PowerShell で SharePoint CSOM を使用する際の Tips

こんにちは、SharePoint サポートの秋山 雅裕 (makiyama) です。   今回の投稿では、SharePoint Server / SharePoint Online に対して、クライアント サイド オブジェクト モデル (以下、CSOM) をリモートで実行する PowerShell スクリプトを記述する際の Tips をご紹介します。   CSOM を使用することで、SharePoint にログインすることなくサイト コレクション配下のオブジェクトを操作するバッチなどを実装することが可能です。 また、PowerShell を使用することで、Visual Studio などをインストールすることなくスクリプトが実行できます。   <目次> 事前準備 ツール 基本的な CSOM の実装 ラムダ式の利用 ファイル出力   事前準備 対象となる SharePoint によって利用可能な API が異なるため、適切な CSOM のアセンブリを取得します。 SharePoint の更新に合わせて CSOM のアセンブリも更新されるため、定期的に最新版を確認、取得いただくことをお勧めします。   SharePoint Online…

0

外字を利用している端末で、SharePoint Online の新 UI で画面が崩れる現象

こんにちは。SharePoint サポートの井上です。   外字を利用している端末で SharePoint Online の新 UI のライブラリやリストなどに IE11/Edge でアクセスすると、アイコンの代わりに IME に登録されている外字が表示され、画面の一部が崩れる場合があることが報告されております。 本動作は、SharePoint Online の新 UI で、”アイコン フォント” という Web 技術を使用して画面上のアイコンを表示していることが影響しております。 一般的に各文字コードに対してテキストが割り当てられておりますが、アイコン フォントでは文字コードに対してテキストの代わりにアイコンを割り当て、ブラウザー上の画面表示に使用することが可能です。 アイコン フォントは一般的なテキストと競合しない文字コードが割り当てられますが、外字として登録されているフォントとアイコン フォントの文字コードが競合すると、IE11/Edge では外字が優先して利用される動作となります。 このため、端末でご利用されている外字の文字コードによっては、上述の画面崩れが発生する場合があります。   本動作は製品の制限事項であり、またアイコン フォントには以下のようなメリットもございますので、今後も SharePoint Online の動作としては、新 UI でアイコン フォントの使用を止めるなどの対処を実施する予定はございません。 ・ベクター型のデータとなるため、画面の解像度やデバイスに依存せずにアイコンをきれいに表示することが可能 ・従来の Web システムでは一般的にアイコンは画像ファイルが使用されていましたが、一般的にはアイコン フォントの方が画像ファイルより軽量なため、ブラウザーやネットワークの負荷が軽減できる   また、SharePoint Online は継続してサーバー側の動作が変更されているため、現在競合が発生していない外字の文字コードについても、今後 UI の変更/修正などにより上述の画面崩れが生じる可能性がございます。   対処策について 現時点で確認できている対処策は以下の 2 点となります。  …

0

SharePoint Online/OneDrive for Business/Delve でひと検索を無効化する – Delve

こんにちは。SharePoint サポートの井上です。 本投稿は “Delve” のユーザー検索についてご案内いたします。ユーザー検索に関するその他の機能については、以下のリンク先でご確認ください。   ユーザー検索機能 1.    ユーザー選択ダイアログ 2.    SharePoint ホーム 3.    SharePoint 検索センター 4.    Delve   Delve Delve のひと検索機能は SharePoint ホームと類似しており、ユーザー プロファイルの SPS-HideFromAddressLists に 1 が格納されているユーザーを検索結果に表示しない動作となります。 Delve の本動作についてもデータ センター側でハードコードされており、現時点においては動作を変更することが出来ませんので、ご留意ください。 しかし、Delve については SharePoint ホームとは異なり、幾つかのキャッシュされた情報が検索結果に影響するため、SPS-HideFromAddressLists に 1 が格納されているユーザーも検索結果に表示されるシナリオがございます。 以下に、既知のシナリオについてご紹介いたします。   連絡先リストに表示されているユーザー Delve ページの左側に [連絡先] リストが存在し、ユーザーの情報が表示されております。 [連絡先] リストに表示される情報は、過去にアクセスしたユーザーの Delve へのリンクが最大で 7 件表示されます。 Delve の検索は、連絡先リストに表示されているユーザーと、SharePoint の検索インデックスが保持するユーザーのうち、検索クエリに該当するユーザーを表示する動作となります。 このため、SPS-HideFromAddressLists…

0

SharePoint Online/OneDrive for Business/Delve でひと検索を無効化する – SharePoint 検索センター

こんにちは。SharePoint サポートの井上です。 本投稿は “SharePoint 検索センター” のユーザー検索についてご案内いたします。ユーザー検索に関するその他の機能については、以下のリンク先でご確認ください。   ユーザー検索機能 1.    ユーザー選択ダイアログ 2.    SharePoint ホーム 3.    SharePoint 検索センター 4.    Delve   SharePoint 検索センター SharePoint 検索センター (https://<tenannt>.sharepoint.com/search) はユーザーの検索を無効にする動作は既定では備えておりませんが、SharePoint 検索センターは検索結果の表示に関する様々な設定が可能であり、適切な設定を実施することでユーザーが検索されないようにすることが可能です。 本投稿では、SharePoint ホームと同様に、SPS-HideFromAddressLists に 1 が設定されているユーザーが検索結果に表示されない設定についてご案内いたします。   設定変更手順 https://<tenant>.sharepoint.com/search/Pages/peopleresults.aspx に管理ユーザーでアクセスし、[ページの編集] をクリックします。 “ひとの検索の主要結果” Web パーツの編集を実施します。 [クエリの変更] をクリックします。 [クエリ テキスト] に “{searchboxquery} -“SPS-HideFromAddressLists”:1” を入力し、[OK] をクリックします。 Web パーツの設定パネルで [OK] をクリックし、その後ページを保存します。 ページのチェックイン、および発行を実施します。   ここまで設定を実施することで、検索センターの…

0

SharePoint Online/OneDrive for Business/Delve でひと検索を無効化する – SharePoint ホーム

こんにちは。SharePoint サポートの井上です。 本投稿は “SharePoint ホーム” の検索機能についてご案内いたします。ユーザー検索に関するその他の機能については、以下のリンク先でご確認ください。   ユーザー検索機能 1.    ユーザー選択ダイアログ 2.    SharePoint ホーム 3.    SharePoint 検索センター 4.    Delve   SharePoint ホーム SharePoint ホーム (https://<tenant>.sharepoint.com/_layouts/15/sharepoint.aspx) で検索を実施すると、ユーザーも検索対象となります。 SharePoint ホームの検索機能で検索されるユーザーは、SharePoint のユーザー プロファイルの情報より作成された検索インデックスから検索されています。 SharePoint ホームの検索機能では、ユーザー プロファイルの SPS-HideFromAddressLists に 1 が格納されているユーザーを検索結果に表示しない動作となります。 本動作はデータ センター側でハードコードされており、現時点においては動作を変更することが出来ませんので、ご留意ください。 ユーザー プロファイルの SPS-HideFromAddressLists に 1 を格納するためには、以下の方法がございます。   オンプレミスの AD と同期しているユーザー (フェデレーション ID) 以下の公開情報に記載の通り、ユーザー プロファイルの SPS-HideFromAddressLists にはオンプレミス AD…

0

SharePoint Online/OneDrive for Business/Delve でひと検索を無効化する – ユーザー選択ダイアログ

こんにちは。SharePoint サポートの井上です。   Office 365 でユーザーの検索を無効化したいというビジネスニーズを伺う場合がございます。 ユーザー検索の無効化については、幾つかの公開情報がございますが、本投稿では SharePoint Online/OneDrive for Business/Delve のユーザー検索の無効化について、詳細にご案内いたします。 なお、本情報の内容は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。 タイトル : Plan to disable people discovery in OneDrive for Business and SharePoint Online アドレス : https://support.office.com/ja-jp/article/cdbe97f9-a872-4aec-b94a-36844ec2b9aa タイトル : Exclude Users From Delve and SharePoint Online People Search アドレス : https://blogs.technet.microsoft.com/sposupport/2017/07/25/exclude-users-from-delve-and-sharepoint-online-people-search/ SharePoint Online/OneDrive for Business/Delve でユーザーを検索する機能としては、主に以下の機能がございます。 本投稿は “ユーザー選択ダイアログ” についてご案内いたします。その他の機能については、以下のリンク先でご確認ください。   ユーザー検索機能 1.   …

0

SharePoint Online で意図しないサイト コレクション管理者が設定される

こんにちは。SharePoint サポートの井上です。   SharePoint Online Management Shell で New-SPOSite コマンドを利用してサイト コレクションを作成した場合に、極稀にですが以下のようにサイト コレクション管理者に意図しないアカウントが設定される場合があることが報告されております。     (具体例) 実行したコマンド New-SPOSite -Url https://contoso.sharepoint.com/sites/test1 -Owner admin@contoso.com -StorageQuota 1024   実際のサイトコレクション管理者 YLO001\_spofrm_127_11238 <参考情報> タイトル : New-SPOSite アドレス : https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/fp161370.aspx   本現象は、データセンター側の一時的な問題により発生したと考えられ、Set-SPOSite コマンドでサイト コレクション管理者を再設定することで回避することが確認されております。 ご不便をおかけしますが、同様の現象を確認された際には、本対処によりサイト コレクション管理者が正しく設定されるかお試しください。   (コマンド実行例) Set-SPOSite -Identity https://contoso.sharepoint.com -Owner admin@contoso.com   <参考情報> タイトル : New-SPOSite アドレス : https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/fp161370.aspx  …

0

SharePoint Online への初回アクセス時のみ、サイトの一部が英語で表示される

こんにちは。SharePoint サポートの井上です。   SharePoint Online への初回アクセス時に、特定の条件に該当する場合のみサイトの一部が英語で表示される現象が報告されております。 現時点で確認されている再現条件は以下の通りとなりますが、以下に紹介する条件以外にも、極稀に同様の現象が発生するとの報告を確認しております。   確認されている再現条件 1) 既定の言語に英語以外を指定して、サイトを作成 * 本例では既定の言語が日本語のサイトをご紹介いたします。 2) サイトにアクセス権限を付与する前に、ユーザーがサイトにアクセス * 以下のような画面が表示されます。 3) その後、該当のユーザーがセキュリティ グループを介してサイトに権限を付与 * セキュリティ グループ以外に、”外部ユーザー以外のすべてのユーザー” に対して権限を付与した場合も同様となります。 4) 該当のユーザーがサイトにアクセス * 以下のように、画面の一部を除いて英語表記になっていることがご確認いただけます。   同様の現象が発生した場合は、F5 キーを押してページをリロードするなどで回避が可能です。 また、2 回目以降のアクセスでは、正常に画面が表示されることが報告されております。 初回アクセス時に画面表示の一部が英語になる以外の影響は現時点では報告されておりませんので、この点についてはご安心ください。   本動作につきましては、製品の問題と認識しており開発部門へのフィードバックを実施しております。 現時点においては今後の対応方針やスケジュールについて情報が確認できておりませんが、進展があった場合は本ブログ記事でもご案内する予定でございます。   今回の投稿は以上です。 本情報の内容は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

0

テナント上の全ての画像ライブラリを Office 365 CDN に登録する方法

こんにちは。SharePoint Online サポートの江田です。   2017 年 4 月に Office 365 CDN がリリースされました。 それに伴い、SharePoint Online のスライドショー Web パーツの動作に関しても変更がありました。   下記の技術情報にも公開されているとおり、従来はスライドショー Web パーツが表示する画像を数秒間隔で自動で切り替わる動作をしていましたが、動作変更により既定ではこの動作が無効となるよう変更されました。 今後画像の自動切り替えの機能を利用するためには、スライドショー Web パーツが参照している画像ライブラリが Office 365 CDN に登録されていることが必要となります。 タイトル : Non–CDN-enabled SharePoint Picture Library Slideshow web part no longer switches automatically to new images URL : https://support.microsoft.com/en-us/help/4021555/non-cdn-enabled-sharepoint-picture-library-slideshow-web-part-no-longe   特定の画像ライブラリを Office 365 CDN に登録する場合、下記の PowerShell コマンドで登録いただくことが可能です。…

0

SharePoint Online/OneDrive for Business で Office 365 グループの作成を制限する

こんにちは。SharePoint サポートの井上です。 現時点において、既定の状態では SharePoint Online/OneDrive for Business の画面から、Office 365 グループが作成できる動作となっております。   SharePoint Online (https://<テナント>.sharepoint.com/_layouts/15/sharepoint.aspx) OneDrive for Business   テナントの管理方針によっては Office 365 グループの作成について禁止したいとのご要望もあると考えられますが、Outlook on the Web で Office 365 グループの作成を制限するための Set-OwaMailboxPolicy コマンドは SharePoint Online/OneDrive for Business には有効ではないため、注意が必要です。 SharePoint Online/OneDrive for Business の画面から Office 365 グループ作成を制限するためには、既に Microsoft Planner、Yammer に関する以下の投稿に記載の方法でご実施頂けますのでご参考にしてください。 * それぞれの記事でご案内している方法は同一となります。本方法を実施することにより、Office 365 グループと連携するテナント全体の各種サービスの動作が影響しますので、予めご留意ください。 タイトル : Microsoft Planner にて一般ユーザーによるプラン作成を制限する方法について…

0