SharePoint Designer 2013 の使用に必要な権限

SharePoint サポートの江口です。今回の投稿では、SharePoint Online (SPO) および SharePoint Server 2013 で SharePoint Designer 2013 (SPD 2013) を使用するにあたり、ユーザーに必要な権限について記載します。 SPD 2013 は様々なカスタマイズができるツールであるため、SharePoint サイト管理者が、一般ユーザーの SPD 2013 の使用を制限したい場合があります。一方で、特定のユーザーのみに SPD 2013 の使用を許可したい要望もあるかと存じます。   以下に、SPD 2013 を使用するにあたり必要な権限情報についてご案内いたします。   必要な権限 SPD 2013 で SPO 上の SharePoint サイトにアクセスするためには、既定で用意されているものでは、以下のいずれかの管理者ロールかアクセス許可レベルが割り当てられたユーザーである必要があります。   管理者ロール (Office 365 管理センターから設定可能) 全体管理者 SharePoint 管理者 アクセス許可レベル (SharePoint サイトで設定可能) デザイン権限 フルコントロール権限 サイト コレクションの管理者 全体管理者 SharePoint…

0

SharePoint 2013 リスト アイテムの新規作成フォーム、編集フォーム、表示フォームを作成する

こんにちは、SharePoint サポートの佐伯です。 今回の投稿では、リスト アイテムの新規作成フォーム、編集フォーム、表示フォームを作成する方法をご紹介します。 運用中にフォームを再作成するケース 本投稿に至った背景として、「リスト アイテムのフォームが壊れてしまった」、「リスト アイテムのフォームを誤って削除してしまった」ことから、フォームを再作成されたいというお問い合わせをいただくことがあります。その際に、具体的な方法が分からないとのお声をいただきましたので、今回はこれらのフォームの作成方法についてとりあげております。 リスト アイテムのフォームはサイトの画面上で作成することができません。フォームの作成には SharePoint Designer を使用するか、オブジェクト モデルを使用したプログラムを実装するという方法になります。下記でそれぞれの方法をご紹介します。 方法1) SharePoint Designer でフォームを作成する 方法2) PowerShell でフォームを作成する 方法1) SharePoint Designer でフォームを作成する 1. SharePoint Designer でリストの編集画面を開き、フォーム セクションで [新規作成] ボタンをクリックします。 2. [新しいリスト フォームの作成] ダイアログが表示されますので、ファイル名やフォームの種類を選んで [OK] をクリックします。ここでは、”アイテム作成フォーム” を選択します。 3. 以下のような新規作成フォームが作成されます。 このようにして、SharePoint Designer を使用して画面上の操作でフォームを作成することができますが、SharePoint 2013 サイトで既定で作成されるフォームとは異なる表示になります。例えば、People Picker が以下のように異なります。また、デザインが少々異なる箇所があります。 これは、SharePoint 2013 サイトで既定で作成されるフォーム Web パーツと SharePoint Designer…

0

2013 形式ワークフローでリストアイテムの権限変更を行う方法について

こんにちは、SharePoint サポートの森 健吾 (kenmori) です。 今回の投稿では、SharePoint Online (または SharePoint Server 2013 On-Premises) において 2013 形式ワークフローで権限変更を行う方法についてご紹介します。 導入 : 詳細に設定されたアクセス許可(FGP) を実現する方法 SharePoint でアイテム作成時等にアイテムごとにアクセス許可を自動的に付与する方法を実現するためには、カスタマイズが必要となります。 SharePoint On-Premises 製品で本機能を実現する場合は、迷わず Visual Studio を使用してファーム ソリューションでアイテム イベント レシーバーを開発し展開することが適切です。つまり、ItemAdded や ItemUpdated イベントにおいて SPListItem.BreakRoleInheritance(false) メソッドを呼び出し、SPListItem.RoleAssignments.Add() メソッドで必要なロール割り当てを指定する方法です。 ただし、SharePoint Online では、ファーム ソリューションでの開発はできません。そこで、以下の代替案に行き着くことになりますが、どの選択肢も制約があります。 代替案 1) サンドボックス ソリューションでイベント レシーバーを開発する。   サンドボックス ソリューションは非推奨のカスタマイズ手法です。注意点としては、カスタムコードの実行処理や実行回数が多く、結果的にサイトのリソース クオーターを超えた場合、ペナルティのため該当サイトではサンドボックス ソリューションがアンロードを翌日まで使用できなくなることがある点にあります。このため、重要なビジネス ロジックをホストする点には懸念があります。 代替案 2) Azure などのクラウド環境を調達し、リモート イベント…

0

SharePoint のページをフレーム (FRAME,IFRAME) 内に表示する方法について

こんにちは、SharePoint サポートの森 健吾 (kenmori) です。 今回の投稿では、SharePoint Online または SharePoint Server 2013 のページをフレーム内で表示すると "このコンテンツはフレーム内に表示できません。" とエラー発生する現象について原因と対処策をご説明します。SharePoint Online や複数 On Premises など、様々な環境間でのハイブリッド運用シナリオが増えてきており、特に下記のようなシナリオで IFRAME を使用することが一般的となっています。 ・ページ作成者が他ファームやテナントの Web パーツを表示する。・アプリケーション開発者が、クロスドメイン制約をクリアするため JavaScript プログラミングでフレーム間通信 (window.postMessage) を実装する。  このような状況において、突然本投稿のような現象に遭遇することは多いと思います。この投稿が問題解決の手掛かりにしていただけますと幸いです。   発生現象 SharePoint Online または SharePoint Server 2013 では、フレームからページが呼び出された際に、親ウインドウ (呼び出し元) ページの URL が同じドメイン内でない場合は、フレーム内にページを表示することをブロックする動作となりました。 SharePoint 標準 Web パーツである ページ ビューア Web パーツを使用した場合でも、この動作の例外にはならず、別ファーム (または別テナント) にあるページを表示することはできません。 HTML <html> <iframe src="https://tenant.sharepoint.com/DocLib1/test.aspx" width="100%"…

0

SharePoint のページ上で CSS を使用し、特定のページ領域を非表示にする基本テクニック

こんにちは、SharePoint サポートの森 健吾 (kenmori) です。今回の投稿では、SharePoint のページ上で CSS (スタイル シート) を使用し、特定のページ領域を非表示にするテクニックについてご紹介します。   導入 1: スタイルシートを使用する背景 SharePoint でユーザーに操作させたくないコンテンツを非表示にする方法は様々なものがあります。Web ページなので、CSS を組み込むことは最も簡単な方法として思いつくことでしょう。   実際にスタイル シートを選択する判断としては下記があります。 1) 要望を実現したいが Visual Studio を使用してまで実施したくない場合 2) SharePoint Designer などのツールを使ってもコンポーネント レベルの制御しかできないため、その部品として描画されるコンテンツを非表示にするといった場合 SharePoint で CSS を使用して一部のページ領域を非表示にすることは、製品として想定している形式ではないため完全に動作保障しているカスタマイズ形式ではありません。カスタマイズを実施した際には、他への影響がないかを十分にテストしていただく必要があります。ただし、画面上の一部のコンテンツを非表示にするカスタマイズは他への影響も極めて低いため、広く一般的に実施されている手法となります。   導入 2: ページ領域を非表示にするスタイル シートの適用方法 今回は、下記の赤枠部分を非表示にする方法を例にします。 1. 非表示にするスタイルの作成方法 1. 最初に IE11 で [F12] を押して開発者ツールを起動し、下図のような手順で非表示にしたい領域を選びます。 2. 上記 ctl00_ctl146_ShellSites を非表示にする場合、下記のようなスタイル指定となります。 <style type="text/css"> #ctl00_ctl46_ShellSites…

0

SharePoint 2013 サイトの共有、フォロー、同期ボタンを非表示にする

こんにちは、SharePoint サポートの佐伯です。 これまで検索の設定やカスタマイズに関する内容を投稿してまいりましたが、今回の投稿では、これまでによくお問い合わせをいただいた SharePoint サイト右上の 共有、フォロー、同期 ボタンを非表示にするカスタマイズについてご紹介したいと思います。 共有、フォロー、同期 ボタンを非表示にする 1. SharePoint Designer 2013 を起動します。 2. [サイトを開く] をクリックし、該当サイトの URL を入力して、サイトを開きます。 3. [マスター ページ] をクリックします。 4. マスター ページの一覧から、サイトに適用しているマスター ページをクリックします。 5. “カスタマイズ” セクション内に表示される [ファイルの編集] をクリックします。 6. 以下のように変更します。 共有ボタンを非表示にする場合 (修正前) <SharePoint:SPSharePromotedActionButton runat=”server”/> (修正後) <SharePoint:SPSharePromotedActionButton runat=”server” Visible=”false”/> フォロー ボタンを非表示にする場合 (修正前) <SharePoint:DelegateControl runat=”server” ControlId=”PromotedActions” AllowMultipleControls=”true” /> (修正後) <SharePoint:DelegateControl runat=”server” ControlId=”PromotedActions” AllowMultipleControls=”true”…

0

SharePoint Designer 2010 で作成したワーク フローでユーザー プロファイルのフィールドが取得できない

こんにちは。SharePoint サポートチームの多田です。 今回は SharePoint Designer 2010 で作成したワーク フローでユーザー プロファイルのフィールドが取得できない現象の説明と回避策をご案内します。   – 環境 SharePoint Server 2010 SP2 + 2013 年 12 月 CU (KB 2849971) SharePoint Designer 2010   現象 === SharePoint Server 2010 SP2 + 2013 年 12 月 CU (KB 2849971) において、SharePoint Designer 2010 にてワークフローを作成する際に、ユーザー プロファイルを参照すると以下のエラーが発生します。     メッセージ:「サーバーからプロファイル スキーマを取得できませんでした。プロファイル ストアが正しく構成されていることを確認してください。」   現象の再現手順 ^^^^^^^^…

0

Web パーツのエラーでページが表示できない場合のトラブルシューティング 2

対象製品: SharePoint Server 2010 SharePoint Server 2013   関連記事: Web パーツのエラーでページが表示できない場合のトラブルシューティング   こんにちは。SharePoint サポートチームの多田信吾です。 前回「Web パーツのエラーでページが表示できない場合のトラブルシューティング」の記事で、Web パーツのエラーでページが表示できないパターンを 4 つ紹介しました。今回は 5 つ目のパターンを紹介します。   要因 5. リストの列が 67 ~ 70 列を超えている ============================ SharePoint Designer で XSLT の記述形式を使用してデザインをカスタマイズしており、かつリストの列が 67 ~ 70 列を超えている場合、以下のエラーメッセージが表示されます。   エラーメッセージ ^^^^^^^^^^^ この Web パーツを表示できません。この問題のトラブルシューティングを行うには、Microsoft SharePoint Foundation と互換性のある Microsoft SharePoint Designer などの HTML エディターでこの Web…

0

SharePoint Designer によるページ カスタマイズを理解する

こんにちは SharePoint サポートの森 健吾 (kenmori) です。 今回の投稿では、SharePoint Server におけるページについて理解した上で、SharePoint Designer (以下 SPD) を使用して標準のマスタ ページや、ASPX ページをカスタマイズした際の動きを説明します。 SPD は、FrontPage から派生した SharePoint 専用のページ編集ツールとして活躍してきた背景があります。その他にも、ワークフロー、外部コンテンツ タイプなど様々なカスタマイズが実施できるツールとして規模拡張してきました。ただし、SPD 2013 ではデザイン ビューが削除され、ページ編集ツールとしては規模縮小してきている感覚もうかがえます。 今回の投稿では、このツールが実施していることを理解し、注意点等をあらかじめ確認できるようにしていきたいと考えています。 参考情報 : ダウンロード サイト SPD は以下のダウンロード サイトから無料でダウンロードできます。製品バージョンと同じ SPD を入手して使用ください。また、最新の修正プログラムについても確認し、合わせて適用ください。 タイトル : SharePoint Designer 2013アドレス : http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=35491 タイトル : Microsoft SharePoint Designer 2010 (32 ビット版)アドレス : http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=16573 タイトル : Microsoft SharePoint Designer…

0

Web パーツのエラーでページが表示できない場合のトラブルシューティング

アップデート : 2013 年 11 月 12 日   対象製品: SharePoint Server 2010 SharePoint Server 2013   こんにちは。SharePoint サポートチームの多田 信吾です。 リストやドキュメントライブラリのアイテム表示ページ (例: AllItems.aspx) は、SharePoint Designer で XSLT の記述形式を使用し、自由にデザインをカスタマイズすることが可能です。また、アイテムを表示するためのリスト ビュー Web パーツについても同様に XSLT の記述形式を使用してデザインのカスタマイズを行うことが可能になります。 XSLT 形式でカスタマイズしているページや Web パーツを表示した際に、稀に以下のエラーメッセージが表示される場合があります。以下のエラーメッセージは様々な要因で発生いたします。今回は以下のエラーメッセージが発生した際のトラブルシューティングについてご紹介いたします。   エラーメッセージ ^^^^^^^^^^^     この Web パーツを表示できません。この問題のトラブルシューティングを行うには、Microsoft SharePoint Foundation と互換性のある Microsoft SharePoint Designer などの HTML エディターでこの Web…

0