保です。

タイトルの通り、System Center 2012 R2 Operations Manager (SCOM 2012 R2) において、SQL Server 2014 Enterprise, Standard 64-bit (SQL Server 2014) のサポートが開始されました。
SQL Server 2014
を使用する場合の注意点が2点公開されておりますので、お知らせいたします。

1. SCOM 2012 R2 をセットアップする際、データファイルの保存先として、クラスター構成になっているSQL Server 2014 のクラスター共有ボリュームを指定することはできません。

[回避策]

SQL Server 2014 を物理サーバーに展開し、次にデータベースをクラスター共有ボリュームに移動させてください

> 移動、オペレーション データベース

https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/hh278848.aspx

* データベースの移動方法が記載されております。

2. SQL Server Reporting Servicesは、 セキュリティ拡張機能の影響によりアップグレードを行うことができません。

[回避策]

SCOM のレポート サーバーをアン インストールし、ResetSRS.exe を実行することで、セキュリティ拡張機能を削除することができます。
この作業が完了したら、SQL Server をアップグレードした上で、改めて SCOM のレポートをインストールします。

>セキュリティ拡張機能の概要

https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms152825(v=SQL.120).aspx

> Operations Manager のレポート サーバーをインストールする方法

https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/Hh298611.aspx

US ブログ:

> OpsMgr 2012 R2 now offers additional support for SQL Server

http://blogs.technet.com/b/momteam/archive/2015/02/23/opsmgr-2012-r2-now-offers-additional-support-for-sql-server.aspx

Comments (0)

Skip to main content