セルフサービスポータルへの道~5章 System Center 2012 SP1 SPF betaの設定~

  本章では、SPF(Service Provider Foundation) Beta の設定について、触れていきたいと思います。 ■おさらい~SPFとは何か?~ SPFは、System Center 2012 SP1(BetaではVMMのみ)をWEBブラウザからコントロールするためのコンポーネントです。 Service Provider Foundationを使うことによって、サービスプロバイダには下記のようなメリットがあります。 ・既存のセルフサービスポータルをREST APIで容易に拡張できること ・エンドユーザー企業がApp Controllerを採用していたときに、サービスプロバイダーのIaaS環境とオンプレミスを同一のコンソールで管理出来るソリューションになること ・マルチテナントに対応した基盤を構成出来ること ■SPFの設定方法 SPFをインストールする 前回のポストのソフトウェア要件を参考に、インストールしてください インストールするためには、Orchestratorのsetup.exeを開くとInstall SPFという項目が下のほうに出てきます。 インストール完了後 Service Provider Foundation用のコマンドラインのアプリケーションが追加されています    b.起動してみます。普通のコマンドラインのアプリケーションが出てきますが、Service Provider Foundation用のコマンドが打てるようになっています   c.また、IISマネージャを見てみると、SPFというWEBアプリケーションができているのも確認できます。このWEBアプリが、SPFの実態です。  ■SPFとVMMの紐づけ 実際に、SPFのコマンドをつかって、SCVMMとの接続をしてみたいと思います。上記のコマンドプロンプトからも可能ですが、 Powershell ISEを使って、”import-module spfadmin”としたほうが、下記の画像のようにサジェスチョンがでるので、便利です。 STEP1.モジュールのインポート Powershell Command : import-module spfadmin   STEP2.SPFServerとして、既存のVMMを登録する Powershell Command : New-SCSPFServer -Name <VMMサーバのFQDN> -ServerType 0 STEP3.SPFStampを新規作成する…

0

System Center 2012 SP1 Beta Service Provider Foundationのシステム要件

黒柳茂です。 9月11日にSystem Center 2012 SP1 beta版がリリースされております。 http://www.microsoft.com/ja-jp/server-cloud/system-center/sp1-default.aspx VHDやドキュメントはいまだ英語ですが、ここではそれらをできるだけ日本語にしてご説明をしたいと思います。   今回は、SPF (Service Provider Foundation)というコンポーネントのシステム要件についてです。(9月24日時点ではベータ版)   ■システム要件 ハードウェア要件          ハードウェア            メモリ 2 GB 最小, 4 GB 推奨 ハードディスク 1 GB 最小, 3 GB 推奨   OSおよびソフトウェア要件       ソフトウェア            OS – Windows Server 2012 Release  Candidate Installed on…

2

System Center 2012 SP1 Beta App Controllerの新機能とシステム要件

こんにちは、黒柳茂です。 今回は、System Center 2012 App Controller Service Pack 1 CTP2の新機能とシステム要件についてまとめました。 App Contorollerとは、オンプレミスとオフプレミス(パートナークラウドおよびAzure)上に配置されている仮想マシンをシングルコンソールで管理するためのツールです。 今回の新機能としては、下記のことができるようになりました。 ・SCVMM (System Center Virtual Machine Manager)のVMMライブラリもしくはネットワーク共有から、Azure上にvhdやイメージをアップロード ・仮想マシンをWindows AzureのDeployed serviceに追加  ・Windows Azure上の仮想マシンのスタート、停止ができるようになった ・VMMからAzureへ仮想マシンを移行することができるようになった ・ホステッド サービスを作成するために、Windows Azure上に仮想マシンを展開できるようになった ・サービスプロバイダーがホストしたSPF(Service Provider Foundation)への接続ができるようになった http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=30134   ■システム要件 ハードウェア 要件 The following are the 最小 and 推奨 ハードウェア 要件 for the App Controller server.         ハードウェア コンポーネント…

0

セルフサービスポータルへの道~4章 System Center 2012 SP1 SPF beta(Service Provider Foundation)のセットアップ~

黒柳茂です。 本章では、いよいよSystem Center 2012 SP1 SPF betaのセットアップをしてみたいと思います。 まずは、ハードウェア要件およびソフトウェア要件が満たされていることを下記のリンクで確認ください。 (IISの役割Onおよび機能設定や、SCVMMのコンソール、SQL Serverがインストールされている必要があります。) http://blogs.technet.com/b/shigeru_kuroyanagis_blog/archive/2012/09/24/system-center-2012-sp1-beta-service-provider-foundation.aspx   インストール方法 1.下記のリンクから、SC2012_SP1_BETA_SCO.exeをダウンロードしてください。(注意:BetaからはSPFはOrchestratorに含まれています。) http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=34607 2.SCO.exeを展開し、Setup.exeを起動し”Install Service Provider Foundation”をクリックします。 3.下記の画面では、Detabase Serverを指定しています。私はこのVMにSQL Serverをインストールしているので “Localhost”にしています。   4.SPFの実ファイルの置き場所を設定します。 SPFはIISのサイト上に展開されますので、IISに関係するInetpub直下に設定しています。 5.SPFをセットアップすると、2つのサイトが出来上がります。ADMIN WebとProvider Webです。 これらは、セルフサービスを作成するときに「管理者用のポータル」、「顧客用のポータル」の二つを使い分けられるようになっているためです。 それぞれのアプリケーションプールのクレデンシャルの設定を行います。 6.VMMをIIS上から操作するための、VMM Web Serviceの設定を行います。 設定は、ステップ5と同じにしています。 7.確認画面です、Installを押すとインストールが実施されます。 8.インストールが完了しました:) 9.スタート画面を見てみると「Service Provider Foundation Powershell」というアイコンが追加されています。   さて、これでSPFのセッティングが終わりました。 次回は、SPFの実際のアプリケーション方法を見ていただきたいと存じます。 黒柳 茂  

0

SCVMM 2012 SP1 CTP2 システム要件について

   Virtual machine Hosts System Center Virtual Machine Manager SP1 CTP2 のシステム要件について詳細は下記のドキュメントを確認してください。http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=30134     Hyper-V virtual machine hosts only, on the following operating systems: Windows Server 2012 Windows Server 2008 R2 with SP1 (Enterprise and Datacenter editions)    Note    Supports both full installation or Server Core installation. Hyper-V Server 2008 R2 with SP1 Important In this CTP, you can add   Windows…

0

セルフサービスポータルへの道~3章 仮想マシン管理 SCVMM 2012 SP1のセットアップ~

黒柳です。 2章では、準備として仮想マシンを3つ作成しましたが、これからはいよいよ具体的な環境の構築に入っていきたいと思います。   ・ネットワーク環境  それぞれの仮想マシンは固定IPでマシンをアサインします。私は下記のようにIPをアサインしました。 ・AD環境の構築  それでは、Active Directoryの環境を構築していきます。  まずは、仮想マシンSPF_DCでADの有効化をします。DHCPおよびDNSの機能も有効化します。 それぞれの機能がインストールされています。   インストールが完了されたら、ADDSの設定のウィザードへのリンクが出現しますので、そこをクリックします。 新規フォレストの作成をクリックし、「SPF.com」というフォレストを作成します。 機能レベルとドメインレベルは2012に設定しました。 また、ログファイルの格納パスだとか色々聞かれますが、進んでいきましょう。 自動的にインストールされ、再起動がかかります。 ADが有効化されたら、ほかの3台もこのドメインに所属するように設定します。   次はVMMのインストールです。システム要件については下記をご参照ください。 http://blogs.technet.com/b/shigeru_kuroyanagis_blog/archive/2012/08/17/scvmm-2012-sp1-ctp2.aspx  VMMサーバーをまずインストールするためには、下記のコンポーネントが必要です。    .NET Framework 4.5          これは、事前にインストールされている必要はありません。もしインストールされていなかったら、自動的に有効化されるようになっております。   Windows Assessment and Deployment Kit  (Windows ADK) 下記のサイトからダウンロードできますが、VMMのウィザードからもリンクが張られているので、VMMがインターネットにアクセス可能な場合は、ウィザードからインストールできます。 Microsoft  Download Center. SQL Server 2008 R2 コマンドライン ユーティリティ もしくは SQL Server 2012 コマンドライン ユーティリティご自身がインストールされるSQL Serverのバージョンに依存します。 もし、このユーティリティをインストールしない場合でも、VMMサーバー自体はインストールできてしまいます。しかし、もしSQL Serverを含むサービスを展開する際は本ユーティリティが必要です。 下記のリンクからインストール可能です。 Microsoft SQL Server  2008 R2 Feature Pack Microsoft SQL Server  2012…

0

セルフサービスポータルへの道~2章 仮想マシンの作成~

前回は、SPFにおけるシステム要件と注意点を確認しました。 本章では、実際に環境を構築していきたいと思います。 まずは、ホストOS(Windows Server 2012)上でHyper-Vを有効にします。 「メニューが変わったから、どこで有効にするかわからない!!!」という方がいらっしゃるかもしれませんので、 一応スクリーンショットで示しておきます。 画面中央上のAdd roles and featuresというところですね、日本語だったら「役割と機能の追加」という文言だったと記憶してます。   それでは、Hyper-V上に仮想マシンを3つ作成したいと思います。 1.Windowsボタンから「Hyper-V」とタイプするとHyper-V Managerが開きます。 2.右側のメニューに「仮想スイッチの管理」というボタンがあるので、そこをクリックし、 まずは、3つの仮想マシンとホストマシンをつなげる仮想スイッチを作成します。 ここでは、Internal(内部)/External(外部)/Private(プライベート)という種類がありますが、Internal(内部)を選択します。   3.仮想スイッチのプロパティを変更する画面です。 ここでは、”内部”の仮想スイッチの名称を”SPF”と設定しました。 次に、仮想マシンをWindows Server 2012のISOファイルから作成します。 右メニューの新規から仮想マシンを選択します。   ウィザードが立ち上がりますので、適当に読んでNextをクリックします。 今作ろうとしている仮想マシンはドメインコントローラーになる予定のものですので、仮想マシンの名前をSPF_DCと命名しました。 メモリの大きさ等を決めます。DCなのでそこまでリソースを割り当てなくてもよいです。 私は1GB, vCPU*1というリソースを割り当てました。 次は、この仮想マシンがどのネットワークを使用するかを決定します。先ほどSPFという内部ネットワークを作成したのを覚えていますよね? そのSPFというネットワークを割り当てます。 このステップでは、仮想ハードディスクを決めます。 今回は、すべて一から作成しますので、仮想ハードディスクの作成を選択してください。 また、ハードディスクのサイズも指定します。(ちなみに私は20GBのOSサイズにしています、DCしか動かさないので。。。) 次は、どこからOSをインストールするのかを聞かれます。 仮想ハードディスクは、一個前のプロセスで作成しましたが、まだフォーマットされたハードディスクです。 私は、ISOファイルとしてWindows Server 2012のメディアをもっているので、インストールは後程しようと思います。   OKを押すとこのような形で、仮想マシンが出来上がってきます。 これとまったく同じ作業をWEBとVMMに対しても実施し、Hyper-Vホストに仮想マシンが3つある状態を作ります。 さて、これでようやく仮想マシンが3つできました。それぞれの仮想マシンにISOファイルを使ってWS 2012をインストールしましょう。 仮想マシンをダブルクリックすると、Virtual Machine Connectionというコンソールが出てきます Media⇒DVD Drive⇒ディスクの挿入といき、WS 2012のメディアを挿入します。   するとWindows Server…

0

セルフサービスポータルへの道~1章 システム要件と注意点~

まずは、システム要件と注意点について調べてみます。 システム要件 Service Provider Foundation が稼働しているコンピュータ    ハードウェア       最小要件       推奨要件    メモリ 2 GB 4 GB 使用可能なハードディスク容量 1 GB 3 GB        ソフトウェア       ロケーション     Service Provider Foundation が稼働しているコンピュータ    メモ    Windows Server 2012 製品候補版 “Service Provider Foundation” webサーバー オペレーティングシステム PowerShell 3.0 “Service Provider Foundation” webサーバー…

0

セルフサービスポータルへの道~序章~

黒柳です。 Windows Server 2012やSystem Center 2012, SQL Server 2012などインフラ製品が一新され、 クライアントにおいてもWindows 8や次期Office製品が見えてきており、規模という観点においてもマイクロソフト史上最大のローンチイヤーになると言われております。 2012年の年明けと共にWindows Server 2012の機能が公開されるようになり、クラウド基盤としてHyper-VとSystem Centerをご検討いただくサービスプロバイダー様が徐々に増えてきているのを実感しております。 Hyper-V 3.0やSMB 3.0のスケーラビリティや新機能, シンプロビジョニングやストレージの重複排除などの目玉機能はもちろんそうですが、マイクロソフトのインフラ製品を検討いただく理由として、コストメリットやエンド企業のシステム移行の親和性を挙げていただく方もいらっしゃいます。 クラウド基盤としてのWindows Server, System Centerでは皆様が期待されている機能を搭載しておりますが、では、そのような最新のクラウド基盤をどのようにエンドユーザーのお客様にお使いいただくのでしょうか? その答えの一つがセルフサービスポータルです。 マイクロソフトはこれまでセルフサービスポータルに色々な投資をしてきました。 VMM SSP2.0, Dynamic Datacenter Toolkit for Hosters等がありますが、より便利に、柔軟に、そしてユーザーが集まるセルフサービスポータルを開発してまいりました。 その集大成が「Service Provider Foundation (SPF)」と呼ばれるセルフサービスポータルを構築するためのコンポーネントです。 このコンポーネントはSystem Center 2012 SP1に入っております。 このService Provider Foundation (SPF)は以下のような課題を持った方々に使っていただきたいです。 ・監視やバックアップのような顧客単価を上げるサービスを構築したい ・既存のセルフサービスポータルを活用したい ・WEB API経由で自社のIaaSにアクセスしたい ・テナントネットワーク管理が複雑 ・差別化のためにポータルをカスタマイズ/機能拡張したい ・マルチテナントのIaaSを構築したい   この「セルフサービスポータルへの道」というシリーズでは、 Windows Server…

0

SCVMM 2012 ベアメタルプロビジョニング

SCVMM 2012では、新しいハードウェア (OSをインストールしていない工場出荷状態の物理コンピューターなど) に、ベアメタル インストールを実行して、Hyper-Vホストを作成する機能があります。ベア メタル インストールとは、未構成のハードウェアに対してHyper-V ホスト OS のインストール、Hyper-V機能の有効化、VMMエージェントのインストールまでを完了する機能です。大量のHyper-Vホストを、同じ設定で構築する必要のある場合などに、有用な機能となります。 これは、特にホスティングシナリオでは自動化して運用効率を上げるという面でも非常にイケてる機能だと思っております。 ベア メタル インストールの手順は、大まかに以下の 5 つのフェーズに分かれています。 1.物理コンピューターの準備 2.PXE サーバーの SCVMM への登録 3.ドライバーファイルのライブラリ登録 4.ホスト プロファイルの作成 5.物理コンピューターへの OS 展開   この 5 つのフェーズについては、それぞれ以下の TechNet サイト (英語) に手順がまとまっております。本手順書においても、このフェーズに従って、手順を案内します。 Prepare the Physical Computers http://technet.microsoft.com/en-us/library/gg610690.aspx How to Add a PXE Server to VMM http://technet.microsoft.com/en-us/library/gg610651.aspx How to Add Driver Files to…

0