System Center 2012 SP1 の更新プログラム UR5 を適用すると、Runbook の特定の処理が失敗する


こんにちは。日本マイクロソフトの新木です。

今回は、System Center 2012 Orchestrator SP1 Update Rollup 5 (UR5) における既知の問題についてお伝えします。

 

 

System Center 2012 Orchestrator SP1 の更新プログラム UR5 を適用すると、Runbook の特定の処理が失敗することが報告されています。具体的には、以下 dll を使用するすべてのアクティビティの処理が対象となります。

• webservicesproxy.dll

• queryXmlServerExtension.dll

 

 

 

本問題が発生した場合の現象例を以下に記載します。

 

現象例 1 :

———–

「Web サービスの呼び出し」アクティビティにおいて、メソッド テキスト ボックスの右側にある「…」ボタンをクリックすると、”Class Not Found” というエラーが発生します。その後操作を継続すると “An unknown error occurred” というエラーが発生します。

 

 

現象例 2 :

———–

「XML の照会」アクティビティを含む Runbook を、Runbook Tester から実行しようとすると、”Failed to CoCreate IOpalisServerExtension” というエラーが発生し処理に失敗します。

 

 

 

この問題は、上記 2 つの dll ファイルを使用するアクティビティが誤ったレジストリ情報を参照してしまうことに起因しています。本問題については、以下の回避策で対処することができます。

 

1. コマンド プロンプトを右クリックし、「管理者として実行」を選択します。

2. 上記 dll が存在するパスに移動します。

 

>cd C:\Program Files (x86)\Common Files\Microsoft System Center 2012\Orchestrator\Extensions

 

3. 以下 2 つのコマンドを実行します。

 

C:\Program Files (x86)\Common Files\Microsoft System Center 2012\Orchestrator\Extensions>c:\windows\microsoft.net\framework\v2.0.50727\regasm webservicesproxy.dll

 

C:\Program Files (x86)\Common Files\Microsoft System Center 2012\Orchestrator\Extensions>c:\windows\microsoft.net\framework\v2.0.50727\regasm QueryXmlServerExtension.dll

 

 

 

詳細については以下の公開情報をご参考ください。

 

– 公開情報

 

文書番号: 2972927

After applying UR5 to Orchestrator 2012 SP1 some Runbooks fail

http://support.microsoft.com/kb/2972927

 

 

コミュニティにおけるマイクロソフト社員による発言やコメントは、マイクロソフトの正式な見解またはコメントではありません。

 


Comments (0)

Skip to main content