[SCCM 2007] パッケージのダウンロードが出来ない場合のチェックリスト

こんにちは、System Center サポート部の石井です。 今回は、SCCM 2007 にて、ソフトウェアの配布やソフトウェアの更新を行っている場合に、クライアント側でパッケージのダウンロードが行えない場合のトラブルシュート方法をご紹介します。 パターン A. パッケージのダウンロード自体がまったく開始されない場合 ================================================================ 特定のクライアントにおいて、パッケージのダウンロードが全くできない状態にあるようでしたら、以下のような点をチェックしてください。 A-1. 該当のクライアントの、SCCM における基本的な機能の確認を行う。 ————————————————————————– パッケージのダウンロードを行うにあたっては、SCCM のクライアントとして、正常に動作している必要があります。 例えば、以下のような点をご確認ください。 – [SCCM 管理コンソール] の [コレクション] より、該当のマシンの [リソース エクスプローラ] を見て、インベントリがちゃんとあがっているか確認する。(ハードウェアの履歴) – 問題のクライアントにおいて、[コントロール パネル] – [プログラム ウィザード] に配布対象のプログラムが表示されるか確認する。 – 問題のクライアントにおいて、[コントロール パネル] – [Configuration Manager] を開き、[動作] タブに表示される項目数を確認し、正常クライアントの同じ画面との差異を確認する。(数が少ない場合、SCCM クライアントとして正常稼働していません。) 上記の動作に問題が見られるようでしたら、まずは下記の SCCM クライアントの再インストールによる復旧をお試しください。 [SCCM 2007] クライアントが正常動作しない場合の対処方法 http://blogs.technet.com/b/systemcenterjp/archive/2012/07/20/3509911.aspx A-2. サイト境界の設定がされているか。他サイトとのサイト境界の重複が無いか確認する。 ————————————————————————– SCCM  におけるサイト境界は、”クライアント自身の所属サイトの発見”…

0

[DPM] コンピューター パスワードの更新を意識したベアメタル リカバリー (BMR)

こんにちは、System Center サポート部の石井です。 コンピューターのベアメタル リカバリー (BMR) バックアップを取得するというのは、昨今どのサーバーにおいても重要です。タイトルには DPM とありますが、DPM に限らず、様々な形で実施いただいていることかと存じます。 今回は、BMR をどの程度の頻度で取ったほうがいいのかという観点からご説明します。     ご参考: 前回のポストでは、ベアメタル リカバリー (BMR) の仕組みやベストプラクティスについてご紹介しています。併せてご参考下さい。     [DPM] ベアメタル リカバリー (BMR) バックアップの仕組みとベストプラクティスについて    http://blogs.technet.com/b/systemcenterjp/archive/2012/10/10/3525106.aspx   – 要点: コンピューター パスワードを注意したバックアップの必要性について BMR のバックアップの時、注意すべきなのは OS のコンピューター パスワードの更新です。 ドメイン傘下のコンピューターは、それぞれのマシンごとに 30 日に 1 度、コンピューター パスワードの更新を行っています。この動作は自動的に行われるので、ユーザーが普段使っていて通知がされたり目に見えたりということが無いので意識しづらいものです。 BMR のリストアの際、コンピューター パスワードが変更されてしまっていると、ドメイン認証が行えない状態となり、ドメインへの再参加が必要となります。通常、再参加で問題がおきることは少ないのですが、再参加に伴い問題が生じると、最悪の場合、サーバー アプリケーションが使えない状態となってしまい再構築が必要となりますので、注意が必要です。今回は、このようなトラブルを避けてバックアップをするための情報をご紹介します。 – コンピュータ パスワード変更の罠: BMR バックアップのリストア時、ドメイン ログオンができない問題について コンピューターごとに保持するパスワード変更前のバックアップ データのリストアを行った場合には、「ドメイン コントローラーとの信頼関係が失敗しました」と出て、ログオンが出来ません。結果、一度ワークグループに戻し、ドメインに再参加する必要性が発生します。…

0

[SCCM 2012] System Center 2012 Configuration Manager CU2 がリリースされました

こんにちは。システム センター サポートの本田です。 System Center 2012 Configuration Manager (SCCM 2012) 用に 累積アップデート 2 (Cumulative Update 2, CU2) がリリースされました。 2012 年 12 月現在の最新版となります。 今回の CU2 では、CU 1 インストール後に、サイトのステータスで管理ポイントの「合計」列が 0 バイトで表示される現象が改善します。 なお、管理ポイントがサイト サーバーとは別のサーバーに存在する場合は、今回の CU2 に含まれる修正対象となるファイルが自動で更新されません。 その場合は、管理ポイントの役割の再追加を行っていただくか、以下の手順を実施いただくことで、現象が改善されるかご確認ください。 1. 0 バイトのファイルを用意し、ファイル名を「resetmp.trn」とする。 2. サイト サーバーの以下の場所に「resetmp.trn」を配置する。 3. 「resetmp.trn」ファイルが処理され、配置場所に存在しなくなったことを確認する。 \Program Files\Microsoft Configuration Manager\inboxes\sitecomp.box ※ \Program Files は SCCM インストール先に応じて変更されます。 その他修正内容や、適用時の方法・注意事項については技術情報をご参考下さい。 技術情報: “Description…

0

OM 2012 と SCSM 2012 の 照合順序について

こんにちは。日本マイクロソフトの佐々木です。今回は System Center 2012 Operations Manager (OM 2012) と System Center 2012 Service Manager (SM 2012) の照合順序に関する情報を紹介します。OM 2012 と SM 2012 を日本語環境で利用する場合に推奨されるデータベースの照合順序は、それぞれ以下の通りです。 – OM 2012 の推奨される照合順序——————————————–Operations Manager データベース: Japanese_CI_ASOperations Manager データウェアハウス: SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS OM 2012 の照合順序については以下のサイトでも情報を公開しています。併せてご参照ください。 “System Center 2012 – Operations Manager でサポートされる構成”http://technet.microsoft.com/ja-JP/library/hh205990.aspx ※ Operations Manager データベースについて、上記のサイトで “SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS” のみをサポートしているという記載しています。しかしこれはリリース当初の情報であり、現時点では “Japanese_CI_AS” もサポートしています。※ SQL Server 自体の照合順序が上記とは異なる場合でも、Operations Manager データウェアハウスのデータベースは必ず…

0

Microsoft Virtual Machine Converter を使用した仮想マシンの変換

こんにちは、日本マイクロソフトの染谷です。 本日は、先日のポストで紹介した Microsoft Virtual Machine Converter (MVMC) を使用して仮想マシンを Hyper-V 仮想マシンに変換する方法をご紹介します。 他社製の仮想環境からマイクロソフトが提供している仮想環境に仮想マシンを移行するためには、System Center 製品の Virtual Machine Manager を使用する必要がありました。しかし Virtual Machine Manager は有償のソフトウェアであるため、仮想マシンの変換のみを目的としている場合には、手を出しにくい面があります。 このような状況を踏まえて、Microsoft Virtual Machine Converter はリリースされました。 Microsoft Virtual Machine Converter を用いると、VMware 社の VMware ESX ホスト上で動作する仮想マシンを Hyper-V 上で動作する仮想マシンに変換し、さらに Hyper-V ホスト上に追加する操作までを実施します。また、Virtual Machine Manager を使用して VMware ESX ホスト上の仮想マシンを変換するためには、VMware vCenter Server が必要です。一方、Microsoft Virtual Machine Converter では VMware vCenter Server…

0

[重要な最新情報] [SCCM 2007] SCCM 2007 ご利用環境下の WSUS サーバー (ソフトウェア更新ポイント) で大量の改訂を同期した際の影響について

<2013 年 1 月 22 日更新> リビジョン (改訂) は、1/21 をもって完了しました。 [重要] [SCCM 2007] WSUS の改訂が終了しました http://blogs.technet.com/b/systemcenterjp/archive/2013/01/22/3547430.aspx <2013 年 1 月 15 日更新> リビジョン (改定) の再開は 2012 年 12 月と予告しておりましたが、スケジュールが急であるとのご指摘を受け、2013 年 1 月時点のスケジュールに変更されています。現時点では既に再開されており、1/20 まで継続予定となっています。12 月時点で影響が無いため、問題なしと判断されたお客様におきましても、今一度、状況をご確認下さい。また、改定の影響をこれ以上受けない為には、更新プログラムの適用が必要です。 こんにちは。システム センター サポートの石井です。 前回のポスト <http://blogs.technet.com/b/systemcenterjp/archive/2012/11/08/3531259.aspx> において、WSUS サーバーに大量の改訂が行われたことにより、SCCM 2007 で展開していた更新プログラムの展開処理が止まってしまうという事象についてお知らせしました。 この度、本件について対応するための更新プログラムが公開されましたため、今後、お客様環境で対処いただく方法について、要点をおまとめしてお知らせします。 大変なご不便をおかけしてしまいまして、誠に申し訳ございませんが、ご対応をいただけますと幸いです。 [更新プログラムの技術情報とダウンロード] Software updates are displayed as invalid in the Administrator Console…

0

SCCM 2007 ご利用環境下の WSUS サーバー (ソフトウェア更新ポイント) で大量の改訂を同期した際の影響について

  こんにちは。システムセンターサポートの森です。 2012 年 11 月以降、SCCM 2007 ソフトウェア更新で展開中の更新プログラムが突然赤アイコンとなり展開できなくなるというお問い合わせが増えております。 そのため、SCCM 管理者様への注意喚起を目的に、以下のポストを緊急リリースいたします。   ■ はじめに   - WSUS サーバーに大量の改訂版が同期される動作について   2012 年 10 月以降、KB2734608 (SP2)を適用したWSUS サーバーでMicrosoft Update と同期処理を実行すると、大量の更新プログラムのリビジョン改訂版が同期されます。(*) WSUS サーバーが同期対象とする製品、クラス、言語にもよりますが、1,000 – 3,000 程度の改訂版が一度に同期される場合があります。 弊社検証環境の WSUS サーバーで 11/8 に同期を行った際は 2091 個の改訂が同期されました。 (*) 大量同期の詳細理由については以下弊社 Blog サイトをご参照ください。   「WSUS サーバーに大量の改訂版が同期された」(日本語サイト) < http://blogs.technet.com/b/jpwsus/archive/2012/11/07/many-new-revisions-of-updates.aspx >   「Support Tip: Many new revisions of updates may be downloaded by the…

0

[SCCM] SCCM 2007 と 2012 における Windows 8/Windows Server 2012 のサポートについて

// 2013 年 6 月 25 日更新 Windows 8/Windows Server 2012 がリリースされましたが、System Center Configuration Manager 2007 (以下 SCCM 2007)、および System Center 2012 Configuration Manager (以下 SCCM 2012) における、サポートについて最新情報をご紹介いたします。 また、SCCM から System Center 2012 Endpoint Protection (以下 SCEP) や Forefront Endpoint Protection 2010 (以下 FEP) の管理を行っている場合の対応方法も記載しますので、後半の項目をご確認ください。   SCCM 2007 ——————————————— SCCM 2007 SP2 に、下記更新プログラムをインストールすることで、Windows 8 と…

0

SCCM の Windows 8、Windows Server 2012 対応状況について

こんにちは。System Center Support の本田です。 2012 年 10 月 26 日 (金曜日) に、遂に Windows 8 の一般販売が開始されました。 皆様は、もうお試しになられましたでしょうか。 そこで、今回は SCCM 2007、及び SCCM 2012 の Windows 8、Windows Server 2012 の対応状況について、ご案内いたします。 現時点では、SCCM 2007、及び SCCM 2012 において、Windows 8、Windows Server 2012 コンピューターの管理はサポートされておりません。 但し、2013 年前半頃に、SCCM 2007 SP2、及び SCCM 2012 SP1 にて、下記エディションの Windows 8、及び Windows Server 2012 コンピューターの管理をサポートする旨が米国の SCCM チームのブログにて報告されています。 ・Windows 8 Pro…

0

SCCM 2007/2012 のハードウェア インベントリ機能を拡張して Bitlocker の有効有無を確認する方法

System Center Configuration Manager サポート担当の美馬です。   SCCM のハードウェア インベントリ機能を拡張することによりBitLocker が有効になっているかどうかを判断する方法をご紹介いたします。 なお、「必要な構成管理」機能を利用する方法もありますので、こちらの記事もご参照ください。 SCCM 2007 の「構成管理」機能を利用して Bitlocker の有効有無を確認する方法 http://blogs.technet.com/b/systemcenterjp/archive/2012/06/27/3506084.aspx ■前提となるテクノロジーについて コンピュータにて各ドライブの Bitlocker が有効になっているかどうかについては、WMI 名前空間にある下記情報から判断することができます。 そのため、SCCM 2007 のハードウェア インベントリ機能を拡張することにより、下記の WMI 名前空間のプロパティ値を収集します。 名前空間:root\cimv2\security\MicrosoftVolumeEncryption クラス:Win32_EncryptableVolume プロパティ:ProtectionStatus 値:0 – PROTECTION OFF(Bitlocker が設定されていない) 1 – PROTECTION ON(Bitlocker が設定されている) 2 – PROTECTION UNKNOWN(Bitlocker が設定されているか判断できない) – 参考情報 – Win32_EncryptableVolume class http://msdn.microsoft.com/en-us/library/aa376483(v=vs.85)   ※ ProtectionStatus 値が「2」となる場合の例 システムドライブとは別のドライブ(D…

0