System Center Virtual Machine Manager 2008 R2 Service Pack 1 用の Update Rollup 2 がリリースされました


日本マイクロソフト System Center Support Team の宮崎です。
System Center Virtual Machine Manager 2008 R2 Service Pack 1 (SCVMM 2008 R2 SP1) 用の Update Rollup 2 (UR2) がリリースされました。この更新プログラムでも、過去の UR と同じくユーザーの皆様より報告いただいている既知の不具合の修正を行っています。SCVMM 2008 R2 SP1 をお使いの方は、是非適用して頂ければと思います。
なお Virtual Machine Manager サービスや Virtual Machine Manager Agent サービスが稼働している場合、修正プログラムの適用後に SCVMM サーバーの再起動が必要になる場合があります。ご注意ください。
 
Description of the Update Rollup 2 for System Center Virtual Machine Manager 2008 R2 Service Pack 1
http://support.microsoft.com/kb/2691812/en-us (英語)
http://support.microsoft.com/kb/2691812/ja (日本語機械翻訳)
 
 
なお、本修正プログラムは以下の 2 つのパッケージで構成されています。
 
Virtual Machine Manager server update (KB2691812)
Virtual Machine Manager Self-Service Portal update (KB2701207)
 
これらのうち KB2691812 は、HP CLX が導入されている環境の Hyper-V を SCVMM で管理する場合に発生するメモリ リークについて修正を行っております。また Update Rollup 1 の修正内容も含んでいます。
KB2701207 は、セルフサービス ポータルのユーザーが 50 以上の VM の所有者となっている場合に、VM の一部が表示されないことがある問題への修正を含んでいます。
 
この修正プログラムは Windows Update にて公開していますので、通常の更新プログラムと同様にコントロール パネルの Windows Update からダウンロードおよびインストールすることが出来ます。詳細な手順は上記の技術情報をご参照ください。また Windows Update を利用することが出来ない環境では、上記の技術情報に記載している手順に従って、インストール用のファイルをダウンロードすることも出来ます。ファイルは以下のリンクからダウンロードすることが出来ます。

Virtual Machine Manager server update (KB2691812)
http://catalog.update.microsoft.com/v7/site/Search.aspx?q=2691812

Virtual Machine Manager Self-Service Portal update (KB2701207)
http://catalog.update.microsoft.com/v7/site/Search.aspx?q=2701207
 
 
– 参考情報
こちらは、SCVMM 2008 R2 SP1 RU1 の情報です。
 
“Description of the System Center Virtual Machine Manager 2008 R2 SP1 hotfix rollup package: July 12, 2011”
http://support.microsoft.com/kb/2562466/en-us
 
 
 
コミュニティにおけるマイクロソフト社員による発言やコメントは、マイクロソフトの正式な見解またはコメントではありません。

Comments (0)

Skip to main content