System Center 2012 Configuration Manager Service Pack 1 の Linux/UNIX クライアントがバージョン アップしました。 (2013/6/10)


こんにちは。システム センター サポートの本田です。

System Center 2012 Configuration Manager Service Pack 1 では、管理対象として、Linux、UNIX クライアントがサポートされております。管理するためには、Linux、UNIX 用のクライアント モジュールをインストールする必要がありますが、2013/6/10 に不具合の修正を含む新しいバージョンがリリースされました。

新しいクライアント モジュールは以下から入手することができます。インストール方法につきましても説明がございますので、ご確認ください。

Microsoft System Center 2012 Service Pack 1 Configuration Manager - その他のオペレーティング システム用クライアント
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=36212

今回のビルド バージョン 1.0.0.4648 で行われた主な修正内容は以下の通りです。

・以下のオペレーティング システムが、サポート対象として追加されました。
AIX, HP-UX, Solaris 11, CentOS, Debian, Oracle Linux, Ubuntu

・Open Management Infrastructure CIM server (OMI Version 1.0.6.5) を使用するようになりました。

・異なる Linux ディストリビューションでサポートされる共通エージェント モデルが改善されました。

・バグが修正されました。

上記内容は、以下の海外サポート チームの blog や Technet ライブラリにも公開されておりますので、ご確認ください。

Now available: Cumulative Update 1 for System Center 2012 Configuration Manager SP1 clients for Linux/UNIX
http://blogs.technet.com/b/configurationmgr/archive/2013/06/12/now-available-cumulative-update-1-for-system-center-2012-configuration-manager-sp1-clients-for-linux-unix.aspx

What’s New in Cumulative Update 1 for the Client for Linux and UNIX
http://technet.microsoft.com/en-us/library/gg682132.aspx#BKMK_LinixUNIX


Comments (0)

Skip to main content