System Center Operations Manager 2007 (SCOM) CU5 での ACS レポートに関する修正内容について


システムセンター サポート チームの三島です。

今回初めて技術情報の紹介を担当いたします。

以後よろしくお願いいたします。

 

今回紹介する内容は、SCOM CU5 にて実施された ACS レポートの修正についてです。

CU5 適用前には、一部の ACS レポートが Windows Server 2008 以降に導入された新しいイベントログの形式に対応しておらず、レポートを実行してもデータが表示されないという問題がありました。

 

今回、問題が発生していた以下の 5 つのレポートすべてについて修正が実施されました。

CU5 適用後には、是非ご確認頂ければと思います。

 

l  Access Violation – Unsuccessful Logon Attempt (ログオンの失敗)

l  Forensic – All Events for specified User (特定のユーザーに関して発生したイベント)

l  Planning – Logon Count of Privileged users (特権ユーザーのログオン数)

l  Usage – Privileged Logon (特権のあるログオン)

l  Usage – User Logon(ユーザーのログオン)

 

図1. Unsuccessful Logon Attempts の出力例

 

ACS 機能はほったらかしにしています、という方がいらっしゃいましたら、ぜひこの機会に、業務システム内のリスクに対する監査手段の一つとして、ACS 機能に触れてみてはいかがでしょうか。

 

今回ご紹介する内容は以上となります。

今後も、皆様のお役に立てるような情報をいち早くこの場でご紹介していきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

なお、CU5 のダウンロード先と適用手順につきましては、以下の弊社技術情報サイトをご覧ください。

Cumulative Update 5 for System Center Operations Manager 2007 R2 is available

http://support.microsoft.com/kb/2495674

 

Comments (0)

Skip to main content