SharePoint 2010 BCS のプロファイル ページについて

みなさん、こんにちは。 今回は SharePoint 2010 の Business Connectivity Services (以下、BCS) のプロファイル ページについてご案内します。   SharePoint 2010 では BCS を使用することで外部のデータベース等に保存された基幹システムのデータを表示・編集し、検索することができます。 SharePoint 2007 でも Business Data Catalog で同様の機能を実現することができましたが、SharePoint 2010 では SharePoint Designer のみで設定ができるなど、より使いやすくなっています。   SharePoint 2010 の BCS については、以下のサイトで自習書が公開されています。  タイトル : SharePoint Server 2010 Business Connectivity Services 活用ガイド  アドレス : http://technet.microsoft.com/ja-jp/sharepoint/ff358322   この自習書は画面ショット付きの詳細な内容になっていますので、内容にそって操作をしていただくことで、BCS を使用した外部リストの作成や検索機能を構築することができます。BCS を使用してできることを理解するために、まずはこの自習書をお読みいただき、実際に設定を行なってみてください。 今回は上記の自習書を補足する形で、この自習書には記載されていない BCS のプロファイル ページの作成手順をご案内します。…

0