DPM 2012 SP1 / 2012 R2 Agent インストールについて


こんにちは、日本マイクロソフト System Center Support Team の益戸です。

 

Data Protection Manager (以下、DPM) では、Agent を以下の2通りの方法でインストールすることができます。

 

1. DPM サーバーからのプッシュインストール

2. DPM サーバーから最新の Agent モジュールをコピーし、保護対象コンピューター側で手動インストール

 

これは、DPM が同一ドメインや相互信頼関係のあるドメインに属するコンピューターに加えて、ワークグループや信頼関係の無いドメインに属するコンピューターも保護するためです。

今回は、プッシュインストールする際の前提条件や、手動でインストールする際の注意点などをまとめました。

なお、プッシュインストールについては、DPM サーバーと保護対象コンピューター間のネットワーク要件等もあるため、失敗が続くようであれば、手動インストールでの切り分けや対応を検討してください。

 

------------------------------------------

1. DPM サーバーからのプッシュインストール

------------------------------------------

* System Center 2012 Data Protection Manager SP1 をご利用の場合 (2014.8時点)

 

オペレーティング システム

プッシュ

インストール

前提モジュール

Windows 8.1 (32 bit/64 bit)

可能

.NET Framework 3.5 Service Pack 1

Windows 8 (32 bit/64 bit)

可能

.NET Framework 3.5 Service Pack 1

Windows 7 (32 bit/64 bit)

可能

.NET Framework 3.5 Service Pack 1

Windows Vista SP2 (32 bit/64 bit)

可能

.NET Framework 3.5 Service Pack 1

Windows Server 2012 (64 bit)

可能

.NET Framework 3.5 Service Pack 1

Windows Server 2008 R2 SP2 (64 bit)

可能

.NET Framework 3.5 Service Pack 1

Windows Server 2008 R2 SP1 (64 bit)

可能

.NET Framework 3.5 Service Pack 1

Windows Server 2008 R2 (64 bit)

可能

.NET Framework 3.5 Service Pack 1

Windows Server Storage Server 2008 (64 bit)

可能

.NET Framework 3.5 Service Pack 1

Windows Server 2003 R2 SP2 (64 bit)

可能

.NET Framework 3.5 Service Pack 1、KB975759 (英語版の場合は不要)

Windows Server 2003 SP2 (64 bit)

可能

.NET Framework 3.5 Service Pack 1、KB975759 (英語版の場合は不要)

 

* System Center 2012 R2 Data Protection Manager をご利用の場合 (2014.8時点)

 

オペレーティング システム

プッシュ

インストール

前提モジュール

Windows 8.1 (32 bit/64 bit)

可能

.NET Framework 4 (既定でインストール済みの為、追加不要)

Windows 8 (32 bit/64 bit)

可能

.NET Framework 4 (既定でインストール済みの為、追加不要)

Windows 7 (32 bit/64 bit)

可能

.NET Framework 4

Windows Server 2012 R2 (64 bit)

可能

.NET Framework 4 (既定でインストール済みの為、追加不要)

Windows Server 2012 (64 bit)

可能

.NET Framework 4 (既定でインストール済みの為、追加不要)

Windows Server 2008 R2 SP2 (64 bit) * UR2適用

N/A

.NET Framework 3.5 Service Pack 1

Windows Server 2008 R2 SP1 (64 bit) * UR2適用

N/A

.NET Framework 3.5 Service Pack 1

Windows Server 2008 R2 (64 bit) * UR2適用

N/A

.NET Framework 3.5 Service Pack 1

Windows Server Storage Server 2008 * UR2適用

N/A

.NET Framework 3.5 Service Pack 1

Windows Server 2003 R2 SP2 (64 bit) * UR2適用

N/A

.NET Framework 3.5 Service Pack 1、KB975759、Visual C++ 2008 Redistributable

Windows Server 2003 SP2 * UR2適用

N/A

.NET Framework 3.5 Service Pack 1、KB975759、Visual C++ 2008 Redistributable

 

-------------------------------------------------------------------------------------------

2. DPM サーバーから最新の Agent モジュールをコピーし、保護対象コンピューター側で手動インストール

-------------------------------------------------------------------------------------------

手動にて Agent をインストールする場合は、DPM サーバーより最新版のエージェント モジュールをコピーし、インストールする必要があります。

DPM サーバー上のインストールモジュールのパスは以下の通りです。

 

* DPM 2012 SP1 をご利用の場合 (2014.8時点)

 

<64 bit 用>

C:\Program Files\Microsoft System Center 2012\DPM\DPM\Agents\RA\<build number>\amd64

 

<32 bit 用>

C:\Program Files\Microsoft System Center 2012\DPM\DPM\Agents\RA\<build number>\i386

 

(既定の設定でインストールした場合のパスとなります。実際は、ご利用の環境に合わせて読み替えてください。)

 

* DPM 2012 R2 をご利用の場合 (2014.8時点)

 

<64 bit 用>

C:\Program Files\Microsoft System Center 2012\DPM\DPM\Agents\RA\<build number>\amd64

 

<32 bit 用>

C:\Program Files\Microsoft System Center 2012\DPM\DPM\Agents\RA\<build number>\i386

 

(既定の設定でインストールした場合のパスとなります。実際は、ご利用の環境に合わせて読み替えてください。)

 

 

上記パスより、モジュールを保護対象コンピューターのローカルドライブへコピーします。

コピー後は、管理者権限にて起動したコマンド プロンプト上から、以下のコマンドを実行します。

 

<64 bit 用>

DpmAgentInstaller_x64.exe <DPMServerName (FQDN)>

例:DPMAgentInstaller_x64.exe DPMserver1.contoso.com

 

<32 bit 用>

DpmAgentInstaller_x86.exe <DPMServerName (FQDN)>

例:DPMAgentInstaller_x86.exe DPMserver1.contoso.com

 

*注:もし、インストーラーをダブルクリックし、DPMサーバー名を指定せずに Agent をインストールした場合は、以下の作業が必要となります。

管理者権限にて起動したコマンド プロンプト上から、以下のコマンドを実行します。

 

cd /d C:\Program Files\Microsoft Data Protection Manager\DPM\bin

SetDpmServer.exe dpmServerName <DPMServerName (FQDN)>

(既定の設定でインストールした場合のパスとなります。実際は、ご利用の環境に合わせて読み替えてください。)

 

 

-----

補足

-----

今回は、エージェントのインストールに焦点を当てて記述しましたが、保護対象のアプリケーションによっては、さらに前提条件が必要となります。

詳細については、以下の技術情報を確認ください。

 

System Center 2012 SP1 - DPM のシステム要件 (保護されたコンピューターの要件の項目)

http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/jj651645.aspx

 

System Center 2012 R2 - DPM のシステム要件 (保護されるコンピューターの要件)

http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/hh758176.aspx

 

また、保護対象マシーンのサポートマトリックスについては、以下の技術情報を確認ください。

 

DPM による保護とサポートの一覧

http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/jj860400.aspx

 

DPM protection support matrix

(英語版ですが、更新のタイミングによっては、日本語訳のページと差異が発生する事があります。最新の情報については、こちらから確認ください。)

http://technet.microsoft.com/en-us/library/jj860400.aspx


Comments (0)

Skip to main content