SCOM 2012 でサポートしているSQL サーバーの照合順序と注意点について


こんにちは。

日本マイクロソフトの佐々木です。

 

SCOM 2012 で使用する SQL サーバーでは、以下の照合順序をサポートしております。

 

 > サポートする照合順序

・SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS

・French_CI_AS

・Cyrillic_General_CI_AS

・Chinese_PRC_CI_AS

・Japanese_CI_AS

・Traditional_Spanish_CI_AS

・Latin1_General_CI_AS

 Supported Configurations for System Center 2012 -Operations Manager

http://technet.microsoft.com/en-us/library/hh205990.aspx#BKMK_Screen

 製品の言語に関わらず、上記の照合順序を利用することが可能です。

ただし、特定の状況においては、特定の照合順序のみを使用しなければならない場合があります。

この点ついて本ブログではご案内致します。

 <パターン1.
 System Center 2012 Service Manager と組み合わせて使用する場合>

System Center 2012 Service Manager (SCSM 2012) と SCOM 2012 を組み合わせて使用する場合には、それぞれの照合順序を統一する必要があります。

両者で共通にサポートされる照合順序は
SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS のみとなります。

今後、SCSM
2012 を導入する予定がある場合には、SQL_Latin1_General_CP1_CI_ASを選択して展開を実施してください。

 "Operations Manager 2007 and System Center 2012 -
Service Manager"

http://technet.microsoft.com/en-us/library/hh524312

 

<パターン2.
SCOM 2007 R2 用にリリースされた旧バージョンの管理パックを使用する場合> 

SCOM 2007 R2 またはそれ以前のバージョン用にリリースされた旧バージョンの管理パックを使用する場合、

SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS 以外の照合順序では期待通りに動作しない場合があります。

SCOM 2007 R2 またはそれ以前のバージョンがサポートする照合順序はSQL_Latin1_General_CP1_CI_AS のみであり、

このバージョン用にリリースされた管理パックは、照合順序SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS を暗黙の前提条件としていることがあるためです。

現時点では、ExchangeServer 2010 の管理パックがSQL_Latin1_General_CP1_CI_AS 以外の照合順序を使用した場合にエラーが発生することが報告されています。

SCOM 2007 R2 またはそれ以前のバージョン用にリリースされた管理パック、または2012 年 4 月 1 日 (System Center 2012 のリリース日) 以前にリリースされた管理パックを使用する予定がある場合には、可能な限り照合順序を
SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS にすることをお勧めいたします。

 こちらの記事については更新を予定しています。(2012/11/26)

最新の記事についてはこちらをご参照ください(2012/11/28)
http://blogs.technet.com/b/systemcenterjp/archive/2012/11/28/3535133.aspx

ご注意頂けますよう宜しくお願い致します。

 

Comments (0)

Skip to main content