ACS レポートで 42 日間以上のデータを表示できない問題と対処方法のご紹介


こんにちは。System Center サポートの三島です。
やっと少しずつ暖かくなってきました。お花見が楽しみです。

さて今回は、 SCOM 2007 SP1 および R2 環境にて発生する ACS レポートの表示期間の問題と対処方法をご紹介します。


現象
———————–
ACS データの保存期間を 42 日間以上に設定しているにもかかわらず、42 日間以上のデータをレポートで表示する事できない。


対処方法
———————–
この問題に対しては以下の手順で対処することができます。


1. ACS コレクタ サーバーの以下のフォルダにある DbCreatePartition.sql をメモ帳で開きます。

C:\Windows\System32\Security\AdtServer


2.以下の 3 つのセクションを見つけて、それぞれ 5 行目に表示されている「42」の値を任意の保存期間に変更して保存します。


/*************************************************
*
* Create or update dvAll, the view across all partition views
*
**************************************************/

declare @iIsFirst int
declare @vchStmt nvarchar(max)
declare @vchPartitionId nchar(36)
declare cPartition cursor for
select top 42 PartitionId from dtPartition order by PartitionCloseTime desc


/***************************************************
*
* Create or update dvAll5, the view across all partition views limited to the first 5 strings
*
****************************************************/

declare @iIsFirst int
declare @vchStmt nvarchar(max)
declare @vchPartitionId nchar(36)
declare cPartition cursor for
select top 42 PartitionId from dtPartition order by PartitionCloseTime desc


/****************************************************
*
* Create or update dvHeader, the view across all partition views with no dtstring joins
*
*****************************************************/

declare @iIsFirst int
declare @vchStmt nvarchar(max)
declare @vchPartitionId nchar(36)
declare cPartition cursor for
select top 42 PartitionId from dtPartition order by PartitionCloseTime desc


3. 以下のフォルダにある DbDeletePartition.sql をメモ帳で開きます。

C:\Windows\System32\Security\AdtServer


4. 以下の 3 つのセクションを見つけて、それぞれ 5 行目に表示されている「42」の値をそれぞれ任意の保存期間に変更します。


/*****************************************************
*
* Create or update dvAll, the view across all partition views
*
******************************************************/

declare @iIsFirst int
declare @vchStmt nvarchar(max)
declare @vchPartitionId nchar(36)
declare cPartition cursor for
select top 42 PartitionId from dtPartition order by PartitionCloseTime desc


/******************************************************
*
* Create or update dvAll5, the view across all partition views limited to the first 5 strings
*
*******************************************************/

declare @iIsFirst int
declare @vchStmt nvarchar(max)
declare @vchPartitionId nchar(36)
declare cPartition cursor for
select top 42 PartitionId from dtPartition order by PartitionCloseTime desc


/******************************************************
*
* Create or update dvHeader, the view across all partition views with no dtstring joins
*
*******************************************************/

declare @iIsFirst int
declare @vchStmt nvarchar(max)
declare @vchPartitionId nchar(36)
declare cPartition cursor for
select top 42 PartitionId from dtPartition order by PartitionCloseTime desc


5. ACS コレクタ サーバー上で、Operations Manager Audit Collection サービスを再起動します。


手順は以上です。
なお、補足情報ですが、ACS データの保存期間は以下の SQL クエリで任意の値に更新する事ができます。

USE OperationsManagerAC
UPDATE dtConfig
SET Value = < 保存期間 + 1 >
WHERE Id = 6

※入力例:保存期間を 7 日間に設定する場合には、< 保存期間 + 1 > に 8 と入力します。
     <> は必要ありません。

※注意:保存期間を長くすると、その分レポートを表示する上で必要となるデータの取得に時間がかり、
    パフォーマンスに悪影響を及ぼす可能性があります。予めご注意ください。


コミュニティにおけるマイクロソフト社員による発言やコメントは、マイクロソフトの正式な見解またはコメントではありません

 

Comments (0)

Skip to main content