SCVMM で P2V が失敗する際の回避方法について


こんにちは。
システムセンターサポートの森です。

今回は SCVMM P2V が失敗するといったケースに有効な回避方法をご案内いたします。

もし P2V 中に以下のようなエラーコードおよび症状に該当する場合には、本ページ紹介の

回避方法がお役に立つ可能性があります。

 

 症状例:

 

・特定の端末で P2V が常に失敗する。

P2V 実施中にエラー (12700) が発生する

P2V のジョブが何度試しても 60 % で失敗する

P2V のジョブが失敗しても、作成された VHD ファイルは手動でマウントすると正常に開ける。

 

弊社調査実績ではこの症状に該当する場合、物理ハードウェアの構成に起因するケースが多い

ことを確認しております。

 

SCVMM は製品として可能な限り P2V 変換ができるよう開発はしておりますが、

物理ハードウェアのあらゆる組み合わせをバーチャルマシンに変換できるとは限りません。

 

- 参考資料

TechNet: P2V: 物理ソース コンピュータの要件

http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc917954.aspx

注意事項を参照ください。

 

このような場合は、SCVMM に代わって弊社無償ツール Disk2VHD を利用することで移行が可能です。利用実績も数多くある方法ですので是非お試しください。

 

>> Disk2VHD による手動移行方法:

====================================

 

[利用可能な OS]

クライアントOS : Windows XP SP2 以降

サーバー OS : Windows Server 2003 SP1 以降

 

<< 仮想ハードディスク作成手順 >>

 

1). 以下の Web サイトから Disk2vhd v1.63 をダウンロードします。

 

Disk2vhd v1.63  (2011/2 現在の最新バージョン)

http://technet.microsoft.com/en-us/sysinternals/ee656415.aspx

 

2). ダウンロードいただいたファイルを現象の発生するサーバーに移動し、解凍します。

 

3). 解凍されたフォルダ内の、disk2vhd.exe を管理者権限で起動します。

 

4). Disk2Vhd License Agreement が表示された場合は、内容をご確認の上 [Agree] を クリックします。

 

5). "Volumes to include:" 欄にて、vhd ファイルに含めるドライブを選択します。

 

最低限 C:\ ドライブ (システムドライブ) を含めていただく必要がございますが、

同じ物理ディスク上のボリュームについては、全て含めることが可能であれば全てを含めてください。

別の物理ディスクに分かれているボリュームについては、個別にVHD 化することをお勧めいたします。

 

6). "VHD File name:" 欄に、vhd ファイルの保存先を指定します。

 

保存先は、vhd ファイルに含めたドライブの "Space Required" の合計分の空き容量が 必要となります。

 

# この時、移行先ホストサーバーを保存先に指定いただくことが可能です。

 

7). [Create] ボタンをクリックし、vhd ファイルを作成します。

 

以上にて、VHD ファイルを移行先に作成いただくことができます。

その後、移行先で VHD ファイルをマウントしてご利用ください。

  

*********************************************************

Disk2VHD ツールについて

 

こちらは弊社の無償製品となります。

そのため大変恐縮ながら、本ツールに起因する問題があってもサポートの対象

範囲外となりますので、この点、予めご了承いただけますようお願いいたします。

*********************************************************

 

 

 

 


Comments (0)

Skip to main content