[SCCM] SCCM 2007 と 2012 における Windows 8/Windows Server 2012 のサポートについて


// 2013 年 6 月 25 日更新


Windows 8/Windows Server 2012 がリリースされましたが、System Center Configuration Manager 2007 (以下 SCCM 2007)、および System Center 2012 Configuration Manager (以下 SCCM 2012) における、サポートについて最新情報をご紹介いたします。

また、SCCM から System Center 2012 Endpoint Protection (以下 SCEP) や Forefront Endpoint Protection 2010 (以下 FEP) の管理を行っている場合の対応方法も記載しますので、後半の項目をご確認ください。

 

SCCM 2007
———————————————
SCCM 2007 SP2 に、下記更新プログラムをインストールすることで、Windows 8 と Windows Server 2012 を管理可能となります。

Update adds support for Windows 8-based client computers in System Center Configuration Manager 2007 SP2
http://support.microsoft.com/kb/2750782/en-us (英語版)
http://support.microsoft.com/kb/2750782/ja-jp (日本語機械翻訳)

              適用にあたっての注意事項:
              ———————————
              -> 当該修正プログラムは、サーバー (サイト サーバー、リモート管理コンソール、リモート SMS プロバイダ)、およびクライアントに適用することができます。クライアントへの直接のアップデート適用は出来ず、一度本更新プログラムを適用したサイト サーバーから、更新適用後に作成されるクライアント更新プログラムのパッケージを使用して展開を行う必要があります。

              ※ クライアント側修正プログラム (Sccm2007ac-sp2-kb2698619-x86-enu.msp) は、R3 で追加された電源管理機能に関する修正プログラムである KB977384 のクライアント側修正プログラム (Sccm2007ac-sp2-kb977384-x86-enu.msp) の内容を置換するものとなります。 そのため、Windows 8 / Windows Server 2012 クライアントのみならず、その他の SCCM が管理できる OS のクライアントにおいても適用可能な修正プログラムとなります。電源管理機能に関連する問題の修正も含まれておりますので、本機能をご利用の場合は、適用いただくことをお勧めいたします。

              -> クライアントに更新プログラムを展開する場合で、AD スキーマ拡張しておらず、サーバー ロケーター ポイント (SLP) のみを使ってクライアントからのサイトの発見を行っている場合には、クライアントのアップデートにおいて注意が必要です。下記技術情報をご参考ください。

              SCCM 2007 のクライアントの修正プログラム適用時の注意点について
              http://blogs.technet.com/b/systemcenterjp/archive/2011/09/28/sccm-2007.aspx

              -> 更新プログラムをサーバーに適用する際に、SCCM のサービスの再起動が行われます。このサービス再起動に 30 秒以上かかる環境の場合、タイムアウトして適用に失敗し、インストール処理がロールバックされます。そのような場合、サービスの再起動のタイムアウト猶予を下記レジストリ キーにて延長します。

              HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control
              名前: ServicesPipeTimeout
              型: DWORD 値
              値: 150000 (単位はミリ秒です。この場合、150秒に延長しています。OS の既定値は 30 秒です。)

              上記レジストリの変更後は、システムを再起動する必要があります。レジストリの変更を行い、システム再起動後、再度更新プログラムを適用して下さい。
              ———————————

また、Windows 8 と Windows Server 2012 の更新プログラムへの対応のため、ソフトウェアの更新ポイントとして使用している WSUS がインストールされたサーバーには、以下の更新プログラムを適用している必要があります。※ 従って WSUS 3.0 SP2 である必要があります。

An update for Windows Server Update Services 3.0 Service Pack 2 is available (KB2734608)
http://support.microsoft.com/kb/2734608/en-us (英語版)
http://support.microsoft.com/kb/2734608/ja-jp (日本語機械翻訳)

 

SCCM 2007 からの Windows 8 と Windows Server 2012 対応においては、以下の点にご注意下さい。

– 対応は、あくまで Windows 8 と Windows Server 2012 を管理下とすることです。Windows 8 や Windows Server 2012 に SCCM 2007 のサイト システムのいかなる役割を持たせることも出来ません。
– インベントリ、ソフトウェアの配布、ソフトウェアの更新、必要な構成管理といった機能はすべて動作します。しかしながら、Windows 8 と Windows Server 2012 を OS 展開の機能にて展開することは原則出来ません。Microsoft Deployment Toolkit (MDT) を使用し、カスタマイズする必要があります。
– Windows 8 の新機能の管理、例えば従量課金接続 (Metered Internet Connections)、Windows To Go といった機能には対応していません。
Windows 8、Windows Server 2012 コンピューターにおいては、以下の技術情報に報告されている既知の問題に合致する場合、ハードウェア インベントリが収集できない現象が発生します。

3.0 の USB 拡張ホスト コント ローラーの [FriendlyName] 値の CR と LF 文字の Windows 8 と Windows Server 2012 でアプリケーションを照会しません。
http://support.microsoft.com/kb/2822343

この問題に対応する更新プログラムは以下の通りとなります。

Windows 8 および Windows Server 2012 の更新プログラムのロールアップ (2013 年 4 月)
http://support.microsoft.com/kb/2822241

問題が発生した場合は、Windows 8、Windows Server 2012 コンピューターに本更新プログラムを適用していただく必要がありますので、ご確認ください。


SCCM 2012

———————————————
SCCM 2012 については、Service Pack 1 の適用を行う事で Windows 8 と Windows Server 2012 に対応出来ます。
SCCM 2012 SP1 無しの状態ですと、Windows 8 と Windows Server 2012 には非対応ですので、ご注意下さい。

また、WSUS 3.0 SP2 がインストールされた、ソフトウェアの更新ポイントにおいては、上記 KB 2734608 を適用する必要があります。


SCCM で管理する SCEP や FEP の Windows 8/ Windows Server 2012 対応状況

———————————————
SC 2012 Endpoint Protection は、SC 2012 SP1 にて Windows 8 と Windows Server 2012 に対応します。

SCCM 2007 SP2 から FEP を管理している場合には、以下の更新プログラムを適用することで、Winodws 8 と Windows Server 2012 に対応し、管理可能となります。
SCCM 2007 の更新プログラム 2750782 と同様、まずは SCCM 2007 サーバー側に適用することで、FEP クライアントのアップデートのためのパッケージが作成されます。このパッケージを展開することで、クライアント側のアップデートを行います。

Update adds Windows 8 and Windows Server 2012 support to Forefront Endpoint Protection 2010 clients
http://support.microsoft.com/kb/2758685/en-us (英語版)
http://support.microsoft.com/kb/2758685/ja-jp (日本語機械翻訳)

              -> SCCM 2007 環境においては、SCCM 2007 SP2 を適用している必要があります。
              -> 適用対象のサーバーには、FEP のロールアップ更新 1 を事前に適用している必要があります。(http://support.microsoft.com/kb/2551095)



参考情報:
Update on Windows 8 and Windows Server 2012 support in Configuration Manager and Endpoint Protection
http://blogs.technet.com/b/configmgrteam/archive/2012/10/31/update-on-windows-8-and-windows-server-2012-support-in-cm-and-ep.aspx

 

Comments (0)

Skip to main content