System Center 2012 R2 Configuration Manager コンソール上の文字化けについて


こんにちは、日本マイクロソフト System Center Support Team です。

今回は、System Center 2012 R2 Configuration Manager Cumulative Update (CU) 適用により発生する Configuration Manager コンソール上での文字化けについてご紹介します。

なお、現在の最新バージョンである System Center 2012 R2 Configuration Manager Cumulative Update 4 (CU4) の詳細については、以下の KB3026739 をご参照ください。

Description of Cumulative Update 4 for System Center 2012 R2 Configuration Manager
https://support.microsoft.com/en-us/kb/3026739

現在、System Center 2012 R2 Configuration Manager に CU を適用し、CU 用のクライアント アップデート パッケージを配布すると展開ステータスの結果の一部が文字化けとなる現象が確認出来ています。

以下が実際に現象が発生している際のスクリーン ショットになります。
(CU4 の例としてご紹介させていただいておりますが、CU3 等以前のバージョンでも起こりうる現象となります。)

現在、本現象のような文字化けにつきましては、上記のような CU 用のクライアント アップデート パッケージを配布した際に表示されるメッセージ ID 10009 のみで発生している事が確認できております。

これは、CU 用のクライアント アップデート パッケージが、以下のように「次のフィールドを MIF によるステータスの照合に使用する」を選択しているために発生する事が判明しております。

ただし、メッセージ ID 10009 の意味といたしましては、上記英語版の Configuration Manager クライアントでのメッセージ内容からも分かります通り、正常に処理が行われ、パッケージ配布も問題なく行えている事を示すものになります。
なお、本来表示されるべき日本語のメッセージ内容は 「この操作を正しく終了しました。」 となります。

また、「MIF のステータスの照合にパッケージのプロパティを使用する」を選択しているパッケージの配布については、本事象は発生いたしません。
そのため、本現象が発生しました際には、正常にパッケージ配布が行われている状況と読み替えていただけますと幸いです。

なお、本問題の修正予定につきましては、本問題を修正する事による他の機能への影響等も考慮し、現行の System Center 2012 R2 Configuration Manager での修正予定は見送られております。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承いただけますと幸いです。

Comments (0)

Skip to main content