System Center 2012 Configuration Manager Service Pack 1 Cumulative Update 3 が利用可能になりました


こんにちは。System Center サポート担当の岩丸です。

System Center 2012 Configuration Manager Service Pack 1 Cumulative Update 3 が、hotfix KB 2882125 としてダウンロード可能となりました。

http://support.microsoft.com/kb/2882125

このアップデートでは、様々な修正点、Endpoint Protection クライアントの新しいバージョン、そして Windows 8.1 ベースのクライアントのサポートが提供されます。

 

CU 3 における、SQL スクリプトの変更点

CU3 では、新しいバージョンの SQL CLR ストアド プロシージャが導入されます。

この変更によって、update.sql スクリプトを手動で実行してアップデートする場合には、いくつかの追加のステップが必要となります。

CU3 のインストール後に、手動で update.sql スクリプトを実行するには、以下のステップを実行してください。

 

サイトサーバーにサイトデータベースがインストールされている場合

1. CU3 アップデート後に、サイトサーバー上で \bin\x64\MessangeHandlerService.dll ファイルの場所を確認します。

2. Configuration Manager インストールフォルダ配下の、\hotfix\KB2882125 フォルダ内に存在する、update.sql ファイルをテキスト エディターで開き、以下の文字列を検索します。

[[SMS_ROOT]]\bin\x64\MessageHandlerService.dll

この文字列を、このファイルが格納されている場所のフルパスに置換します。

(例) C:\Program Files\Microsoft Configuration Manager\bin\x64\MessageHandlerService.dll

3. SQL Management Studio でサイト データベースに接続し、update.sql スクリプトを実行します。

 

サイト データベースが、サイトサーバー以外の、リモートの SQL インスタンスにインストールされている場合

1. CU3 アップデート後に、サイトサーバー上で \bin\x64\MessangeHandlerService.dll ファイルの場所を確認します。

2. 上記のファイルと update.sql スクリプトを、SQL サーバー上へ一時的にコピーします。 (例) D:\Temp など

3. SQL サーバー上で update.sql ファイルをテキスト エディターで開き、以下の文字列を検索します。

[[SMS_ROOT]]\bin\x64\MessageHandlerService.dll

この文字列を、このファイルが格納されている場所のフルパスに置換します。

(例) D:\Temp\MessageHandlerService.dll

4. update.sql スクリプトを実行します。

5. 2. で手動コピーした DLL ファイルとスクリプトを削除します。

 

手順は以上となります。

 

他の累積的な更新と同様、今回のリリースもオプション的なアップデートであり製品のライフサイクルには影響しません。

累積的な更新についてのより詳細な情報につきましては、以下の技術文書およびブログ記事 [英文] をご参照ください。

System Center 2012 Configuration Manager の更新
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/jj553405.aspx

New cumulative update servicing model for System Center 2012 Configuration Manager [英文]
http://blogs.technet.com/b/configmgrteam/archive/2012/08/10/new-servicing-model-for-configmgr.aspx

 

※追記

CU 3 以降に発見された問題に対するホット フィックスが、以下の通り公開されました。

システム センター 2012年構成マネージャー sp1 では、ポスト CU3 の更新

http://support.microsoft.com/kb/2894539

このホット フィックスにより解決される問題は以下の通りです。

問題 1 : CU3 適用の SQL のパートにおいて、SQL インスタンスの日時が DD/MM/YYYY フォーマットで定義されている場合に適用が失敗します。

問題 2 : すべての Windows RT および すべての Windows 8.1 Preview が、サポートされたプラットフォームのエントリ リストに表示されません。

問題 3 : タスクシーケンスにおいて、オプションタブの条件に Windows 8.1 を含む場合に例外が発生します。

 

コミュニティにおけるマイクロソフト社員による発言やコメントは、マイクロソフトの正式な見解またはコメントではありません。

 

Comments (0)

Skip to main content