System Center 2012 Service Manager 用管理パックがリリースされました


日本マイクロソフト System Center Support Team の宮崎です。System Center 2012 Operations Manager (以下、SCOM 2012) で System Center 2012 Service Manager (以下、SCSM 2012) を監視するための管理パックがリリースされました。以下の URL からダウンロードすることができます。

"System Center Monitoring Pack for System Center 2012 - Service Manager"
http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=29980

また、SCOM 2012 の管理コンソールから直接ダウンロードおよびインポートすることも可能です。言語バックも同時に公開されていますので、日本語環境で利用する場合には以下のファイルをダウンロードしてください。

System Center 2012 Monitoring Pack for Service Manager.msi
Japanese for System Center 2012 Service Manager.msi
OpsMgr_MP_SM2012.docx

System Center 2012 Monitoring Pack for Service Manager.msi を実行して展開すると、以下のファイルが作成されます。

Microsoft.SystemCenter.ServiceManager.Discovery.mp
Microsoft.SystemCenter.ServiceManager.Library.mp
Microsoft.SystemCenter.ServiceManager.Monitoring.mp

また Japanese for System Center 2012 Service Manager.msi を実行して展開すると、以下のファイルが作成されます。

Microsoft.SystemCenter.ServiceManager.Discovery.JPN.mp
Microsoft.SystemCenter.ServiceManager.Library.JPN.mp
Microsoft.SystemCenter.ServiceManager.Monitoring.JPN.mp

これらのファイルのうち、最初は Microsoft.SystemCenter.ServiceManager.Discovery.mp と Microsoft.SystemCenter.ServiceManager.Library.mp だけをインポートしてください。これらをインポートすることで、監視の前提として必要となる "Service Manager Database Account" プロファイルを設定することができるようになります。実際の設定方法については、以下のサイトを参照してください。

"Run As Profiles"
http://technet.microsoft.com/en-us/library/ff769968.aspx

また併せて、エージェントレス監視の設定も実施しておいてください。この点については、文末に注意点として記載しております。
設定がすべて終了した後で、Microsoft.SystemCenter.ServiceManager.Monitoring.mp をインポートしてください。これにより SCSM 2012 の監視が開始されます。表示を日本語化する場合には、さらに JPN がファイル名に含まれる管理パックをすべてインポートしてください。
なお OpsMgr_MP_SM2012.docx には、管理パックの想定する監視シナリオやトラブルシュート方法、設定方法などがまとめられています。こちらも管理パックをインポートする前に目を通しておいてください。


- 注意点
SCSM 2012 の稼動しているサーバー上に SCOM 2012 のエージェントをインストールすることはできません。これは、製品としての制限事項です。このため、SCSM 2012 を SCOM 2012 で監視する場合には、エージェントレス監視を実施する必要があります。詳細については、以下のサイトを参照してください。

"Agentless Monitoring in Operations Manager"
http://technet.microsoft.com/en-us/library/hh212910.aspx

エージェントレス監視では、管理サーバーもしくはエージェントのインストールされているコンピューターをプロキシ エージェントに設定し、そのコンピューターから監視を実行します。プロキシ エージェントに設定するコンピューターについては、[管理] タブの [エージェントで管理] に表示されるコンピューターのプロパティを開き、[セキュリティ] タブでプロキシ エージェントとして動作することを許可するように設定してください。
また、本管理パックは SCOM 2012 専用です。SCOM 2007 や SCOM 2007 R2 では使用できませんのでご注意ください。


コミュニティにおけるマイクロソフト社員による発言やコメントは、マイクロソフトの正式な見解またはコメントではありません。

Comments (0)

Skip to main content