System Center Essentials SP1 の適用について


日本マイクロソフト マネジャビリティサポートチームの宮崎です。

Blog を開設した矢先に不具合の報告です。現在こちらのページで System Center Essentials 2007 の SP1 アップグレードパッケージを公開しているのですが、適用前に以下の管理パックを削除しておかないとアップグレードが途中で中断し、環境が回復不可能な状態に陥ります。

- インフォメーション ワーカー Office 2003
- インフォメーション ワーカー Office 2007
- インフォメーション ワーカー Office XP

SP1 を適用する場合には、必ず事前にこれらの管理パックを削除して下さい。また管理パックの削除以外に、以下の作業も必ず SP1 の適用前に実施してください。
1. データベースのバックアップ
2. 証明書のバックアップ
3. サブスクリプションの無効化
4. 保留中のエージェント処理の削除

なおアップグレードが完了したら、最初に削除した三種類の管理パックの最新版を再インポートします。手順は以下のとおりです。
1. アップグレードパッケージを実行した際に表示されるメニューから「この CD を参照」を選択します。
2. 表示されるフォルダから「 Management Pack 」を適当なフォルダにコピーします。
3. 管理コンソールの「管理」ペインで「管理パック」ノードを選択し、右クリックして「管理パックのインポート」を選択します。
4. 手順 2 でコピーしたフォルダを開いて下記のパッケージを選択し、インポートを実施します。
Microsoft.InformationWorker.Office.2003
Microsoft.InformationWorker.Office.2007
Microsoft.InformationWorker.Office.XP


参考ドキュメント:
アップグレードガイド(英語):
http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc339466.aspx
リリースノート(英語):
http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc308579.aspx

 

コミュニティにおけるマイクロソフト社員による発言やコメントは、マイクロソフトの正式な見解またはコメントではありません。

 

Comments (0)

Skip to main content