[SCCM 2012] System Center 2012 Configuration Manager Service Pack 1 CU1 がリリースされました

こんにちは。システム センター サポートの本田です。 System Center 2012 Configuration Manager Service Pack 1 用に 累積アップデート 1 (Cumulative Update 1, CU1) がリリースされました。 2013 年 3 月現在の最新版となります。SP1 への累積アップデートとなりますので、SP1 環境であることが前提条件となります。 修正内容や、適用時の方法・注意事項については技術情報をご参考下さい。 技術情報: “Description of Cumulative Update 1 for System Center 2012 Configuration Manager Service Pack 1” http://support.microsoft.com/kb/2817245/en-us (英語) http://support.microsoft.com/kb/2817245/ja-jp (日本語機械翻訳) なお、System Center 2012 Configuration Manager の CU は多言語対応していますので、本 CU1 を英語環境にも、日本語環境にも、適用することができます。…

0

SCOM 2007 の SNMP を利用した監視の手順について

こんにちは。日本マイクロソフトの佐々木です。 System Center Operations Manager 2007 R2 (以下 SCOM 2007) でSNMP を利用した監視に関しては手順に関する技術情報が分散していることもあり必要となる手順の流れがわかりにくいというご意見を頂くことがあります。そこで、一連の流れについてまとめましたのでご参照いただければと思います。SNMP 監視の実装手順===================SNMP 監視を始めるためには、以下の作業項目を実施しておく必要があります。 A.) データの送信先の設定B.) ネットワーク機器の登録C.) プロキシーエージェントの設定D.) ルールあるいはモニタの作成 A.) データの送信先の設定———————————————–SNMP 監視対象でデータの送信先を設定します。今回のデータ送信先はSCOM 管理サーバー、またはエージェントがインストールされている任意のコンピューターとなります。この設定方法つきましては、各監視対象の製品マニュアル等をご参照下さい。 B.) ネットワーク機器の登録———————————————–“管理” ページにて “ネットワーク デバイス” を登録します。これにより、ルールおよびモニタの生成時に、[SNMP ネットワーク デバイス] ターゲットが使用できるようになります。デバイスの追加手順は以下の通りです。 1.) SCOM 管理コンソールで、[管理] ボタンをクリックします。2.) ナビゲーション ウィンドウの下部で、[検出ウィザード] をクリックします。3.) [自動、または詳細のどちらに設定しますか?] ページで、次の操作を行います。 3-1. [詳細な検出] をオンにします。 3-2. [コンピュータとデバイスのクラス] の一覧で、[ネットワーク デバイス] を選択します。3-3. [管理サーバー] ボックスの一覧で、オブジェクトを検出する管理サーバーまたはゲートウェイ サーバーをクリックします。 4.) [次へ] をクリックします。5.) [検出方法] ページで、次の操作を行います。 5-1….

0

[SCCM 2012] SCCM 2012 のステータス フィルター規則の既存の設定を変更すると、サイト ステータスやコンポーネント ステータスが更新されなくなる

こんにちは、System Center サポートの石井です。 日本語版 SCCM 2012 (SP 無し、SP1 問わず) において、”ステータス フィルター規則” の既存の設定を変更する場合に注意事項があります。 以下のように、サイトの “ステータス フィルター規則” の設定画面を開くと、既定で用意されたものが 13 個用意されています。 この既存の設定について、設定変更を行ってしまうと、サイト ステータスやコンポーネント ステータスが更新されなくなるという問題が発生します。 1. <問題の予防> 大きなニーズが無い限り、既存の設定についての設定変更は行わないようお願いします。新規の規則作成であれば問題は無いので、可能な限り新規追加にて対応をして下さい。 2. <問題の回避策> 既に何らかの設定変更を実施いただいており、サイト ステータスやコンポーネント ステータスが更新されない問題が発生している場合、後述の回避策を実施下さい。 3. <設定の変更が避けられない場合> 既存の規則について、エンド様の要件上、設定の変更が必要な場合には、設定変更後に回避策の実施を行うことで、設定を変更可能です。 この問題については、開発部門にフィードバックし、原因特定や改善に向けての調査を開始しております。問題の改善までの間、運用による回避にご協力をお願いいたします。   問題の影響度 ============= “サイト ステータス” や “コンポーネント ステータス″ といった、SCCM 2012 のサイトの役割において異常が発生していないか、監視する機能が停止してしまいます。 クライアント管理上、あるいはサーバーの動作上の実際の動作に影響はありません。しかしながら、万が一、何らかの内部エラーが発生し、コンポーネントが動作異常となった場合や、エラー検知した場合に、このような監視画面からエラーの発生を検知できません。 再現手順 ============= 事象発生時の再現手順の一例です。以下のように、”その他すべてのメッセージをサイト データベースに書き込み~” のステータス フィルター規則の保存日数を、既定の 30 日から 31 日に変更し、保存すると問題が発生します。…

0

[SCCM] ソフトウェアの更新の機能をご利用いただいている場合、WSUS は最新版へのアップデートをお願いします

SCCM 2012 や SCCM 2007 にて、ソフトウェアの更新をご利用いただいている場合には、WSUS 3.0 SP2 は最新版にアップデートを行っていただきますよう、お願いします。 アナウンス: <重要> WSUS の更新プログラムは確実に最新版の適用を行ってください http://blogs.technet.com/b/jpwsus/archive/2013/03/13/lt-gt-wsus.aspx SCCM 2012 や SCCM 2007 にて、Windows Server 2003 ~ Windows Server 2008 R2 の環境の場合には WSUS 3.0 SP2 を構築いただいている状況かと存じます。特に OS のバージョンによらず、KB2734608 のインストーラーを実行することで WSUS 3.0 SP2 が最新の状態となります。WSUS 単体として使用するわけではないので、WSUS 3.0 SP2 をインストールした後、そのまま、という方も多いかと存じますが、この機に最新版の適用をお願いします。 現在、WSUS 3.0 SP2 用の更新プログラムの最新版は KB2734608 となります。適用時には、以下参考情報もご参照下さい。 特に、「適用時の注意事項」 については、必ず事前にご一読願います。 WSUS 3.0 SP2 の…

0

System Center 2012 SP1 シリーズの評価ガイドが公開されました。

日本マイクロソフト System Center Support Team の宮崎です。ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、以下のサイトで System Center 2012 SP1 シリーズの評価ガイドを公開しています。 “System Center テクニカル リソース”http://technet.microsoft.com/ja-jp/systemcenter/default.aspx System Center 2012 SP1 の導入を検討する際に非常に有用な情報が満載ですので、ぜひ利用してみてください。よろしくお願いします。

0

System Center 2012 Configuration Manager のお役立ち情報リンクについて

こんにちは。システム センター サポートの本田です。 System Center 2012 Configuration Manager をご利用いただく上で、弊社が公開している手順書やサポート ツールなどの情報をご案内します。 Configuration Manager の評価や検証を実施いただく際に、ご活用ください。 (2015/1/8 更新 – KB 情報を追加しました。) 評価版のダウンロードやバーチャル ラボのご案内は、以下にございます。 – System Center 2012 Configuration Manager http://technet.microsoft.com/ja-jp/systemcenter/hh285244 – System Center 2012 Configuration Manager 評価版 https://www.microsoft.com/ja-jp/server-cloud/system-center/configuration-manager-2012-trial.aspx ■ 手順書 マイクロソフトおよびマイクロソフト公認パートナーが提供するガイドを、以下にご案内します。 ■ System Center 2012 R2 Configuration Manager – System Center 2012 R2 Configuration Manager 評価ガイド-機能紹介とアーキテクチャ編 http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=41674 – System…

0

[SCCM 2012] SCCM 2012 サイト データベースを SQL Server 2012 にアップグレードする場合の注意事項

こんにちは。System Center サポート部の鈴木です。 今日は、System Center 2012 Configuration Manager SP1 環境における SQL Server 2012 と他のバージョンとの混在環境のサポート状況についてご案内します。 System Center 2012 Configuration Manager SP1 では、サイトデータベースをホストする SQL Server のバージョンとして、SQL Server 2012、SQL Server 2008 R2、SQL Server 2008 がサポートされています。複数のサイトからConfiguration Manager の階層が構成されている環境では、SQL Server 2012 をサイトデータベースとして使用する場合注意が必要です。 まず、サイトデータベースをSQL Server 2012にアップグレードする場合の順序について以下の制約があります。 1.セカンダリ サイト サーバーより先にプライマリ サイト サーバーのSQL サーバーのバージョンを SQL server 2012 にアップグレードしないでください。 2.中央管理サイト (CAS) サーバーより先にプライマリ サイト サーバーの…

0

DPM 2012 SP1 のロールアップ パッケージの最新版 (2013 年 1 月版) が公開されました

 こんにちは、System Center サポート部の濱中です。先日、DPM 2012 のサービスパック (SP1) が公開されましたが、さらに最新のロールアップ更新プログラム (RU1) が公開されておりますのでご紹介いたします。DPM の更新プログラムは KB2802095 となります。後程、お伝えいたします通り、当ロールアップには DPM 2012 SP1 日本語環境で発生する可能性が高い不具合の修正が含まれておりますので、SP1 適用の際には、是非とも、併せてのご適用をお願いいたします。 Description of Update Rollup 1 for System Center 2012 Service Pack 1 http://support.microsoft.com/kb/2785682http://support.microsoft.com/kb/2785682/en (英語版)   – ダウンロード:作業を実施する DPM サーバーにて、上記技術情報の案内に従って [Windows Update] を実行し、ダウンロード ・ インストールを実行してください。また、DPM サーバーがインターネットに接続していない環境では、予め、技術情報 KB2785682 上のリンクからダウンロードして、手動インストールすることも可能です (下の画像をご覧ください)。手順も、後述の [手動ダウンロードの方法] でご案内しておりますので、ご参照ください。   – 今回のロールアップでの修正点 今回のロールアップでの修正点は、以下のような事象に対応するものとなっておりますが、特に事象 2 は、DPM 2012 日本語環境にて発生する可能性が非常に高いものとなっております ( [補足1:…

0

System Center 2012 Operations Manager SP1 では、[新しいレポートのデザイン] ([create a new report]) が表示されません

日本マイクロソフト System Center Support Team の宮崎です。System Center 2012 Operations Manager SP1 について、新しい技術情報を公開いたしました。今回の技術情報では、レポート ビルダーを起動するためのリンクがコンソールから削除された点と、代替手段について記載しています。以下の通り、System Center Operations Manager 2007 R2 では存在したリンクが、System Center 2012 Operations Manager SP1 ではなくなっています。なおスクリーンショットはありませんが、System Center 2012 Operations Manager ではまだリンクが残っています。   System Center Operations Manager 2007 R2 System Center 2012 Operations Manager SP1     特に ACS を利用する場合にはレポート ビルダーを使用することになるかと思いますので、ぜひご参照ください。 “System Center 2012 Operations Manager SP1…

0

[SCCM 2012] OS 展開の評価ガイド

こんにちは、System Center サポートの石井です。 SCCM 2012 による、クライアント OS の展開方法について、評価環境の構築手順書が公開されております。 SCCM 2012 でのクライアント OS 展開 評価環境構築手順 http://blogs.technet.com/b/infrajp/archive/2012/10/10/sccm-2012-os.aspx OS 展開は非常に魅力的な機能ですが、トラブルシュートが非常に難しい機能の一つです。 タスクシーケンスにて、アプリケーションのインストールなど、複雑なカスタマイズを行う場合には、最小構成からスタートし、手順追加ごとに十分な検証をいただくことをお奨めします。 ※ 検証において、DHCP サーバーは社内ネットワークに接続なさらないよう、ご注意願います。DHCP サーバーを用いた展開を行う場合には、クローズドなネットワークで検証して下さい。

0