Expand-VirtualDiskDrive Cmdlet の -Size パラメーターの指定について


こんにちは、こんにちは。System Center Support の染谷です。
本日は、System Center Virtual Machine Manager (SCVMM) 2008 R2 SP1 の Expand-VirtualDiskDrive コマンドレットについて、ヘルプの記載に誤りがありましたのでお伝えいたします。

SCVMM 2008 R2 では、仮想マシンにアタッチされた仮想ハードディスク (バーチャル ハード ディスク) を拡張する機能が備わっています。
拡張を実施する際、管理コンソール上からは、スピンボタンを使用して拡張後のサイズを指定することができます。

 

一方、この動作をコマンドで実施する場合には、Expand-VirtualDiskDrive コマンドレットを使用します。
このコマンドレットのヘルプには、MB (メガバイト) 単位で拡張後のサイズを指定するように記載されています。しかし、実際に MB 単位で拡張後のサイズを指定すると、以下のようにエラーが発生します。

エラーの詳細:
Expand-VirtualDiskDrive : パラメーター ‘Size の引数を確認できません。23000 引数
が、最大許容範囲 2040 を超えています。2040 未満の引数を指定して、コマンドを再度
実行してください。
発生場所 行:1 文字:53
+ Expand-VirtualDiskDrive -VirtualDiskDrive $VDD -Size <<<<  23000
    + CategoryInfo          : InvalidData: (:) [Expand-VirtualDiskDrive]、Param
    eterBindingValidationException
    + FullyQualifiedErrorId : ParameterArgumentValidationError,Microsoft.Syste
   mCenter.VirtualMachineManager.Cmdlets.ExpandVirtualDiskDriveCmdlet

 

これは、Expand-VirtualDiskDrive コマンドレットが –Size パラメーターで指定された値を、MB ではなく GB (ギガバイト) で解釈するために発生します。
Expand-VirtualDiskDrive コマンドレットでサイズを指定する際には、MB 単位ではなく、GB 単位で拡張後の仮想ハードディスクのサイズを指定してください。

なお、SCVMM 2008 R2 の後継となる System Center 2012 Virtual Machine Manager では、Expand-VirtualDiskDrive は Expand-SCVirtualDiskDrive に置き換えられました。
Expand-SCVirtualDiskDrive コマンドレットでは、変更後の仮想ハードディスクのサイズを -VirtualHardDiskSizeGB パラメーターに GB 単位で指定します。

“Expand-SCVirtualDiskDrive”
http://technet.microsoft.com/en-us/library/hh801513.aspx

 

Comments (0)

Skip to main content