固有の権限を多数含むライブラリに対するセキュリティクロールの影響について

こんにちは。マイクロソフト SharePoint サポートチームの荒川です。 以前にセキュリティクロールの動作について解説しましたが、今回は SharePoint へのアクセス権の付け方がセキュリティクロール時のネットワーク負荷にどのように影響するかについて解説します。 ※追記: この問題は SharePoint 2013 の 2015 年 5 月の CU で修正されています。本修正により、GetContentEx で取得されるデータが限定され、この記事に書いているネットワーク負荷が極端に増大する問題は発生しなくなります。   テストシナリオ今回は SharePoint Server 2013 で検証を行っていますが、SharePoint Server 2010 においても基本的には同様の動作になります。また、今回クロールサーバーと Web フロントエンドサーバーは分離しているものとします。 テスト用のドキュメントライブラリ (Doclib01) には以下のように 5005 個のフォルダーが格納されています。  Site└─Doclib01   ├─Folder1   │  └─Folder1000   │  └─Folder1001   │  └─Folder1002   │  └─Folder1003   │              :   │  └─Folder1999  //合計 1000 個のサブフォルダー   ├─Folder2   │  └─Folder2000 ……


SharePoint 2010 での PDF 検索

こんにちは Office サポートのかわぞえです。   はじめに 3月11日(金)に発生した東北地方太平洋沖地震により、被災された皆様、そのご家族の方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。 今回の地震の影響は地震自体の被害、津波による被害、さらには原発の影響等計り知れないものがあります。また、直接の被害だけでなく、避難生活が続くことによる精神的ストレスなどもあるかと思います。 自分の子供達も地震や映像として映し出された状況を目の当たりにし、家から出ない、親から離れようとしない等、普段と全く違った行動をする場面もありました。(お医者様によると、ショックにより上記のような行動をとる場合もあるそうです)   また、サポート部門が普段在席している東京都調布市にある調布テクノロジーセンターでも輪番停電の影響をうけ、ビルの停電等が実施されています。そのため、お客様にご迷惑をお掛けしないよう、3月現在はサポート部隊は現在各地のオフィスに分散して、サポートを続けている状況です。お客様からの直接のご連絡をお受けできないなどご不便をおかけすることがありますが、どうぞご理解、ご協力いただければ幸いです。   では、サポートチームブログの内容に進みたいと思います。 今回取り扱うのは SharePoint 2010 での検索です。 SharePoint では、SharePoint サイトだけでなく、Office 文書や HTML 等のコンテンツ等もクロールして、インデックス付けすることができます。また、各製品ベンダー様から提供いただく iFilter を使用することで、独自のファイル形式についてもクロールすることができます。よくお問い合わせいただくのは PDF 形式のファイルです。SharePoint 2007 では、以下のサポート技術情報にある方法で、WSS 3.0 および MOSS 2007 のいずれでもクロール、インデックス付けすることができました。   32 ビット版の Office SharePoint Server 2007 および Windows SharePoint Services 3.0 において、Adobe PDF IFilter 8 および Adobe PDF IFilter 9 を使用し…