[SCCM 2012] SCCM 2012 サイト データベースを SQL Server 2012 にアップグレードする場合の注意事項


こんにちは。System Center サポート部の鈴木です。

今日は、System Center 2012 Configuration Manager SP1 環境における SQL Server 2012 と他のバージョンとの混在環境のサポート状況についてご案内します。

System Center 2012 Configuration Manager SP1 では、サイトデータベースをホストする SQL Server のバージョンとして、SQL Server 2012、SQL Server 2008 R2、SQL Server 2008 がサポートされています。
複数のサイトからConfiguration Manager の階層が構成されている環境では、SQL Server 2012 をサイトデータベースとして使用する場合注意が必要です。

まず、サイトデータベースをSQL Server 2012にアップグレードする場合の順序について以下の制約があります。

1.セカンダリ サイト サーバーより先にプライマリ サイト サーバーのSQL サーバーのバージョンを SQL server 2012 にアップグレードしないでください。

2.中央管理サイト (CAS) サーバーより先にプライマリ サイト サーバーの SQL サーバーのバージョンを SQL server 2012 にアップグレードしないでください。


以上より、サイト階層内のサイトデータベースをホストしている SQL Server のバージョンが混在できる構成は以下となります。

CAS — SQL Server 2008(R2) もしくは SQL Server 2012
プライマリサイト — SQL Server 2008(R2)
セカンダリサイト — SQL Server 2008(R2)、もしくは、SQL Server 2012

つまり、CAS のサイト データベースが SQL Server 2008 R2 である場合に、プライマリ サイトのサイト データベースだけを SQL Server 2012 として利用することは非サポートです。自身の配下にあるすべてのセカンダリ サイト、および CAS が SQL Server 2012 である場合のみ、プライマリサイトで SQL Server 2012 をサイト データベースとして利用できます。


また、最終的に、全環境を SQL Server 2012 にする場合、”CAS -> セカンダリ サイト -> プライマリ サイト” の順番で SQL Server のアップグレードをします。

Comments (0)

Skip to main content