SCCM の Windows 8、Windows Server 2012 対応状況について


こんにちは。System Center Support の本田です。

2012 年 10 月 26 日 (金曜日) に、遂に Windows 8 の一般販売が開始されました。
皆様は、もうお試しになられましたでしょうか。

そこで、今回は SCCM 2007、及び SCCM 2012 の Windows 8、Windows Server 2012 の対応状況について、ご案内いたします。

現時点では、SCCM 2007、及び SCCM 2012 において、Windows 8、Windows Server 2012 コンピューターの管理はサポートされておりません。
但し、2013 年前半頃に、SCCM 2007 SP2、及び SCCM 2012 SP1 にて、下記エディションの Windows 8、及び Windows Server 2012 コンピューターの管理をサポートする旨が米国の SCCM チームのブログにて報告されています。

・Windows 8 Pro
・Windows 8 Enterprise
・Windows Server 2012 Standard
・Windows Server 2012 Datacenter
※ SCCM 2007 の「OS の展開」機能を利用した、Windows 8、及び Windows Server 2012 の展開は、サポート予定はありません。また、SCCM 2007 のサイト サーバーやサイト システムとして、Windows Server 2012 がサポートされる予定はありません。

参考情報:
"Support Questions about Windows 8 and Windows Server 2012 for Configuration Manager and Endpoint Protection"
http://blogs.technet.com/b/configmgrteam/archive/2012/09/10/support-questions-about-windows-8-and-windows-server-2012.aspx

上記ブログで報告されている内容について、以下に翻訳しましたので、ご参考ください。

Q. Windows 8、及び Windows Server 2012 がサポートされる SCCM のバージョンは?
A. Windows 8、及び Windows Server 2012は、SCCM 2012 SP1、及び SCCM 2007 SP2 (R2、R3 を含む) でサポートされる予定です。これらのサポートや更新プログラムの提供は、2013 年初頭にリリース予定の SCCM 2012 SP1 と同時期を予定しています。

- 詳細情報
System Center 2012 Configuration Manager Service Pack 1:
SCCM 2012 SP 1 では、以下の OS が新たにサポートされる予定です。

・Windows 8 Pro
・Windows 8 Enterprise
・Windows Server 2012 Standard
・Windows Server 2012 Datacenter

Note: 上記 OS を配布ポイントとして利用する場合も、サポートされる予定です。

また、サイト サーバーや、SMS プロバイダー、管理ポイントを含む全てのサイトシステムの役割を構築するサーバーとして、以下の OS がサポートされる予定です。

・Windows Server 2012 Standard
・Windows Server 2012 Datacenter

System Center Configuration Manager 2007 Service Pack 2:
SCCM 2012 SP1 と同様に、SCCM 2007 SP2 (R2、R3 を含む) においても、以下の OS が新たにサポートされる予定です。

・Windows 8 Pro
・Windows 8 Enterprise
・Windows Server 2012 Standard
・Windows Server 2012 Datacenter

Note: 上記 OS のクライアント管理はサポートされる予定ですが、SCCM 2007 の「OS の展開」機能を利用した、Windows 8、及び Windows Server 2012 の展開につきましては、サポート予定はございません。また、SCCM 2007 のサイト サーバーや、サイト システムとして、Windows Server 2012 がサポートされる予定はございません。

ご案内は以上です。

コミュニティにおけるマイクロソフト社員による発言やコメントは、マイクロソフトの正式な見解またはコメントではありません。


Comments (0)

Skip to main content