DPM を利用した Hyper-V ゲスト OS のリストアについて


こんにちは。日本マイクロソフトの松田です。

DPM 2012 R2 を利用してHyper-V のゲスト OS のリストアする際に、以下のように「ネットワーク フォルダーにコピーする」しか選択できないとお困りの場合には、当ブログにてお伝えする注意点をご確認下さい。
 

上記の状況となって、「元のインスタンスに回復する」等が選べずにお困りの際には、仮想マシン自身ではなく、VHDが選択されている可能性がありますので、リストアを選択した際の状況を確認してみてください。

以下のように仮想マシンではなく、仮想ディスクが選択された状態では、「ネットワーク フォルダーにコピーする」しか選択できません。
 

下記のように、きちんと、仮想マシンを選択した状態で、リストアを選択すると意図したリストア オプションが選択できます。

なお、この状態で仮想マシンをダブルクリックしてしまいますと、上の画面のようにVHD が選択された状態となってしまいますので、ご注意下さい。

この状態では「ネットワーク フォルダーにコピーする」以外のオプションも選択できます。

 

 

 

 

Comments (0)

Skip to main content