[実施中]: SQL Server 2008 R2 CTP 11月版 プレビュー セミナー「SQL Server 2008 R2 の新機能ダイジェスト」


マイクロソフトの北川です。


本日マイクロソフト新宿オフィスにおいて、標記


SQL Server 2008 R2 CTP 11月版 プレビュー セミナー「SQL Server 2008 R2 の新機能ダイジェスト」


を実施中です。日程的に22日実施ということになってしまいましたので、知る人ぞ知る(?)、SQL Server 2008 R2 のウェブサイトに限定した集客でしたが、セミナールームの定員を超える多数のお申込みをいただき、皆様の関心の高さにうれしい驚きを感じております。


本日は弊社斉藤による「SQL Server 2008 R2 概要」をお話しした後、(有)エスキューエル・クオリティの松本様より多数のデモを交えて「SQL Server 2008 R2 新機能ダイジェスト」をお話しいただいております。



SQL Server 2008 概要:弊社斉藤



SQL Server 2008 R2 新機能ダイジェスト:松本様



SQL Server Power Pivot for Excel の説明:松本様


新機能をデモを中心にお話しいただいておりますので、参加されている方の目の輝きが違います。
特に、今回は「セルフ サービス BI」という目玉機能の中心である Power Pivot を使用して、ユーザーがいかに容易に複数データソースを使用した分析を簡単に行えるかをデモいただいていますので、セミナーに参加されている方が前のめりにデモをご覧になっていることがわかります。


 


15:30 Update:


休憩をはさんで松本美穂様による SQL Server Report Builder 3.0 / SQL Server 2008 R2 Reporting Service の説明が始まりました。
SQL Server 2008 R2 では、データベースに格納されたデータを地図上にマッピングするための機能が非常に充実しており、追加のソフトウェアを利用することなく、地図を組み合わせた表現力豊かなレポートを作成することが可能です。



レポートビルダーの説明:松本美穂様


この地図ですが、Dundas 形式の地図だけではなく、マイクロソフトが提供している Bing Map を利用することも可能です。


 
Bing Map との連携:松本美穂様


地図データとの連携というと、コーディングが複雑というイメージをお持ちになるかも知れませんが、Reporting Services を利用いただければ、地図部分のコーディングを行わずとも地図との連携を行うことが可能となっています。 


こちらのセミナーですが、今後も継続して実施していく予定としておりますので、お時間ありましたら是非ご参加いただけますようお願いいたします。


 


今回セミナーにご協力いただいた松本様はブログでも SQL Server 情報を発信されております。



是非ご確認ください。


 

Comments (0)

Skip to main content