System Center 2012 Configuration Manager Service Pack 1 にて、Mac OS X 10.8 (Mountain Lion) がサポートされました。


こんにちは。システム センター サポートの本田です。

System Center 2012 Configuration Manager Service Pack 1 (以降、SCCM 2012 SP1) では、管理対象として、Mac OS X 10.6 (Snow Leopard)、10.7 (Lion) を搭載した Mac コンピューターがサポートされておりましたが、Mac OS X 10.8 (Mountain Lion) もサポートされるようになりました。

Mac OS X 10.8 クライアントを管理するために、必要なモジュールは以下の通りです。

– サーバー側
SCCM 2012 SP1 CU1 (KB2817245) を適用することで、アプリケーション展開やコンプライアンス設定の構成項目作成の際に使用できるプラットフォームの一覧において、Mac OS X 10.8 が選択できるようになります。

Description of Cumulative Update 1 for System Center 2012 Configuration Manager Service Pack 1
http://support.microsoft.com/kb/2817245/en-us

– クライアント側
Mac OS X 10.8 がサポートされる最新の Mac コンピューター用 SCCM クライアント モジュールは以下のサイトより入手することができます。

Microsoft System Center 2012 Service Pack 1 Configuration Manager – Clients for Additional Operating Systems
http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=36212

上記内容は、以下の海外サポート チームの blog にも公開されておりますので、ご確認ください。

Now Available: Cumulative Update 1 for System Center 2012 Configuration Manager Service Pack 1 and Updated Mac Client for System Center 2012 Configuration Manager Service Pack 1
http://blogs.technet.com/b/configmgrteam/archive/2013/03/29/now-available-cu1-and-updated-mac-client-for-cm2012sp1.aspx

Comments (0)

Skip to main content