Windows Server Cluster 管理パック (Version 6.0.7230.0) 利用時に言語パックがインポートできない問題について


こんにちは、日本マイクロソフトの佐々木です。

       

今回は、2014822日にリリースされた クラスタ管理パック (Version 6.0.7230.0) に関する既知の問題についてご案内します。
こちらの管理パックをご利用頂く場合、管理パックをローカルの言語に表示するための言語パック” をインポートする際に失敗することがあります。

具体的には、Windows Server 2012 R2 用のクラスタ管理パック(ファイル名: Microsoft.Windows.2012.R2.Cluster.Management.Monitoring.mp)
の最新のバージョンである Version 6.0.7230.0 を新規にインポートし、
併せて Windows Server 2012 R2 クラスター管理監視言語パック(ファイル名: Microsoft.Windows.2012.R2.Cluster.Management.Monitoring.JPN.mp)
をインポートすると以下の画面のエラーとなり、インポートに失敗します。

この問題はクラスタ管理パックおよび言語パックを新規にインポートする場合に限って発生します。
現時点でクラスタ管理パックを新規にインポートしてご利用頂く場合は、Windows Server 2012 R2 用のクラスタ管理パックについては、言語パックをインポートせず、英語版としてご利用ください。

この問題は現時点での最新バージョンである Version 6.0.7230.0 のクラスタ管理パックに下位互換性が保たれていないために発生します。
既に以前のバージョンのクラスタ管理パックおよび言語パックがインポートされている環境で、クラスタ管理パックのみを上書きでインポートした場合は、問題は発生しません。(利用についても問題はありません。)

※言語パックをインポートせずに旧バージョンのクラスタ管理パックをご利用頂いており、今回のバージョンへのアップデートと併せて言語パックのインポートを予定している場合は、
初めに言語パックを導入していただき、その後で新しいクラスタ管理パックをインポートして頂ければ現象を回避することができます。

 –
エラー画面


この
問題は日本語の言語パック以外のその他の言語パックでも同様に発生します。
本件については進展があり次第、本ブログで情報をアップデートしますのでお待ちください。


2014年12月16日更新

 現在は修正済みの言語パックを公開しております。

以下より「SC Management Pack for Cluster.JPN.msi」をダウンロードしてください。 

 

> System Center Management Pack for Windows Server Cluster

http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=2268

 

本件については言語パックの修正を行いました。 

更新を行った以下ファイルのバージョンは 6.0.7230.0 となります。

* Microsoft.Windows.2012.R2.Cluster.Management.Library.JPN.mp

* Microsoft.Windows.2012.R2.Cluster.Management.Monitoring.JPN.mp

 

 

 

Comments (0)

Skip to main content