Windows Server 2008 以降の Windows 上で動作する DPM にて Exchange Server 2003を保護する際、eseutil.exe を用いたデータベースの整合性確認を行うには


いつもお世話になっております。マイクロソフト System Center サポート部の石井です。

 

今回は、Exchange Server 2003 DB をバックアップする際、Windows Server 2008 以降の Windows にて動作する DPM (2007 or 2010) にてバックアップを採取する際、どのようにして eseutil を準備するかについてご説明します。

 

DPM を用いて Exchange Server DPM にてバックアップする際、eseutil と呼ばれるツールを用いて Exchange Server のデータベースの整合性確認を行うということが可能です。(設定画面は、以下の通り、保護グループの作成ウィザードにて Exchange の情報を追加した際に表示されます。)

これを行う事で、バックアップの度に、採取された Exchange データベースの情報に整合性があるか、Exchange eseutil ツールを用いて DPM 側でもチェックを行う仕組みとなっています。

 


 

原則として、Exchange Server 側に存在する eseutil DPM サーバーにコピーして使う、という運用を行う必要がありますが Exchange Server 2003 Windows Server 2008 以降の Windows での動作はサポートされておらず、同様に Exchange Server 2003 に含まれる eseutil Windows Server 2008 以降の OS では動作いたしません。

 

こういった場合には、Exchange 2007 SP1 に含まれる eseutil.exe ese.dll をご利用くださいますようお願い申し上げます。

Exchange 2007 eseutil.exe を利用して、Exchange 2003 のデータベースに変更を加えることはサポートされておりませんが、整合性の確認だけではデータベースに変更を加えることはなく、バージョンが異なっていても確認することが可能です。

 

Exchange Server 2007 Service Pack 1 のダウンロード URL

http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=44C66AD6-F185-4A1D-A9AB-473C1188954C&displaylang=ja

 

32bit : E2K7SP1JA32.exe – 1215.6 MB

64bit : E2K7SP1JA64.exe – 1229.8 MB

 

DPM 64 ビット版をご利用の場合、Exchange Server 2003 32 ビット版であっても、eseutil.exe ese.dll 64 ビット版を使用して下さい。

 

上記より入手いただいた eseutil.exe ese.dll DPM サーバーの “c:\program files\Microsoft DPM\DPM\bin\eseutil.exe” にコピーして下さい。

 

参考情報:

DPM にて Exchange のバックアップを行う際の eseutil 使用方法についての詳細は以下をご参考下さい。

 

System Center Data Protection Manager 2007 (DPM) 技術資料

http://technet.microsoft.com/ja-jp/systemcenter/dm/bb931334.aspx

Microsoft Exchange Server 2007 自習書 P.33 をご参考下さい。

 

Error 0x800700D8 occurs when you use Data Protection Manager 2007 to protect Exchange storage groups

http://support.microsoft.com/kb/970640/en-us

 

Protected Computer Software Requirements

http://technet.microsoft.com/en-us/library/ff399140.aspx#bkmk_EseutilEse

 

 

Comments (0)

Skip to main content