"Denali" 自習書第2弾が登場!AlwaysOn を徹底解説

  こんにちは。日本マイクロソフトの松澤です。   弊社では 28日(水)・29日(木)と、2日間にわたる The Microsoft Conference を開催させていただき、非常に多くのお客様にお越しいただきました。会場に足を運んでくださった方だけでなく、セッションのストリーミングをご覧いただいた方も多くいらっしゃり、本当にありがとうございました。 SQL Server も 2008 R2 の次に出てくるバージョン、開発コードネーム “Denali” を大きくアピールさせていただきました。展示ブースでの Denali CTP3 環境の展示(AlywaysOn および Crescent)だけでなく、2日目午前中の山賀による Special Session でも前述の AlwaysOn および Crescent のデモを弊部斉藤が実施し、好評をいただきました。 Twitter では Denali を「でなりん」とかわいく呼んでいただいたり、斉藤を「でなりかずき」と呼ぶ人がいたりいなかったり…? 私達も自信を持ってお奨めできる製品(まだ開発中ですが)ですので、皆様への大々的なお披露目からすぐに可愛がっていただけて、本当にありがたく思っています。   さて、その Denali の自習書ですが、第2弾が公開されました!   ■SQL Server AlwaysOn による可用性の向上 ( Doc 81.0MB / サンプル スクリプト 79.8KB)   Denali で追加される可用性向上のために非常に便利な機能 “AlwaysOn” を詳しく取り上げていますので、是非ご一読ください。…

0

ついに登場!SQL Server "Denali" 自習書

皆さん、こんにちは。SQL Server PM の松澤です。 すみません、大変ご無沙汰しておりました。8月ももう終わろうとしておりますが、暑くなったり急に涼しくなったりと気温差の激しい今年の夏を乗り切れていますでしょうか?   さて、ついに、ついに!SQL Server Denali (次期バージョンの開発コードネームが “Denali” と言います)の自習書が初登場です! 題して “SQL Server Denali CTP3 自習書 No.1 新機能ダイジェスト” です。 今回も エスキューエル・クオリティ 松本様による、渾身の自習書です。文字通り、Denali で提供予定の新機能をコンパクトにまとめています。といってもきちんと画面ショット入りで、ステップ バイ ステップでご紹介していますので、ただの機能名羅列なんかじゃありません!   ダウンロードは今すぐここから。(Doc ファイルをダウンロードできます。)   Denali についてのセミナーも実施が決定! 9月28日、29日に実施予定のマイクロソフト カンファレンス(Microsoft Conference, MSC)にて、SQLCAT 多田および SQL PM 北川による Denali のセッションが予定されています。 マイクロソフト カンファレンスはこちらからお申込みください。

0

Microsoft SQL Server 技術書アプリ for iPad 提供開始

日本マイクロソフトの北川です。 ブログでのご案内が遅くなってしまいましたが、先週木曜日に ”Microsoft SQL Server 技術書アプリ for iPad” が AppStore に公開されました。本日で公開されてから5日になりますが、総合ランキングで最高5位、電子書籍ランキング最高4位を達成しています。 コンテンツは当初 4 つ同梱されておりますが、コンテンツサーバー (Windows Azure) より自動的に追加配信される仕組みとなっています。技術文書はこれからさらに強化してまいりますので、一度ダウンロードいただき、お試しいただければと思います。 なお、iPad 以外のデバイス、スマートフォンをご利用の方向けには、ePub 形式での技術書提供も行っております。 ぜひお試しください!

0

Microsoft JDBC Driver 4.0 for SQL Server CTP2 がリリースされました。

日本マイクロソフトの北川です。 SQL Server code name “Denali” CTP3 の機能をサポートする Microsoft JDBC Driver 4.0 for SQL Server CTP2 がリリースされました。これまでマイクロソフト製品の Java への対応スピードに関しては遅いとお感じの方が多かったかもしれませんが、マイクロソフトでは相互接続性を重視しており、新しい製品の機能をなるべく早くご利用いただけるようにしております。 Microsoft JDBC Driver 4.0 for SQL Server CTP2 詳しくは Microsoft JDBC Driver Team Blog – Microsoft JDBC Driver 4.0 for SQL Server CTP2 is Released!!! (英語) を参照いただきたいのですが、今回リリースした CTP2 では下記の新機能が提供されます。 Type-4 Kerberos 統合認証 SQL Server code name…

0

SQL Server Migration Assistant (SSMA) v5.1 がリリースされました。

日本マイクロソフトの北川です。 SQL Server code name “Denali” CTP3 にも対応する SQL Server Migration Assistnat (SSMA) v5.1 がリリースされました。SSMA v5.1 には移行元データベースとして MySQL, Access, Oracle, Sybase をターゲットにした4種類があります。v5.1 では、Oracle Database の Sequence を Denali の Sequence に、MySQL の LIMIT 句を Denali の OFFSET/FETCH 句に変換する機能が追加されています。 英語 UI でのみの提供ではありますが、移行作業を格段に楽にしてくれますので一度お試しください。 SSMA for MySQL v5.1 SSMA for Access v5.1 SSMA for Oracle v5.1 SSMA for…

0

SQL Server code name “Denali” Customer Technology Preview (CTP) 3 がリリースされました。

日本マイクロソフトの北川です。 昨日次期 SQL Server である SQL Server code name ”Denali” CTP3 のダウンロード提供が開始されました。これまで提供されていた CTP1 と異なり、日本語 UI が含まれたイメージになっています。ぜひダウンロードいただき、次期 SQL Server の機能をお試しいただければと思います。 Microsoft SQL Server code name “Denali” CTP3 のダウンロード Getting Started with Project “Crescent” and PowerPivot for Excel in SQL Server Code-Named “Denali” Community Technology Preview 3 (CTP3) Microsoft® SQL Server® code name ‘Denali’ Community Technology Preview…

0

BCP: SQL Server の災害対策、災害復旧の自習書を公開しました

日本マイクロソフトの斎藤です。 SQL Server 2008 R2 の自習書シリーズに 「災害対策、災害復旧」 を追加し公開しましたのでお知らせします。 http://www.microsoft.com/japan/sqlserver/2008/r2/technology/self-learning.mspx#05 この自習書では、 SQL Server における災害対策/ディザスター リカバリー(災害復旧)を実現するための機能の概要 標準バックアップ 機能を利用した災害対策の具体的な手順 ログ配布による災害対策の具体的な手順 非同期データベース ミラーリング による災害対策の具体的な手順 を 222 ページにわたりご紹介しております。実際の手順を試すためのスクリプトなども用意しておりますので、ドキュメントと合わせてダウンロードいただきご利用ください。    

0

イベント レポートとセミナー収録動画

こんにちは。日本マイクロソフトの松澤です。 東京は暖かくなってきました。例年よりも暖かくなるのが遅いかな?と思っていますが、だいぶ春らしくなってきました。   さて、今日はセミナーのレポート紹介と、動画紹介です。   2月23日(水)に、東京は秋葉原のアキバホールにて実施されました、「デンタープライズ・データベース・アカデミー」における David Cambell のセッションの模様がレポートとして Web ページに掲載されました。 Special Report エンタープライズ データベース アカデミー「これからのミッション クリティカル システムを語ろう」 SQL Server、 SQL Azure のアーキテクチャは、どのような思想に基づいて作られているのか、このレポート読み解いてください。   そして、SQL Server の真実を伝えるべく、技術者の皆様向けに夜開催している “Get The Fact セミナー“。第3回の模様を収録した動画を公開しました。 SQL Server の最新情報をお伝えする “Get The Fact セミナー” 「終了したセミナー」から、第3回の3月10日(木)分、第2回の1月20日(木)分をご覧いただくことができます。   なお、次回の Get The Fact セミナーは5月を予定しております。日程が決まりましたら、Blog および前述のページにて告知させていただきます。

0

熊澤の部屋、多田の部屋、合わせて公開!

お久しぶりです。日本マイクロソフトの松澤です。 本日、新しい技術情報のページが公開されましたので、お知らせします。   まずは、“匠 熊澤 幸生の部屋“。 データベースに携わること30余年。まさに「匠」と言える熊澤 幸生のプロフィールと、彼の蔵出しとも言える資料を掲載しています。   そして、“SQLCAT 多田 典史の部屋“。 開発部門に属し、全世界に 25 人しかいないスペシャリスト集団である SQLCAT とは何者か。 そして日本人で唯一の多田はどんな仕事をしているのか。   それぞれのページでお確かめください。

0

構築支援サービスを提供 Windows Azure / SQL Azure の 90 日間の無償パス

日本マイクロソフトの斎藤です。先に松澤が案内した Azure 90 日無償パスですが、技術支援サービスが立ち上がっておりますのでお知らせします。 クラウドを活用した緊急情報提供用の Web サイト構築および移行支援アクセスの集中などによる高負荷状態の Web サイトや、緊急情報提供用の Web サイトについて、Windows Azure (TM) Platform を活用したサイト構築および既存サイトの迅速な移行を支援します。高負荷がかかり処理が追いつかない Web サイトのミラーサイト構築を行うとともに、当社の開発者支援チームが技術支援の提供や、サイト構築を簡素化する支援ツールも提供します。 上記支援を希望される場合は、事務局 info311a@microsoft.com (電子メール) までご連絡下さい。 Windows Azure / SQL Azure を 90 日間無料で利用出来るパスの利用方法 ● 申し込みサイト:http://windowsazurepass.com/?Campid=F3313E69-464C-E011-98E3-001F29C8E9A8● 無料パス:AZURE312

0