DPM 2012 R2 を使ったDPMDB のバックアップ方法について


こんにちは。日本マイクロソフト System Center Support Team の久保です。
今回は、System Center 2012 R2 Data Protection Manager (DPM 2012 R2) のDPM データベース (DPMDB) のバックアップ方法についてご紹介いたします。

DPM 2012 R2 では、DPM 2012 SP1 以前までと異なり、専用の SQL Server を予めインストールするようにインストール方法が変更されました。
そのため、System Center 2012 R2 ではDPMDB の既定のパスも DPM 2012 SP1 以前までと異なり、DPMDB のバックアップの際にオプションを使用してインスタンス名とデータベース名を明示的に指定することが必要となりました。

DPM 2012 R2では、DPMBackup.exe コマンドを使用したバックアップ方法では、コマンドの実行手順の際に必ず DPMDB を指定するオプションが必要となります。


> DPM 2012 R2 でDPMBackup.exe コマンドを使用したバックアップ手順

1. プライマリ DPM にログインし、 [DPM 管理シェル] を起動します。

2. 以下のコマンドを入力し、現在の DPM データベースのバックアップを作成します。

DpmBackup.exe -db -instanceName <インスタンス名> -dpmdbname <DPMDB名>

例.) 既定のSQL インスタンスの場合:
- 設定
DPM サーバー名は "ContosoDPM"、DPMDB 名はDPMDB_ContosoDPMとします

- コマンド
DpmBackup.exe -db -instanceName "(LOCAL)" -dpmdbname "DPMDB_ContosoDPM"

注: (Local) を囲むダブルクォーテーション (") は省略できません。

3. 正常にバックアップが作成された場合、以下のフォルダーに DPMDB のバックアップが作成されます。

フォルダー名: C:\Program Files\Microsoft System Center 2012 R2\DPM\DPM\Volumes\ShadowCopy\Database Backups

ファイル名: <DPMDB名>.bak

定期的に DPMDB をバックアップし、作成されたファイルをファイルサーバー等の別のストレージにコピーして保管されることをお勧めします。

 

参考情報: DPM データベースのバックアップ方法
https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/jj244601.aspx


なお、DPM 2012 SP1 以前までのDPMDB のバックアップ方法については、下記の参考情報をご覧ください。

参考情報: DPMDB のバックアップと復旧方法について教えてください。
https://technet.microsoft.com/ja-jp/systemcenter/gg675298.aspx

 

 

Comments (0)

Skip to main content