SCOM 2012 におけるウイルス対策ソフトウェアの除外設定について


こんにちは。日本マイクロソフトの佐々木です。

System Center 2012 Operations Manager (以下、SCOM 2012)  環境でウイルススキャンの除外設定を行うべきパスについて以下に記載いたします。
System Center Operations Manager 2007 (以下、SCOM 2007) とはフォルダのパスが異なりますので、ご注意いただければと思います。

(参考)
SCOM 2007 については以下をご参照ください。

“MOM 2005 および Operations Manager 2007 に関連するウイルス対策の除外に関する推奨事項”
http://support.microsoft.com/kb/975931

ウイルス対策ソフトウェアの除外設定
=====================================

a.) SCOM 2012 管理サーバー
b.) SQLサーバー
c.) SCOM 2012 エージェント
d.) 拡張子による除外設定

a.) SCOM 2012 管理サーバー
——————————————
以下のフォルダを除外してください。

~:\Program Files\System Center 2012\Operations Manager\Server\Health Service State\Health Service Store

b.) SQLサーバー
——————————————
以下のフォルダを除外してください。

SQL Server データベース:
~:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL10_50.MSSQLSERVER\MSSQL\DATA;

SQL Server ログファイル:
~:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL10_50.MSSQLSERVER\MSSQL\Log

c.) SCOM 2012 エージェント
——————————————
以下のフォルダを除外してください。

~:\Program Files\System Center Operations Manager\Agent\Health Service State\Health Service Store

d.) 拡張子による除外設定
——————————————
SCOM 2012 管理サーバー及びエージェントは以下の拡張子を除外してください。
SCOM  2012 により使用されるキューおよびログ ファイルを含みます。

EDB, CHK, LOG

SQLサーバーでは以下の拡張子を除外してください。
データベースファイル及びログファイルを含みます。

MDF, LDF

必要な除外設定は以上となります。
これらの設定を行わないと、キューの破損や処理の遅延など、様々な問題が発生することがあります。
ご注意ください。

 

 

 

Comments (0)

Skip to main content