Yammer グループと Office 365 グループの統合について (V2)

こんにちは、SharePoint サポート チームの関 友香です。   先日投稿いたしました ブログ記事 にて、Yammer グループと紐づく Office 365 グループの作成を制限する方法としてテナント上で Office 365 グループの作成を制限する方法をご案内しております。本日 (2017/4/6)  時点で、手順を実施するために必要なモジュールの適用が停止されており、再開の予定がない状態であることを確認しております。該当モジュールが Azure Active Directory PowerShell Module V1 Public Preview (ベータ) 版での提供であったことと、現在最新の Version 2 (V2) を開発、提供中であるためとなります。 既に Azure Active Directory PowerShell Module V1 Public Preview 版をダウンロード済みの方は引き続き同様の手順をご利用可能ですが、これから新規で設定を行う方 (ダウンロード未実施の方) は Azure Active Directory PowerShell Module V2 版を使用する必要があります。 これから設定を行いたい方のために、本記事では Azure Active Directory PowerShell…

0

Yammer グループと Office 365 グループの統合について

こんにちは、SharePoint サポート チームの関 友香です。   先日 (2017 年 3 月 2 日) Yammer グループと Office 365 グループが統合されることが公式ブログより告知されました。サポート記事でもご案内差し上げております通り、要件を満たしたテナントをご利用の場合には、この機能をすでに確認された方もいらっしゃるかと思います。今回の投稿では、Yammer グループと Office 365 グループとの統合について、サポート窓口にお問い合わせいただく以下の疑問についてお答えいたします。 ・ Yammer グループの作成を制限する方法はないのか。 ・ Office 365 グループに統合されることでとグループやチームサイトの管理が煩雑になることを懸念している。統合を制限する方法はないのか。 ※ 4/6 追記 : 現在、本手順を実施するために必要なモジュール (Azure Active Directory PowerShell Module V1 Public Preview 版) のダウンロードが廃止されていることを確認しております。 Azure Active Directory PowerShell Module V2 版を利用して Office 365 グループを制限する方法は以下のブログ記事にてご紹介させていただきます。 タイトル : Yammer グループと…

0

Office 製品の Office 365 モダン認証フローと認証キャッシュについて

こんにちは。 SharePoint サポートの森 健吾 (kenmori) です。   Office 2016 になり、Office 製品の Office 365 に対する認証形式が標準でOffice 2013 の既定の認証形式であるレガシー認証 (Microsoft Online サインイン アシスタント) から、モダン認証 (ADAL : Active Directory Authentication Library) に変更されました。※ () 内は内部コンポーネント Office の認証に関して問題が発生した際に、一般的な認証フローや各種用語および対処策 (キャッシュの削除) などを把握しておくことは、早期問題解決において重要です。   本投稿では、最初に Office 製品の Office 365 に対するモダン認証のフローを説明した上で、各種キャッシュを説明していきます。   なお、細かい説明をを飛ばしてキャッシュの削除方法を確認したいという方は、3. 認証キャッシュ 以降の内容から読み始めてください。 問題が発生した際に切り分けのためすべてのキャッシュを削除することが有効なトラブル シューティング ステップとなります。     1. モダン認証を使用するメリット   モダン認証では、認証プロセスの中に ADAL を使用した…

2

Office 365 グループ機能で作成した OneDrive for Business サイトを列挙する方法

こんにちは SharePoint サポートの森 健吾 (kenmori) です。 Office 365 グループ機能を使うことで、グループ単位で OneDrive for Business サイトを作成できます。これらのサイト コレクションは、各テナントで使用できる容量を消費します。 しかしながら、これらのサイトは、SharePoint Online 管理センターや SharePoint Online 管理シェルの Get-SPOSite で確認できないため、サイト一覧や使用容量が把握しにくい傾向にあります。 Office 365 グループの SharePoint サイト URL を取得するためには、Exchange Online のコマンドレットである Get-UnifiedGroup を使用します。 以下に、Office 365 グループ機能で作成された OneDrive for Business サイトの情報を取得する PowerShell サンプル コードをご紹介します。   手順 1. 以下の内容をテキスト エディタに貼り付けます。 param( $AdminUrl, $UserName, $Password, $Detail ) $sstr =…

0

Project Online/Project for office 365 の関連情報について

こんにちは、SharePoint サポートの森村です。 本記事ではProject に関連する Office 365 サブスクリプションである、Project Online サブスクリプション、Project for Office 365 サブスクリプションに関連するオンライン ヘルプや無償トレーニングのサイト等、関連情報をご案内いたします。 Project Online と Project Lite、Project for Office 365 等、サブスクリプションの比較、違いについては、関連ブログ記事をご参照ください。 (なお、Project for Office 365 は、2016年5月上旬にサブスクリプション名を Project Pro for Office 365 から変更しておりますが、製品、サービスの内容に変更はございません。) 目次 1. Project Online の関連情報 2. Project for Office 365 の関連情報 3. 関連ブログ記事   1. Project Online の関連情報 Office 365 製品の一部である…


Project Pro for Office 365 のサブスクリプションにて、Project Professional 2013 をインストールする方法について

こんにちは、SharePoint サポートの森村です。 今回の投稿では、Project Pro for Office 365 のサブスクリプションにて、Office 2013 バージョンの製品である、Project Professional 2013 をインストールする方法についてご案内いたします。 2016 年 12 月 19 日追記 以前から Office 365 メッセージ センター等でご案内しておりますが、2017 年 2 月 28 日以降は、Project 製品につきましても Office 365 のライセンスでインストールする Project 2013 バージョンに対するサポートは提供されません。 詳細は下記をご確認ください。 タイトル : Support for the 2013 versions of Office 365 ProPlus ends February 28, 2017 アドレス : https://support.microsoft.com/en-us/kb/3199744…

0

Project Pro for Office 365 を使用開始する方法

こんにちは、SharePoint サポートの森村です。 Project Professional クライアント製品をダウンロードしてインストールすることができる Project Pro for Office 365 を使用開始する方法をご案内いたします。 目次 1. Project Pro for Office 365 サブスクリプションについて 2. ライセンスの割り当て方法 3. インストール方法 4. 関連情報 1. Project Pro for Office 365 サブスクリプションについて  Project Pro for Office 365 サブスクリプションは、クライアント PC 上に Office クライアント製品である Project Professional 製品をインストール、および使用するためのサブスクリプションとなります。 ブラウザー上で使用する製品ではないため、Exchange Online や SharePoint Online と異なり、Office 365 のアプリケーション ランチャー上にアイコンが表示されません。 Project…

0

2015 年 10 月度の Office 2010 更新プログラム (KB3055034) と 2015 年 11 月度のセキュリティ更新プログラム MS15-116 (KB3101521) 適用後、Office 2010 がクラッシュする問題が修正されました

こんにちは Office サポートの荒井です。 以下の blog 記事で説明しておりました 2015 年 10 月度の Office 2010 更新プログラム (KB3055034) と、2015 年 11 月度のセキュリティ更新プログラム MS15-116 (KB3101521) を起因としたOffice 2010 アプリケーションが強制終了する問題について、日本時間で、本日 12 月 9 日 (水) に、Office 2010 更新プログラムとサポート技術情報 (KB3114399) が公開され修正されました。 タイトル : 2015 年 10 月度に公開された KB3055034 適用後、Office 2010 アプリケーションがクラッシュする問題について アドレス : http://blogs.technet.com/b/sharepoint_support/archive/2015/11/11/issue-of-kb3055034-office-2010.aspx 本問題に該当されるお客様は、以下の手順により Office 2010 更新プログラムを入手いただき、適用いただけますようお願いいたします。 弊社製品の動作により、お客様にはご不便とご迷惑をおかけしておりますこと、深くお詫び申し上げます。   ===================================================== – Office 2010 更新プログラムとサポート技術情報 (KB3114399) の詳細 =====================================================…

0

2015 年 10 月度に公開された KB3055034 適用後、Office 2010 アプリケーションがクラッシュする問題について

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*2015/12/9 に更新しました。 本 blog 記事で説明した問題は、2015 年 12 月度の Office 2010 更新プログラム (KB3114399) で修正されました。詳細は、以下の blog 記事をご覧ください。 タイトル : 2015 年 10 月度の Office 2010 更新プログラム (KB3055034) と 2015 年 11 月度のセキュリティ更新プログラム MS15-116 (KB3101521) 適用後、Office 2010 がクラッシュする問題が修正されましたアドレス : http://blogs.technet.com/b/sharepoint_support/archive/2015/12/09/fixed-the-issue-of-kb3055034-and-kb3101521-for-office-2010.aspx*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* こんにちは Office サポートの荒井です。すでに Office 365 コミュニティ サイトに記事が掲載されておりますが、2015 年 10 月度の Office 2010 更新プログラム (KB3055034) が適用された Office 2010 がインストールされたクライアント端末で、オンプレミスの…

0

SharePoint Online の機械翻訳機能は現在断続的にエラーが発生する状態です

こんにちは、SharePoint サポート チームの黒瀬 遼です。   今回の投稿では、SharePoint Online における機械翻訳機能についての現在の動作状況について記載いたします。 現在 (2015 年 11 月時点) SharePoint Online 上では以下の資料にて説明されている機械翻訳機能を実行した際に断続的にエラーが発生する状態となっております。  <2016 年 7 月更新> 現在、機械翻訳の機能は正常にご利用いただけます。 SharePoint Online サーバー上で機械翻訳機能に対する修正が展開済みとなっております。 タイトル : 複数言語の Web サイトを作成する アドレス : https://support.office.com/ja-JP/article/da0b5614-8cf5-4905-a44c-90c2b3f8fbb6   機械翻訳機能について 機械翻訳機能とは、特定の SharePoint Online のサイトを複数言語に展開する際に、サイトの翻訳を SharePoint Online にて自動的に実行する機能です。 一般的に、この機能はバリエーション サイト機能とセットで使用される場合が多く、バリエーション サイト機能では英語の表記で作成されたソース サイトと同様の内容のサイトを、フランス語や日本語などの異なる言語で自動的に作成、及び更新することが可能です。   バリエーション サイト機能により展開された複数のサイトを翻訳する場合、XLIFF ファイルによる手動翻訳か、機械翻訳による方法を選択することが可能です。 バリエーション サイト機能により展開されたサイト (ターゲット サイト) の編集画面では、リボンメニュー上にバリエーション サイトの機能を利用するためのボタンが存在いたします。…

0