Microsoft Virtual Machine Converter Solution Accelerator がリリースされました。


日本マイクロソフト System Center Support Team の宮崎です。今回は、System Center Virtual Machine Manager (以下、SCVMM) に関連する話題として、Microsoft Virtual Machine Converter Solution Accelerator を紹介します。
このツールは、VMWare 上で動作している仮想マシンを Hyper-V に移行するためのツールです。SCVMM にも同様の機能がありますが、このツールはなんと無料です。また SCVMM と比較して移行機能に特化している分、よりトラブルも発生しにくくなっています。もし SCVMM で仮想マシンの移行処理が失敗する場合には、こちらのツールを試してみることでうまく行く可能性もあります。
このツールは以下のサイトで公開しています。

“Microsoft Virtual Machine Converter Solution Accelerator”
http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=34591

このツールは以下の機能を提供します。

a. VMWare ホスト上で動作する仮想マシンを Hyper-V に移行する。具体的には、VMWare 側の仮想マシンに接続されている仮想ディスクを Hyper-V 用に変換するとともに、メモリや CPU に関する設定も移行する。移行先の Hyper-V には、Windows Server 2012 上の Hyper-V も含まれる。
b. VMWare 用の仮想ディスクを Hyper-V 用の仮想ディスクに変換する。
c. VMWare vSphere のバージョン 4.1 と 5.0 をサポートする。ただし、VMWare ホストが vCenter 4.1 か vCenter 5.0 で管理されていれば、vSphere 4.0 もサポートする。 
d. すべての処理がコマンドから実行できる。スクリプトを作成することで、変換処理を自動化することも出来る。
e. ウィザードに基づいて処理を実施することも出来る。
f. 変換の過程で VMWare 用のツールをアンインストールして、クリーンな形で Hyper-V 用の仮想マシンに変換する。
g. ゲスト OS としては、Windows Server 2008 R2 、Windows Server 2008 、Windows Server 2003 SP2 および Windows 7 をサポートする。
h. 変換対象の OS が Windows Server 2003 SP2 である場合には、変換の過程で統合コンポーネントを自動的にインストールする。

詳細な使い方や前提条件等については、上記のサイトに記載している Syste requirements や、ツールと併せてダウンロード可能なドキュメント (Microsoft Virtual Machine Converter Administration Guide 、MVMC_Plugin_for_vSphere_Client_ReleaseNotes 、MVMC_ReleaseNotes.docx) をご参照ください。


コミュニティにおけるマイクロソフト社員による発言やコメントは、マイクロソフトの正式な見解またはコメントではありません。

Comments (0)

Skip to main content