SCOM の利用状況全般を出力する便利なレポートについて


こんにちは。
日本マイクロソフト System Center Support Team の佐々木です。今回は海外のブログで公開されている便利なレポートを紹介したいと思います。
情報の転載元は以下のサイトです。

“How to create daily reports with System Center Operations Manager 2012 and PowerShell – Part 5”
http://blogs.technet.com/b/manageabilityguys/archive/2013/10/01/how-to-create-daily-reports-with-system-center-operations-manager-2012-and-powershell-part-5.aspx

PowerShellスクリプトで構成されたこちらのファイルを実行するだけで、対象の SCOM 環境に関する全般的な状態をレポートとして出力することが可能です。このスクリプト ファイルを 1 日 1 回実行するだけで、管理サーバーの健全性、エージェントの健全性、アラートの状況、DBの利用状態など、把握しておくべき状況がまとめて HTML  形式のレポートで出力されます。レポートに含まれる情報の概要は以下の通りです。

* 管理サーバーの状態
* メンテナンスモードの状態
* オープンになっているアラートの状態
* SCOMのデータベースの利用状態 (OperationsManagerデータベース、OperationsManagerDWの空き領域も出力されます)
* エージェントの健全状態
* 過去24時間に報告されたアラートのサマリー (時間ごとに報告された数も出力)

出力方法は以下の通りです。非常に簡単です。

1.) 先のブログより、”Daily-Report.ps1″ をダウンロードしてください。
2.) ファイルを出力させるフォルダを作成してください。
3.) 以下のコマンドを実行してください。MSServerName は管理サーバー名で置き換えてください。
PowerShell.exe Daily-Report.ps1 MSServerName c:\scripts Daily-Report.htm

※ この例では C:\Scripts の配下に Daily-Report.htm の名前でレポートを出力しています。

是非お試しください。


* 出力されたレポート

* 特に見落としがちな、データベースの空き領域の状態もレポートに含まれます。

Comments (0)

Skip to main content