PSCONFIGUI.EXE と PSCONFIG.EXE はどちらを使うべきか

こんにちは、SharePoint サポートの川添です。 今回の投稿では、Senior Escalation Engineer Stefan Gossner さんが投稿している以下の記事をベースに、PSCONFIGUI.EXE と PSCONFIG.EXE の相違について説明したいと思います。なお、本投稿は、作者の許可を得て投稿、一部追記しています。 Why I prefer PSCONFIGUI.EXE over PSCONFIG.EXE PSCONFIG.EXE と PSCONFIGUI.EXE は、いずれも構成ウィザードとして知られる、コマンドベースラインのツール、GUI ベースのツールという相違があります。 PSCONFIGUI.EXE は、SharePoint で更新プログラムの適用後に実施するいくつかのタスクを実施する UI ベースの構成ウィザードです。 PSCONFIG.EXE は、より詳細なオプションを指定することのできるコマンドラインツールであり、そのオプションの指定次第では UI ベースの構成ウィザードよりも短時間で完了することもあります。 一方、コマンドラインツールである PSCONFIG.EXE は、その性質上どの操作を実施するかは、実施するユーザーが指定するオプションに依ります。多くの場合、PSCONFIG.EXE を実施する場合に、以下のオプションを指定して実施することがあります。 PSCONFIG -cmd upgrade -inplace b2b -wait しかしながら、このコマンドは、PSCONFIGUI.EXE で実行される操作のサブセットを実行するのみです。例えば、このオプションでは、Web Application の _app_bin にあるファイルは更新されません。PSCONFIG.EXE で実行できるオプションには、以下のようなものがあります。オレンジでマークされた操作は、更新プログラムを適用した後に、PSCONFIGUI.EXE を実施した場合に自動的に実施される操作です。 Usage: psconfig.exe -cmd [Parameters] psconfig.exe -help…


特定のコンテンツが検索結果で取得されない場合のトラブルシューティングのヒント

こんにちは、SharePoint サポートの佐伯です。   今回の投稿では、検索結果で特定のコンテンツが取得されない場合にご確認いただきたい内容を記載しております。検索を実行しても特定のコンテンツが検索結果として得られない場合、そのコンテンツの検索インデックスが存在するか、検索インデックスは存在するが何らかの理由で検索結果として取得されないかを切り分けましょう。どちらの状態であるかによって、確認する情報 (検索データや各種設定、ファイル等) が異なります。まずはこの問題の切り分けを行うことが重要です。基本的なものにはなりますが、以下をお試しください。   ・検索クエリを変えて検索する 例えば、別のキーワードで検索を行ったり、Title や Path 等でプロパティ検索を行います。(Title:”sample item”、Path:”http://xxxxx/Shared%20Documents/sample.xlsx”) 検索 Web パーツに複雑なクエリを設定している場合は、一度簡単なクエリに変更して検索します。 ・クロール ログを確認する コンテンツの URL をもとに該当のクロール ログを確認し、正常にクロールが完了しているかを確認します。クロール ログの確認方法については、下記の公開情報をご参照ください。 タイトル : 検索診断を表示する (SharePoint Server 2013) – クロール ログ アドレス : https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/5cf2a498-d879-4673-b4d4-2eaa36695ff9#proc3   特定のコンテンツの検索インデックスが存在しないと判断した場合は「(1) 特定のコンテンツの検索インデックスが存在しないため、検索結果として取得できない」を、特定のコンテンツが検索結果で確認できた場合は「(2) 検索インデックスは存在するが、検索条件やその他の問題により検索結果として取得できない」をご確認ください。   (1) 特定のコンテンツの検索インデックスが存在しないため、検索結果として取得できない 検索を実行すると検索インデックスから検索結果が返されます。目的のコンテンツのインデックスが存在しない場合、検索条件を変更しても検索結果として取得されません。 考えられる可能性 ■クロールが実行されていないため、目的のコンテンツのインデックスが作成されていない ■目的のコンテンツがクロール対象になっていないため、クロールを実行してもインデックスが作成されない ■コンテンツのクロール中に何らかの問題が発生し、正常にインデックスが作成されない ■クロールが実行されていないため、目的のコンテンツのインデックスが作成されていない クロールがスケジュール化されている場合は、クロールが実行されるまで待ちます。 または、手動でクロールを開始します。クロールの開始方法については下記の公開情報をご参照ください。 タイトル : SharePoint Server 2013…

0

検索結果でカスタムの管理プロパティが表示されない場合のトラブルシューティングのヒント

こんにちは、SharePoint サポートの佐伯です。 今回の投稿は、検索のトラブルシュートについてです。コンテンツ検索 Web パーツや検索結果 Web パーツの検索結果で、カスタムの管理プロパティが表示されないとのお問い合わせをいただくことがあります。 これには大きく三つの要因が考えられます。一つ目は、検索インデックスの目的の管理プロパティに正常に値が格納されていないこと、二つ目は、検索結果の取得時に管理プロパティが正常に返されないこと、三つ目は、検索結果で返された管理プロパティが正常に表示されないことです。 それぞれの要因につながる理由として、一つ目の場合は、アイテムが正常にクロールされていないことや、管理プロパティにマップされたクロールされたプロパティが正しくないことが考えられます。二つ目の場合は、管理プロパティが取得可能な設定になっていないことや、Web パーツの管理プロパティのマッピングが正しく行われていないことが考えられます。三つ目の場合は、検索結果を描画する表示テンプレートの内容が関係して想定した表示が行われないことが考えられます。(これらはあくまで一例となります。) どれに該当するかによって、確認する情報 (検索データや各種設定、ファイル等) が異なりますので、問題の切り分けを行うことが重要です。 その方法の一つとして、検索の REST API を使用して単純に検索結果を取得し、管理プロパティの値を確認する方法をご紹介します。こうすることで、Web パーツの設定や表示テンプレートの内容とは切り離して動作を確認することができます。 検索の REST API を使用して管理プロパティを取得する 検索の REST API を使用して検索結果を取得し、カスタムの管理プロパティの値を確認します。 ブラウザーのアドレス バーに下記の URL を入力して実行し、検索結果を取得します。 <サイトの URL>/_api/search/query?querytext='<キーワード>’&selectproperties='<取得する管理プロパティ>’ キーワードには、目的の検索結果を取得するための条件を入力します。(日本語を指定する場合は URL エンコードを行います。) 例) あるアイテムの管理プロパティ TestProperty の値を確認します。 <サイトの URL>/_api/search/query?querytext=’item1’&selectproperties=’Title,Path,TestProperty’ 検索結果を取得した後は、Title や Path 等から該当のアイテムであるかを確認し、目的の管理プロパティの値を確認します。上の画像では、アイテムitem1 の TestProperty の値は property1 になります。 参考) 検索 REST API の詳細については下記の…

0

検索結果の並べ替えができない、または検索の並べ替え条件が設定できない場合のトラブルシューティングのヒント

こんにちは、SharePoint サポートの佐伯です。 SharePoint の検索 Web パーツや検索機能を利用した開発等で、検索の並べ替えができないというお問い合わせをいただくことがあります。今回は、検索の並べ替えができない例をまとめてご紹介します。トラブルシュートの際にご参考になりましたら幸いです。 ・コンテンツ検索 Web パーツで並べ替え条件を設定する際、[クエリの変更] – [検索の並べ替え] 設定で目的の管理プロパティが見つかりません。 ・最近変更されたアイテム Web パーツで、並べ替えの基準となる管理プロパティを変更したいが、設定箇所が見つかりません。 ・検索結果 Web パーツの [クエリの変更] – [検索の並べ替え] 設定で目的の管理プロパティを設定しているが、設定通りに検索結果の並べ替えが行われません。 ・検索の REST URL で sortlist パラメーターに管理プロパティを設定すると、検索結果が取得できません。 ・JavaScript Object Model (JSOM) を使用して検索結果を取得する際、SortList プロパティに管理プロパティを追加すると、検索結果が取得できません。 ・ファイルの検索結果を LastModifiedTime 順に取得した際に、ドキュメント ライブラリ上のプロパティの更新日時順と一致しません。 コンテンツ検索 Web パーツで並べ替え条件を設定する際、[クエリの変更] – [検索の並べ替え] 設定で目的の管理プロパティが見つかりません。 要因 : 目的の管理プロパティで並べ替え可能が有効でない可能性があります。 解決方法 : 目的の管理プロパティを並べ替え可能に設定します。設定方法は以下の記事をご参照ください。 SharePoint 2013 検索の並べ替え条件で目的の管理プロパティを使用するための設定 最近変更されたアイテム Web…

0