複数行テキストのリスト列を作成する

SharePoint サポートの 末崎 (スエザキ) です。   本稿では、SharePoint 2013 のカスタムリストなどにリスト列を複数行テキストで追加、編集した際の動作についてご説明させていただきます。   あるカスタムリストに列を複数行テキストで作成することがあると思います。 以下、列の作成画面です。     また、作成した列の種類を変更することもあると思います。 以下、既存の列の編集画面です。     お気づきになられましたでしょうか。   列の作成時には、テキストの種類として「書式なしテキスト」「拡張リッチ テキスト」を選択できますが、編集時には「リッチ テキスト」が増えています。 SharePoint 2013 では、リスト列を複数行テキストで作成する場合、「拡張リッチ テキスト」の利用をお勧めしているため、列の作成時に「リッチ テキスト」を選択することができません。 ただし、以前のバージョンの SharePoint では、「書式なしテキスト」と「リッチ テキスト」、「拡張リッチ テキスト」を作成することが可能でした。 以前のバージョンの SharePoint で作成されたリストの種類変更などに対応するための互換措置として、列の編集画面に「リッチ テキスト」が残されているとご理解いただければ幸いです。   タイトル:リスト内の列見出しのテキストの書式を変更する アドレス:https://support.office.com/ja-jp/article/%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E5%86%85%E3%81%AE%E5%88%97%E8%A6%8B%E5%87%BA%E3%81%97%E3%81%AE%E3%83%86%E3%82%AD%E3%82%B9%E3%83%88%E3%81%AE%E6%9B%B8%E5%BC%8F%E3%82%92%E5%A4%89%E6%9B%B4%E3%81%99%E3%82%8B-6f376710-16db-4469-82e3-ebbe17a52172   なお、「拡張リッチ テキスト」は、Web ベースの文字列 (ハイパーリンクなどに対応) を使用できます。 「リッチ テキスト」は、拡張リッチ テキストの機能として上記に劣りますが、文字スタイルなどは変更できます。   リッチ テキスト列を扱う複数行編集ツールについて SharePoint 2013 のリストの編集には「クイック編集」や「Access…


「クイック編集」について

SharePoint サポートの 末崎 (スエザキ) です。 今回、初めてブログへ投稿をさせていただきます。 本稿では、SharePoint のリストやライブラリを編集するための機能である 「クイック編集」 にフォーカスを当てていきます。     「クイック編集」とは何か そもそも、「クイック編集」とは何か、何ができるのか、ということからご説明していきたいと思います。 前述のように、サイト内のリストやライブラリ内のデータを編集し、Excel などからのデータを一括で登録したり編集することができます。 ご存知の方もいらっしゃると思いますが、以前の SharePoint では、「データシートビュー」として実装されていた機能になります。 つまり、「データシートビュー」の代替機能として SharePoint 2013 から「クイック編集」が実装されています。 なお、SharePoint 2013 にもビューとして “データシートビュー” (クイック編集と同様) が存在するため、本投稿では以下のように表記させていただきます。   以前の SharePoint:「データシートビュー」 SharePoint 2013   :「クイック編集」     「データシートビュー」 が代替された経緯 セキュリティ上の懸念がある ActiveX サポートの優先度を下げる方針がインターネット標準となっている状況があります。 これは、SharePoint がサポートするブラウザ全般においても同様の方向性となります。 このため、端末の Office アドオン (AcitveX) に依存した「データシートビュー」から、JavaScript ベースの「クイック編集」へ代替されています。     「データシートビュー」 と「クイック編集」の違いについて 上述のように、「データシートビュー」…


カスタム リスト定義開発時の注意点

こんにちは、SharePoint サポート 森 健吾 (kenmori) です。 今回の投稿では、SharePoint におけるカスタマイズ手法の 1 つであるカスタムリスト定義の開発に着目し、開発および運用を実施するにあたり陥りやすい落とし穴について事前にご紹介します。 本投稿の構成は以下となります。   目次 1.    はじめに 2.    注意点 (1) ListTemplate 要素 Type 属性 3.    注意点 (2) アンインストール時の注意点   1. はじめに   カスタム リスト定義は、特にパッケージ製品として独自のリスト設定を SharePoint のアドインとして提供するカスタマイズとなります。Visual Studio 2010 (および VS2008 + VSeWSS 1.3) ではリスト定義のためのプロジェクト テンプレートが用意されているため、これを選択するだけで、すぐにでも開発を始めることが可能です。   ウィザードに合わせて、リスト定義の開発を進めていきます。   この画面が出ました。もうこの時点で、[ビルド] – [ソリューションの配置] を実施するだけでカスタムのリスト定義をインストール可能です。もちろん、何の設定もしていないので、この時点では通常のリストと変わりはありません。 Elements.xml の ListTemplate 要素を編集して、今回はカスタム ドキュメント ライブラリを作るため、BaseType…

0