トラブルシューティングに使用する情報採取ツールについて

こんにちは、システムセンターサポートの益戸です。 今日は、サポート部門がお客様環境で発生しているトラブルを解決する為に使用しているツールを紹介します。 サポート部門では、基本的にお客様の環境を直接操作して情報の取得などを実施することはありません。 その代りに、初動調査として、各製品で必要になる可能性の多いログを一括で取得するツールをご案内し、具体的にお客様の環境で何が起こっているのかを確認します。 このツールでは、ログ情報だけでなく、一部の設定情報なども取得する為、お客様自身でも設計書にパラメーターを起こす際などにご活用いただける可能性があります。 もちろん、このツールを使って弊社にお問い合わせいただく前に、お客様にて詳細を調査いただく事もできます。 また、弊社へお問い合わせいただく際にも、このツールを使用して事前に情報をご取得いただく事で、私たちエンジニアの初動調査を効率化する事ができます。 もちろん、すべての情報が収集されるわけではないですし、適切な情報取得にはエンジニアからのガイドが必要になってきますが、ログ取得の調整が難しい場合など、とりあえず何か取っておきたい場合にはご活用ください。 <ダウンロード方法> 1. サポート診断ページへアクセスします。 https://home.diagnostics.support.microsoft.com ※ Microsoft ID が必要になる場合がございます。必要に応じて登録してください。 2. 診断パッケージの検索に、対象の製品名を入力します。 例 : System Centerや、Hyper-V 等 3. 表示されたリンクから、作成ボタンをクリックします。 4. ダウンロードボタンをクリックします。 5. ツールのダウンロードが始まります。 ※ 英数字の羅列がファイル名になりますが、この名前は変更しないでください。 6.ダウンロードしたファイルを実行します。 7. Save to run later on another PC を選択します。 8. Portable_Diagnostic.exe が作成されるので、あとは、対象のサーバー上で実行しましょう。 ※ Portable_Diagnostic.exe は、対象の製品ごとに動作内容が異なります。 また、製品のバージョンアップに伴い、ツール自体も更新されていきます。 まずは、既定の設定で問題ないですが、今後、本ブログにおいて、設定の詳細について、解説していきたいと思います。 DPM については、こちらの記事にて詳細を解説しています。 [改訂版] DPM のお問い合わせにおける自動情報収集ツールについて http://blogs.technet.com/b/systemcenterjp/archive/2014/04/23/3627969.aspx…


システム センター 2012 R2 の Virtual Machine Manager の更新プログラムのロールアップ 5 のプレビューをお試しいただけます。

こんにちは、日本マイクロソフト System Center Support Team の益戸です。 先日、System Center 2012 R2 の最新版ロールアップ 4 がリリースされました。 加えて Virtual Machine Manager では、既に次の更新プログラムである ロールアップ 5 のプレビュー版をダウンロードいただく事が出来るようになりました。 システム センター 2012 R2 の Virtual Machine Manager の更新プログラムのロールアップ 5 のプレビューhttp://support.microsoft.com/kb/3011473 もちろん、プレビュー版となりますため、本番環境へは適用いただく事ができません。しかしながら、次の更新プログラムにて追加される機能や修正予定の問題について、その有効性を事前に確認いただく事ができます。Azure Site Recovery(ASR) を利用したサイト間でのストレージ・ボリュームのフェイルオーバーテストなど、Azure と連携する機能も含まれておりますので、ぜひテスト環境にてお試しください!!


[DPM] SharePoint のバックアップ時に I/O が長期間凍結される

こんにちは、System Center サポート チームの濱中です。   本日は、System Center Data Protection Manager (DPM) を使用して SharePoint ファームをバックアップするタイミングで I/O が長期間凍結されるという事象に対する修正プログラムをご案内します。この事象は DPM の全てのバージョン、さらには DPM 以外のバックアップ アプリケーションを使用されている環境でも発生する恐れがあります。  この事象が発生した場合には、バックアップ中の SQL Server データベース (以下 DB) の I/O が凍結されます。そのため、事象が発生した DB がコンテンツ DB であった場合には、I/O が凍結されている間、 SharePoint のサイトにアクセスできなくなる可能性があります。なお、バックアップ自体は成功する場合と失敗する場合があります。   – VSS の凍結処理について DPM は OS のボリューム シャドウコピー サービス (VSS) という仕組みを利用してバックアップを実行しています。VSS の仕組みでは、バックアップ開始の際に VSS リクエスターが VSS に対してスナップショットと呼ばれる静止点の作成を要求します。この VSS…


System Center 2012 SP1 更新プログラム最新版 (Update Rollup 8) がリリースされました!!

こんにちは、日本マイクロソフト System Center Support Team の益戸です。   2014年10月29日に System Center 2012 SP1 向けに Update Rollup 8 (UR8) がリリースされましたのでお知らせいたします。    Update Rollup 8 for System Center 2012 Service Pack 1  http://support.microsoft.com/kb/2991990/ja   このリリースでは、以下の製品に対して修正プログラムが提供されています。本修正プログラムは、Microsoft Update 経由で更新プログラムをダウンロードしてインストールすることができます。また、オフラインの環境では、Microsoft Update Catalog を通じてダウンロードしたパッケージを手動で適用することもできます。  詳細な適用手順や、修正内容については、それぞれのリンクをご参照ください。    •Data Protection Manager (KB2991995)   http://support.microsoft.com/kb/2991995/ja   * 修正プログラム適用後に、Agent のアップグレードが必要です。Agent アップグレード後は再起動が必要になる場合があります。    •Operations Manager (KB2991997)   http://support.microsoft.com/kb/2991997/ja   * 修正プログラム適用後に、SQL…


System Center 2012 R2 更新プログラム最新版 (Update Rollup 4) がリリースされました!!

こんにちは、日本マイクロソフト System Center Support Team の益戸です。    2014年10月29日に System Center 2012 R2 向けに Update Rollup 4 (UR4) がリリースされましたのでお知らせいたします。    Update Rollup 4 for System Center 2012 R2  http://support.microsoft.com/kb/2992012/ja    このリリースでは、以下の製品に対して修正プログラムが提供されています。本修正プログラムは、Microsoft Update 経由で更新プログラムをダウンロードしてインストールすることができます。また、オフラインの環境では、Microsoft Update Catalog を通じてダウンロードしたパッケージを手動で適用することもできます。  詳細な適用手順や、修正内容については、それぞれのリンクをご参照ください。    •Data Protection Manager (KB3009516)   http://support.microsoft.com/kb/3009516/ja   * 修正プログラム適用後に、Agent のアップグレードが必要です。Agent アップグレード後は再起動が必要です。    •Operations Manager (KB2992020)   http://support.microsoft.com/kb/2992020/ja   * 修正プログラム適用後に、SQL script によるデータベース更新と管理パックのインポート、Agent…


System Center Technical Preview が公開されました!!

こんにちは、日本マイクロソフト System Center Support Team の益戸です。 日本時間10月1日、次期Windowsのプレビューイベントはご覧いただきましたでしょうか。 Windows 10 のテクニカルプレビューも入手いただける状況となり、さっそく試していただいている方も多いかと思います。 System Center 製品についても、以下のテクニカルプレビューをご利用いただくことができます。 * System Center Technical Preview Service Manager * System Center Technical Preview Virtual Machine Manager * System Center Technical Preview Operations Manager * System Center Technical Preview Orchestrator * System Center Technical Preview Data Protection Manager ご利用の際は、MSDN または TechNet Evaluation Center よりダウンロードすることができます。…


Windows Server Cluster 管理パック (Version 6.0.7230.0) 利用時に言語パックがインポートできない問題について

こんにちは、日本マイクロソフトの佐々木です。         今回は、2014年8月22日にリリースされた クラスタ管理パック (Version 6.0.7230.0) に関する既知の問題についてご案内します。 こちらの管理パックをご利用頂く場合、管理パックをローカルの言語に表示するための “言語パック” をインポートする際に失敗することがあります。 具体的には、Windows Server 2012 R2 用のクラスタ管理パック(ファイル名: Microsoft.Windows.2012.R2.Cluster.Management.Monitoring.mp) の最新のバージョンである Version 6.0.7230.0 を新規にインポートし、 併せて Windows Server 2012 R2 クラスター管理監視言語パック(ファイル名: Microsoft.Windows.2012.R2.Cluster.Management.Monitoring.JPN.mp) をインポートすると以下の画面のエラーとなり、インポートに失敗します。 この問題はクラスタ管理パックおよび言語パックを新規にインポートする場合に限って発生します。 現時点でクラスタ管理パックを新規にインポートしてご利用頂く場合は、Windows Server 2012 R2 用のクラスタ管理パックについては、言語パックをインポートせず、英語版としてご利用ください。 この問題は、現時点での最新バージョンである Version 6.0.7230.0 のクラスタ管理パックに下位互換性が保たれていないために発生します。 既に以前のバージョンのクラスタ管理パックおよび言語パックがインポートされている環境で、クラスタ管理パックのみを上書きでインポートした場合は、問題は発生しません。(利用についても問題はありません。) ※言語パックをインポートせずに旧バージョンのクラスタ管理パックをご利用頂いており、今回のバージョンへのアップデートと併せて言語パックのインポートを予定している場合は、 初めに言語パックを導入していただき、その後で新しいクラスタ管理パックをインポートして頂ければ現象を回避することができます。 – エラー画面 この問題は日本語の言語パック以外のその他の言語パックでも同様に発生します。 本件については進展があり次第、本ブログで情報をアップデートしますのでお待ちください。 ※2014年12月16日更新  現在は修正済みの言語パックを公開しております。 以下より「SC Management Pack for Cluster.JPN.msi」をダウンロードしてください。    > System…


任意のレジストリ値を ハードウェア インベントリ として取得する方法

こんにちは。System Center Configuration Manager サポート チームです。 今回は、System Center Configuration Manager (以下、Configuration Manager) でハードウェア インベントリで収集する情報を拡張する手順をご案内いたします。 Configuration Manager では、管理するクライアントの情報をインベントリ情報として収集することができます。既定で収集する情報以外にも、特定のレジストリ値を収集したいとご要望をいただくことが多々ありますので、手順を案内させていただきます。 今回の手順では Internet Explorer のバージョン情報を含む以下のレジストリ値を採取します。 キー:HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Microsoft¥Internet Explorer 値:Version Step1: MOF ファイルの作成 インベントリとして収集するための情報を拡張するには、MOF ファイルを作成する必要があります。本手順では、MOF ファイルを簡単に作成することができる、外部無料ツール RegKeyToMOF  を使用します。   1. RegKeyToMOF  を起動し、画面左上から、採取したいキーを選択します。 (今回は Internet Explorer のバージョンを取るため、”Internet Explorer” キーをクリックします。) 次に右上の画面より、選択したキー配下の取得したい値を選択します。 2. “ClassGroup”  には任意の名前を入れ、ConfMgr12 が選択してあることを確認します。 そして、”configuration.mof”/ “to import In Admin/Agent Settings/HardwereInventory/SetClasses/Import” タブを、それぞれ、コピーして、メモ帳等に内容を貼り付け、拡張子を “.mof” にして、MOF ファイルとして保存します。 3….


DPM 2012 SP1 / 2012 R2 Agent インストールについて

こんにちは、日本マイクロソフト System Center Support Team の益戸です。   Data Protection Manager (以下、DPM) では、Agent を以下の2通りの方法でインストールすることができます。   1. DPM サーバーからのプッシュインストール 2. DPM サーバーから最新の Agent モジュールをコピーし、保護対象コンピューター側で手動インストール   これは、DPM が同一ドメインや相互信頼関係のあるドメインに属するコンピューターに加えて、ワークグループや信頼関係の無いドメインに属するコンピューターも保護するためです。 今回は、プッシュインストールする際の前提条件や、手動でインストールする際の注意点などをまとめました。 なお、プッシュインストールについては、DPM サーバーと保護対象コンピューター間のネットワーク要件等もあるため、失敗が続くようであれば、手動インストールでの切り分けや対応を検討してください。   —————————————— 1. DPM サーバーからのプッシュインストール —————————————— * System Center 2012 Data Protection Manager SP1 をご利用の場合 (2014.8時点)   オペレーティング システム プッシュ インストール 前提モジュール Windows 8.1 (32 bit/64 bit)…


System Center 2012 R2 更新プログラム最新版 (Update Rollup 3) がリリースされました!!

こんにちは、日本マイクロソフト System Center Support Team の益戸です。 2014年7月29日に System Center 2012 R2 向けに Update Rollup 3 (UR3) がリリースされましたのでお知らせいたします。 Update Rollup 3 for System Center 2012 R2 http://support.microsoft.com/kb/2965090/ja   このリリースでは、以下の製品に対して修正プログラムが提供されています。本修正プログラムは、Microsoft Update 経由で更新プログラムをダウンロードしてインストールすることができます。また、オフラインの環境では、Microsoft Update Catalog を通じてダウンロードしたパッケージを手動で適用することもできます。 詳細な適用手順や、修正内容については、それぞれのリンクをご参照ください。   •Data Protection Manager  http://support.microsoft.com/kb/2966014/ja  * 修正プログラム適用後に、Agent のアップグレードが必要です。Agent アップグレード後は再起動が必要です。   •Operations Manager  http://support.microsoft.com/kb/2965445/ja  * 修正プログラム適用後に、SQL script によるデータベース更新と管理パックのインポートが必要です。   •UNIX and Linux…