MSFC のノード上に SCVMM をインストールしてホストクラスターとして追加する場合の注意


こんにちは、日本マイクロソフト システムセンターサポートの染谷です。

今回は、フェールオーバー クラスターを構成するノードに System Center Virtual Machine Manager (SCVMM) をインストールし、ホストクラスターとして追加する場合の注意についてご紹介します。

SCVMM そのものはクラスター アプリケーションとして動作させることはできませんが、フェールオーバー クラスターのノード上にインストールして動作させることができます。
ところが、SCVMM をインストールし、自ノードが含まれるフェールオーバー クラスターを選択して、ホスト クラスターとして追加しようとすると、エラー 406 (*) が発生して追加できないことがあります。

 

このエラー 406 の発生原因の一つとしては、SCVMM がインストールされたノードが所有者となる「クラスター リソース」を持っている場合に発生します。
ノード上にインストールされた SCVMM から、自身が参加するホスト クラスターを追加しようとして エラー 406 に遭遇した場合、クラスター リソースの状況を確認してください。

管理者として実行したコマンド プロンプトから、CLUSTER RES コマンドを実行します。

上記のように、SCVMM がインストールされたノード a-nasome-hv1 が所有者となるクラスター リソースがあることがわかります。
MOVE オプションを使用して、SCVMM がインストールされたノード以外にクラスター リソースを移動します。

CLUSTER GROUP "<グループ名>" /MOVE:<移動先のノード名>

今回のケースでは、クラスター グループのリソースおよび高可用性マシン vm01 のリソースを所有していますので、それぞれを別のノードに移動します。

クラスター リソースの移動が完了しました。
改めて CLUSTER RES を実行してリソースの所有状況を確認してみます。

すべてのクラスター リソースが SCVMM がインストールされていないノード (a-nasome-hv2) にあることが確認できます。
この状態で、改めて SCVMM 管理コンソールからホスト クラスターを追加してみます。

今度はエラーが発生することなく、正常にフェールオーバー クラスターを追加することができました。
フェールオーバー クラスターのノード上に SCVMM をインストールしたものの、ホスト クラスターとして追加しようとするとエラー 406 が発生する場合には、SCVMM をインストールしたノードが対象となるホスト クラスターのクラスター リソースを所有していないかどうかを確認してみてください。

なお、エラー 406 そのものは、実際に権限がない場合や、WinRM の構成が正しくない場合、ファイアウォールにより通信がブロックされている場合などでも発生します。
フェールオーバー クラスターではないにも関わらず、ホストの追加に失敗する場合には、他に原因がないかどうかもご確認ください。

 

* エラーメッセージの内容

サーバー <MSFC の FQDN 名> への接続中にアクセスが拒否されました。

1. 指定されたユーザー アカウントに<MSFC の FQDN 名> での管理者特権があることを確認してください。
2. Administrators グループについて、DCOM のアクセス、起動、およびアクティブ化のアクセス許可が <MSFC の FQDN 名> で有効であることを確認してください。dcomcnfg.exe を使用してアクセス許可を変更し、操作を再試行してください。

ID: 406

 

コミュニティにおけるマイクロソフト社員による発言やコメントは、マイクロソフトの正式な見解またはコメントではありません。

 

Comments (0)

Skip to main content