SCVMM の落とし穴 その4 XP クライアントからの VM への接続できない!?


こんにちは。

システムセンターサポート担当の住です。

 

これまでに、VMM 管理者が遭遇しやすい障害状況などについて、「SCVMM の落とし穴」として、トラブルシュートや管理の方法等をお伝えしてまいりました。

過去の投稿についてはこちらをご覧ください。

 

今回は第四弾として VMM SSP 2.0 に関する情報をお伝えします。

VMM SSP 2.0 は、今夏公開された SP1 にて完全日本語対応となりました。

導入された方も多いのではないでしょうか。

今日はそんな VMM SSP 2.0 経由で仮想マシン (VM) へ接続する際に発生する可能性のある問題についてです。

 

[現象]

Windows XP SP3 クライアントから VMM SSP 2.0 (および SP1、以下単に SSP2.0 と表記します)  を経由して仮想マシンに接続すると、認証エラーが発生する場合があります。

[原因]

この現象は、SSP 2.0 経由で 仮想マシンに接続する際に、リモートデスクトップクライアント (RDC) の機能が使用されるために発生します。

RDC で接続を行う際には、ネットワークレベル認証を行うため、CredSSP の機能が必要になります。
Windows XP SP3 では CredSSP 機能が実装されているのですが、既定で無効に設定されています。
このため、SSP 2.0 経由で仮想マシンに接続する際にエラーとなり、接続に失敗します。

[解決方法]

Windows XP SP3 クライアントから、SSP2.0 経由で仮想マシンに接続する際には、予め CredSSP 機能を有効にしておく必要があります。
以下の技術情報の “Fix it” を実行して、自動で設定することが出来ます。

KB 951608
Windows XP Service Pack 3 で資格情報のセキュリティ サポート プロバイダー (CredSSP) の説明 (機械翻訳)


Windows Vista や、Windows 7 クライアントから接続する際には問題なく接続できるのに、Windows XP 環境からのみ接続に失敗する際には、上記解決策をお試し下さい。

ちなみにですが、実は SSP 1.0 でも CredSSP の有効化は必要です。 SSP 1.0 経由で VM に接続する場合は、以下の様なエラーがでるので、CredSSP の有効化が必要だと直ぐにわかります。
「Hyper-V ホストを経由するこのバーチャル マシンへの接続 を使用できません。このコンピュータで CredSSP が有効になっていません。・・・」

それでは、また次回。 

Comments (0)

Skip to main content