.NET framework 4.6 がインストールされていると SharePoint 2013 のインストールに失敗する

SharePoint 2013 SP1 は .NET framework 4.6 (4.6.1 も含む) をサポートしていますが、.NET framework 4.6 がインストールされている環境に SharePoint 2013 をインストールすると失敗する既知の問題が報告されています。この問題に対処するには、SharePoint 2013 をインストールする前に一旦 .NET framework 4.6 をアンインストールして、セットアップが完了した後に再度 .NET framework 4.6 をインストールする必要があります。 詳細については以下の情報をご参照ください。 SharePoint 2013 Setup error occurs if the Microsoft .NET Framework 4.6 is installed https://support.microsoft.com/en-us/kb/3087184 SharePoint 2013 and .NET framework 4.6http://blogs.technet.com/b/stefan_gossner/archive/2015/08/11/sharepoint-2013-and-net-framework-4-6.aspx


インターネットに接続されていない環境に SharePoint Server 2013 をインストールする方法

SharePoint Server 2013 のセットアップ時には、製品準備ツールを使用して各種必須コンポーネントをインストールする必要があります。製品準備ツールの実行にはインターネットへの接続が必要になりますが、場合によってはインターネットに接続されていない環境に製品をセットアップする必要が生じることもあるかと思います。今回は、インターネットに接続されていない Windows Server 2012 環境に SharePoint Server 2013 をインストールする方法を紹介します。 インストール ソースの作成手順 インストール メディアの内容をすべてローカルに保存した後、prerequisiteinstallerfiles フォルダの中に以下のファイルをそれぞれダウンロードしてコピーしておきます。 Windows Identity Foundation 1.0 for Windows Server 2008 R2http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=226830ファイル名:windows6.1-kb974405-x64.msu Microsoft Sync Framework Runtime v1.0 SP1 (x64) http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=224449ファイル名:synchronization.msi Microsoft SQL Server 2008 R2 Native Client 64 ビット版http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=228086ファイル名:sqlncli.msi Windows Server AppFabrichttp://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=235496ファイル名:WindowsServerAppFabricSetup_x64.exe Windows Identity Extensions for Windows Server 2008 R2http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=252368ファイル名:MicrosoftIdentityExtensions-64.msi WCF…