System Center 2012 Configuration Manager SP1 の累積的な更新 4 (CU4) がリリースされました。


こんにちは。SCCM サポート チームです。

 

System Center 2012 Configuration Manager SP1 の累積的な更新 4 (CU4) がリリースされました。

以下のウェブ ページから入手可能です。

 

http://support.microsoft.com/kb/2922875

 

また、米国 System Center Configuration Manager ブログに、この更新についてご説明したブログ記事が投稿されております。

オリジナルのブログ記事は、以下よりお読みいただけます。(英文)

 

Now available: Cumulative Update 4 for System Center 2012 Configuration Manager Service Pack 1

http://blogs.technet.com/b/configurationmgr/archive/2014/01/29/now-available-cumulative-update-4-for-system-center-2012-configuration-manager-service-pack-1.aspx

 

上記ブログ記事の翻訳版を以下に掲載いたします。

 

なお、CU4 をサイト サーバーに適用した後は、全てのブート イメージに対して、「配布ポイントの更新」を行う必要があります。

 

==========    以下翻訳    ==========

 

System Center 2012 Configuration Manager SP1 の累積的な更新 4 (CU4) がリリースされました。

この CU には、以下の更新が含まれます。

 

------------------

ソフトウェア配布

------------------

 

- 管理コンソールのコンテンツのステータスノードで、パッケージの状態が「不明」と表示される。

 

この現象は、System Center Configuration Manager 2007 の配布ポイントをアップグレードして、System Center 2012 Configuration Manager のセカンダリ サイトに割り当てた場合に発生します。

 

- インターネット ベースのクライアントが、初回の Windows Update へのアクセスに失敗した後に、インターネットに向けた配布ポイントからコンテンツをダウンロードできない。

 

クライアントの DataTransferService.log に以下の内容に類似したエラーが記録されます。

 

Failed to set proxy to bits job for url 'https:// site.configmgr.com:443/SMS_DP_SMSPKG$/{pkg_id}'. Error 0x87d00215

All proxy types and no proxy have been tried for times but failed.

 

- KB2913703 (http://support.microsoft.com/kb/2913703/) 動的変数リストを使用するアプリケーションがインストールできない。

 

- ソフトウェア更新プログラム グループに対し展開の追加および削除を行うと、追加 / 削除した展開だけでなく、グループの全ての展開に対してポリシーの評価が行われる。

 

 

---------------------------------

オペレーティング システムの展開

---------------------------------

 

- 更新のスケジュールで表示された更新プログラムのリストをソートした場合、選択した更新プログラムとは異なる更新プログラムが、オペレーティング システムに適用する項目として選択される場合がある。

 

- KB2894539 (http://support.microsoft.com/kb/2894539/) System Center 2012 Configuration Manager SP1 ポスト CU3 の更新。

 

オプション タブの条件として Windows 8.1 を含むタスク シーケンスに変更を加えたり、アクセスした場合に、例外が生成されます。

このとき表示される例外の詳細は、以下のようなものです。

 

System.Reflection.TargetInvocationException

Exception has been thrown by the target of an invocation.

 

- 他のサイトから移行されたタスク シーケンスが変更された際に、子サイトがタスク シーケンスのコンテンツを処理しない。

 

子サイトの Distmgr.log ファイルに以下のようなエントリが含まれ、パッケージの状態が変更されません。

 

Package {Package_ID} is in Pending state and will not be processed...

 

(注) この修正は、移行前のタスク シーケンスに対して適用されます。CU4 適用前に移行したタスク シーケンスは、一度削除して再度移行させる必要があります。

 

- サイト サーバー上で CU4 をインストールした後、全てのオペレーティング システム ブート イメージを更新する必要があります。

 

更新適用後にブート イメージを更新するには、以下の手順に従ってください。

 

1. Configuration Manager コンソールで、[ソフトウェア ライブラリ] をクリックします。

2. [ソフトウェア ライブラリ] ワークスペースで、[オペレーティング システム] を展開し、ブートイメージをクリックします。

3. 更新するブート イメージを選択します。

4. 右クリック メニューから [配布ポイントの更新] を選択します。

(注) この操作を行うと全ての配布ポイントに対して更新が行われるため、配布ポイントが多く存在する環境ではパフォーマンスに影響する可能性があります。

5. 配布済みの全てのブート イメージに対して、上記のステップ 3. と 4. を繰り返します。

 

ブート イメージを更新するためのより詳細な情報は、マイクロソフトの TechNet ウェブサイトの "Configuration Manager でのブート イメージの管理方法" をご参照ください。

 

http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/hh397288.aspx

 

 

------------------

管理コンソール

------------------

 

- KB2894539 (http://support.microsoft.com/kb/2894539/) System Center 2012 Configuration Manager SP1 ポスト CU3 の更新。

 

サポートされるプラットフォームとして表示されるべきでない "すべての Windows RT" と "すべての Windows RT 8.1 Preview" が表示される。

 

 

------------------------

アプリケーション仮想化

------------------------

 

この累積的な更新では、Microsoft Application Virtualization (App-V) 5.0 Service Pack 2 (SP2) のサポートが追加されます。CU4 未適用の App-V 5.0 SP2 環境では、以下の現象が発生します。

 

- App-V 5.0 SP2 において、App-V パッケージが以前のバージョンを置き換えた場合に、以前のバージョンのパッケージが使用され、新しいバージョンが not published として表示される。

 

以下のようなエラーが AppEnforce.log と AppDiscovery.log に表示されます。

 

AppEnforce.log:

---------------

Publish-AppvClientPackage : A publish operation has been scheduled, pending

the shutdown of all applications in the package or the connection group.

Publishing Package is successful but one one of the Virtual Package is currently in use. Close this Virtual Package to get the changes into effect

Performing detection of app deployment type TestApp - Microsoft Application Virtualization 5(ScopeId_0C7279F0-1490-4A0E-A7A3-32A000CEF76D/DeploymentType_d1adf427-ac14-4ee1-9e51-415af7675383, revision 2) for system.

 

 

AppDiscovery.log:

----------------

Required component [{AppVPackageRoot}]\TestApp.exe is not published

 

- App-V 5.0 SP2 において、使用中の App-V パッケージがアンインストールできない。

 

AppEnforce.log に以下のようなエラーが表示されます。

 

CVEWorker::UninstallConnectionGroup() failed

 

 

---------------------

Endpoint Protection

---------------------

 

- KB2907566 (http://support.microsoft.com/kb/2907566/ja) エンドポイント保護クライアントのマルウェア対策プラットフォームの更新プログラムを 2013年 11 月 (機械翻訳)

- KB2907566 (http://support.microsoft.com/kb/2907566/en) November 2013 anti-malware platform update for Endpoint Protection clients (英語原文)

 

 

-----------------

サイト サーバー

-----------------

 

- ソフトウェア更新グループに展開の追加・削除を行うと、SMS Executive サービスの Object Replication Manager コンポーネントの負荷が増大する。

これにより階層内の更新プログラムの配布が遅延する可能性があります。

 

=====

 

 

詳細およびダウンロード手順につきましては、以下をご参照ください。

 

KB2922875 - システム センター 2012年構成マネージャー Service Pack 1 用の累積的な更新 4 の説明

http://support.microsoft.com/kb/2922875

 

==========    以上翻訳    ==========

 

コミュニティにおけるマイクロソフト社員による発言やコメントは、マイクロソフトの正式な見解またはコメントではありません。

 

 

 

Comments (0)

Skip to main content