Yammer データのエクスポートについて

こんにちは、SharePoint サポート チームの福永です。 Yammer に投稿された情報は、”データのエクスポート” 機能でエクスポートすることができます。 また、”添付ファイルを含める” 項目を ON に設定してエクスポートを行った場合、添付されたファイルが “files” ディレクトリ内にエクスポートされます。 “files” ディレクトリのファイルがスレッド内のどのファイルに該当するかは、CSV ファイル内の ID を元に確認いただく必要がございますので、確認方法をご紹介させていただきます。   <目次> A. データのエクスポート手順 B. エクスポートした CSV ファイルから対象のファイルが添付されたスレッドを特定する方法   A. データのエクスポート手順 Yammer で投稿された内容は下記の手順でダウンロードいただくことが可能です。   1. Yammer のネットワーク管理者で Yammer のホームページにアクセスします。 2. “歯車マーク” – [ネットワーク管理] をクリックします。 3. [ネットワーク データのエクスポート] をクリックします。 4. “データのエクスポート” ページで適宜設定を行い、[エクスポート] をクリックします。   ※ [次の日時までのすべてのデータをエクスポート] 項目で取得したいデータの当日を指定した場合、その日に投稿された内容やユーザーが出力されない場合がございます。    その場合は、[次の日時までのすべてのデータをエクスポート]…

0

Office 365 テナント上の複数のYammer ネットワークについて

こんにちは、SharePoint サポート チームの関 友香です。   先日 (2018 年 3 月 31 日時点) Office 365 のメッセージ センターにて、Office 365 テナント上に存在する複数の Yammer ネットワークの統合の計画がアナウンスされました (MC133153)。これまでにも多数のお客様からOffice 365 テナントに多数存在している Yammer ネットワークについてご質問をお寄せいただいておりますので、本ブログにてご利用中のテナントの Yammer の確認方法、複数の Yammer ネットワークが存在している背景、Yammer ネットワーク統合に向けた対応方法などをご紹介させていただきます。 <目次> 1. 既存の Yammer ネットワークの確認 2. 複数のYammer ネットワークが作成された背景 3. Yammer ネットワークの統合 4. Yammer ネットワークの管理 1. 既存の Yammer ネットワークの確認 Office 365 テナントに多数のカスタム ドメインを登録している環境では、複数の Yammer ネットワークが作成されている可能性がございます。まずは、Yammer ネットワークの管理メニューから現在の Yammer…

0

Yammer のダイジェスト メールについて

こんにちは、SharePoint サポート チームの関 友香です。 先日 (2017 年 11 月 1 日) Yammer が送信する週次のダイジェスト メールが廃止され、日次で送信される動作に変更となりました。この動作変更に伴い、Yammer サポート窓口にもお問合せをいただくことがありますので、ダイジェスト メールの動作や通知管理の方法をご紹介いたします。   Yammer のダイジェスト メールとは ダイジェスト メールを購読しているユーザーには、ユーザーが参加しているグループや参加していないグループのアクティビティ情報が送信されています。ダイジェスト メールには以下の 2 種類がございます。   A. ユーザーが参加しているグループのダイジェスト メール (日次ダイジェスト メール) 今回、週次の購読が廃止になったのはこちらのダイジェスト メールです。これまで、ダイジェスト メールの通知は、”送信しない”、”日次で送信する”、”週次で送信する” の 3 種類から選択することが可能でしたが、現在は “週次で送信する” 設定が廃止されております。動作変更以降の設定は、ユーザーのこれまでの通知設定に基づき、以下のように変更されています。 ・ “送信しない” と設定していた場合、ダイジェスト メールは送信されません。 ・ “日次で送信する” と設定していた場合、ダイジェスト メールは日次で送信されます。 ・ “週次で送信する” と設定していた場合、ダイジェスト メールは日次で送信されます。 [サンプル]   B. ユーザーが参加していないグループのダイジェスト メール…

0

Office 365 ユーザーにおける Yammer への初回アクセス時の言語について

こんにちは。Yammer 担当の砂川です。 今回のブログでは Office 365 ユーザーがアプリランチャー上の [Yammer] タイルから Yammer へ初めてアクセスした際に、 Yammer 側で言語を設定するまでの流れや動作の詳細についてご案内いたします。 ※ 今回ご案内する内容は 2017/07/31 時点の動作となります。   目次 1. Yammer への初回アクセス時の言語選定について 2. ユーザーの ”PreferredLanguage” の値について 3. Yammer に招待されたことがあるユーザーの言語設定について <補足: Yammer “言語自動検知” 機能について> 1. Yammer への初回アクセス時の言語選定の仕組み Office 365 ユーザーがアプリ ランチャー上の [Yammer] タイルから Yammer に初回アクセスした場合、Yammer の言語は以下の項目を順番に確認し、言語を選定します。   1) ユーザーの Office 365 側の“PreferredLanguage” の値が設定されているか否か 2) ユーザーが今まで他のユーザーから Yammer へ招待されているか否か…

0

Yammer グループと Office 365 グループの統合について (V2)

こんにちは、SharePoint サポート チームの関 友香です。   先日投稿いたしました ブログ記事 にて、Yammer グループと紐づく Office 365 グループの作成を制限する方法としてテナント上で Office 365 グループの作成を制限する方法をご案内しております。本日 (2017/4/6)  時点で、手順を実施するために必要なモジュールの適用が停止されており、再開の予定がない状態であることを確認しております。該当モジュールが Azure Active Directory PowerShell Module V1 Public Preview (ベータ) 版での提供であったことと、現在最新の Version 2 (V2) を開発、提供中であるためとなります。 既に Azure Active Directory PowerShell Module V1 Public Preview 版をダウンロード済みの方は引き続き同様の手順をご利用可能ですが、これから新規で設定を行う方 (ダウンロード未実施の方) は Azure Active Directory PowerShell Module V2 版を使用する必要があります。 これから設定を行いたい方のために、本記事では Azure Active Directory PowerShell…

0

Yammer グループと Office 365 グループの統合について

こんにちは、SharePoint サポート チームの関 友香です。   先日 (2017 年 3 月 2 日) Yammer グループと Office 365 グループが統合されることが公式ブログより告知されました。サポート記事でもご案内差し上げております通り、要件を満たしたテナントをご利用の場合には、この機能をすでに確認された方もいらっしゃるかと思います。今回の投稿では、Yammer グループと Office 365 グループとの統合について、サポート窓口にお問い合わせいただく以下の疑問についてお答えいたします。 ・ Yammer グループの作成を制限する方法はないのか。 ・ Office 365 グループに統合されることでとグループやチームサイトの管理が煩雑になることを懸念している。統合を制限する方法はないのか。 ※ 4/6 追記 : 現在、本手順を実施するために必要なモジュール (Azure Active Directory PowerShell Module V1 Public Preview 版) のダウンロードが廃止されていることを確認しております。 Azure Active Directory PowerShell Module V2 版を利用して Office 365 グループを制限する方法は以下のブログ記事にてご紹介させていただきます。 タイトル : Yammer グループと…

0